採用面接の前と最中は、緊張する人がほとんどです。緊張は重要なイベントに対する自然反応であり、提示されている仕事を重要視していることを意味します。このような緊張を当然の感情として受け入れ、以下のアドバイスにしたがってリラックスして面接に臨みましょう。

成功を視覚化

どの分野でもトップの人々は、視覚化のテクニックで緊張を克服します。視覚化とは、事前に面接を頭の中でイメージしておくことです。面接室に入り、冷静に気分をコントロールしている自分を思い描いてみましょう。自信と落ち着きをもって質問に答え、面接官と良好なラポールを築き、満足した気持ちで退室する自分を想像します。最高のシナリオを描くことで、面接に備えて平静を保つうえで役立ちます。

応答の練習

面接時に緊張する原因として多いのは、未知の物事に対する恐怖心、あるいは何も言えず固まってしまったり失言したりするのではないかという懸念です。一般的な質問に対する答えを事前に練習しておくことで、面接当日に理路整然かつ簡潔な応答をする能力に自信が加わります。友達と質疑応答を声に出して練習し、自分の話し方についてフィードバックを受けましょう。

準備

準備に十分な時間をとることで、リラックスして本番に臨めます。面接官の名前と連絡先、面接場に行く時間、服装を確認しておきましょう。履歴書や過去の業務事例など、必要な書類が全て揃っていることを確認しましょう。遅刻しないように、時間の余裕を持って家を出ましょう。そうすれば、面接時に平静を保つうえでも役立ちます。

時間をかける

面接時に緊張すると、回答を急いでしまったり、もとの質問すら忘れてしまったりします。2~3秒かけて、質問の意図を考え、深呼吸し、ゆっくりと明確に答えます。もとの質問を忘れてしまったら、当てずっぽうで返答するのは避けるべきです。冷静を保ち、自分が質問にきちんと答えられているか面接官に聞きましょう。

ポジティブに考える

面接に対する考え方を変えることで、プレッシャーの量に大きく影響します。「自分が判定されている」と考えるのではなく、面接を「チャレンジ」と考えましょう。過去の成功例を思い出し、志望している仕事に自分がもたらせる長所に焦点を絞ります。完璧な回答をしようと自分自身に期待し過ぎる、あるいは自分の力ではどうにもならない物事(競争相手のことなど)にとらわれるのは避けるべきです。自分ができる最高の面接の実現にエネルギーを注ぎましょう。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Advertise Your Role With Us

Advertise Your Role With ReachTalent