企業の採用活動で最近増えているのが録画面接です。履歴書の文字からは読み取れない人となりを判断することができるため導入する企業はかなり増えています。コロナウイルスの影響から感染の恐れを考慮して録画面接は一層急増していますし、遠方からの応募者にとっても交通費の節約や面接時間の調整を必要としないためかなり重宝されています。そこで今回は録画面接の導入状況や、コツ、注意点などをまとめました。


録画面接とは?

動画面接・録画選考とはWEB上で動画を用いて行う採用面接の方法のことです。録画面接といってもその方法にはいくつかの種類があり、録画した自撮りの動画を企業に送信したり、オンラインでリアルタイムで面接を行う種類のものもあります。対面の面接では時間や場所の制約があり、面接者と企業双方の時間調整や面接場所の確保などの手間がかかっていたものですが、録画面接の場合、時間と場所の制約がかなり少ないので近年広がりを見せている選考方法になっています。

録画面接:企業側のメリット

企業側としては、面接のたびにかかる交通費などの経費が削減できるため、採用の際のコストを大幅に削減することができます。また、地方に住む求職者は都心の企業を受けたい場合、従来の対面面接だけでは莫大な交通費がかかります。そのため、受けたい企業があっても泣く泣く諦めるということも少なくないので、企業が幅広く重要な人材を採用するチャンスがかなり狭まってしまうという問題がありました。しかし、録画面接を採用すれば、地方の求職者は面接に行くための交通費がいらなくなります。そのため、地方在住の求職者からの応募が増え、企業側も優秀な人材を効率よく採用することができます。

録画面接:求職者側のメリット

求職者にとって交通費の負担は重いものです。面接する企業が数社から数十社ほどあるとなおさら資金面について頭が痛くなってくるでしょう。資金がどんどんなくなってくると「お金が続かないから」と一旦活動をやめてしまったり、求職を諦めてしまうことにもなりかねません。その点、録画面接だと交通費の負担がなくて済みます。

対面での面接の場合、企業によって日程調整が難しい場合がありますが、録画面接であれば時間の制約がかなり少ないという特徴があります。平日が忙しければ土日でも面接できるということもあるので、日程調整も楽にすることができます。また、面接会場についても自宅で面接を行うことが多いので普通の面接会場に比べてかなりリラックスした状態で臨むことができます。そのため、自分の魅力を余すところなく伝えることができ、面接後にありがちな「自分の実力を発揮できなかった」という後悔をすることも少ないでしょう。
 

録画面接のコツ

利便性はもちろんコロナウイルスの影響もあり、これから先、録画面接はますます増えていくことでしょう。では、どのように求職者は対策をすればよいのでしょうか。本段落では録画面接で成功するためのコツを紹介していきます。

伝えたいことは冒頭に伝える

ビジネスのコミュニケーションでも大事なのは結論ファーストですが、これは録画面接の場合でも同様となります。意識して伝えたいことを相手が最も集中している最初に伝えることが重要です。内容が第三者目線で聞いてもわかりやすいのかどうか確認しながら明るくはきはきと話しましょう。「口下手で伝えたいことをバシッと冒頭に伝えるのが苦手」という方は、面接前にスマートフォンなどの録画機能を使ってメッセージを吹き込んでおき、結論が最初に伝えられているかを事前に確認するなどの対策をするのも有効です。

目線はカメラを意識して相手の顔をみて話す

上目遣いや伏し目がちにならないように予めカメラの高さは自分の目線と同じ高さにしておきましょう。動画面接であっても立ち居振る舞いは従来の対面面接と同様にカメラの向こう側にいる面接官と話しているイメージで行います。ディスプレイ越しだとしても、態度や姿勢はしっかりと伝わってくるものです。動画の最初から最後まで面接官とアイコンタクトをしっかりしていれば相手にも話者の自信は伝わります。

自分以外に目移りするものはないか確認する

自室で撮影する場合がほとんどですが、その際カメラに映る自分以外の物や背景には注意が必要です。たとえ面接が完璧でも汚れた部屋で面接していれば、面接官の印象は悪くなってしまうものですし、求職者より目立つものがあれば面接官の目がそちらに目が奪われてしまい、しっかりと求職者の話を聞けないなんてことにもなりかねません。業務とプライベートは別といえども、面接前は自分より目立つものは画面外に外しておきましょう。背景としては白い壁や無地のカーテンがベターです。

服装は胸から上の見え方を意識する

基本的には対面の面接と同じ服装を意識しましょう。会社の指定がない限り録画面接で映るのは自分の胸から上の部分です。したがってそこに該当するネクタイ、服装の清潔感、髪型、表情などは対面の面接よりもさらに気を使って準備しておくことが大事です。とはいえ、胸から下の部分もカメラに映ることも考え、胸から上の部分にあわせた格好をしておくほうが無難です。
 

録画面接の注意点

対面面接ではなく録画面接だからこそ注意しておくべきことがあります。本段落では録画面接を行う際の注意点を紹介します。

周囲の雑音が入らないように注意

原則として静かな場所で撮影します。電車が通過したり、カフェなどで人の往来が激しかったり他人の声が入りやすかったりする場所はアウトです。最近だとコロナウイルスの影響があるため必ず自宅で受け、それ以外ならば多少料金はかかりますが、個室のネットカフェや撮影可能なレンタルスペースを借りるのもよいでしょう。

表情の明るさに気を付けて照明調整

初めての録画面接では思ったより自分が撮影した画面が暗く映ります。したがって正面からやや斜めから照明を当て、顔の下に白いハンカチや紙を置いて自分の顔に照明の光が反射して当たるようにし、顔が明るく映るように調整していきます。またyoutubeのノウハウサイトなどを確認すると、撮影についてのノウハウが紹介されているので参考にするのもおすすめです。自分の顔が暗く映らないようにする努力をしましょう。


録画面接は準備と時間をかけてベストパフォーマンスをしよう

録画面接は、さまざまなメリットがあるうえに、求職者にとってはチャンスともいえます。対面よりも落ち着いた環境で挑めるからこそ、しっかりと面接の準備に時間をかけ、最高のパフォーマンスができるようにしっかりと事前準備をしましょう。通常の面接と同様、気を抜かず明るくはきはきと話して実力を発揮していきましょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます