在宅勤務など多様な働き方が増加している中で、雇用形態についても複数の選択肢の中から自身に合った働き方を選ぶ人が増えています。その中でも派遣社員の場合は正社員と比べて自由な時間を持ちやすい、スキルを活かせる、といった良い面があることから、このような働き方を選ぶ人も多くいます。この記事では、派遣社員としての働き方や、メリット・デメリットについても紹介していきます。 
 

1. 派遣社員とは 

派遣とは、派遣会社に登録する求職者を求人募集する企業と結び付けて雇用契約を交わし、派遣先の企業で働くことです。この派遣先企業で働く人が派遣社員と呼ばれます。求人募集する企業は、思うように人材が集まらない、応募はあっても見合う人材が現れない、すぐに退職してしまい定着しない、といった人材不足の悩みを抱えていることから、なるべく手間やコストをかけずに即戦力となる人材を確保したいと考えています。そこでこの「派遣」という働き方が双方の架け橋となります。派遣会社に登録する求職者は、自身の職務経歴やスキル、勤務時間や勤務地の希望など様々な条件を伝えます。 

そして派遣会社の担当者が求職者の希望にマッチする求人を探し、求職者と求人募集する企業の条件が合えば、派遣契約へと進んでいきます。派遣社員は、自分のライフスタイルや自分のスキルに合わせた働き方ができるのです。 

2. 派遣の種類 

派遣と一口に言っても、派遣には「登録型派遣」「無期雇用派遣」「紹介予定派遣」の3つの種類があります。「登録型派遣」は、派遣会社に登録する求職者の中から派遣先企業にマッチする人材を選抜し、派遣契約で決められた期間が終了するまで雇用契約を結ぶものです。この場合、派遣契約期間中は、単なる登録者から派遣社員となり、社会保険や福利厚生等も提供されますが、派遣契約が終了すると派遣会社との雇用契約も解消されることになります。

「無期雇用派遣」は、派遣会社に社員として雇われて、派遣先企業に派遣されるシステムです。無期雇用派遣の場合には、派遣会社の社員になるために社員募集に応募して選考を通過する必要があります。 登録型派遣と違い、派遣先企業との契約期間が終了しても派遣会社との雇用契約は継続し、すぐに別の会社に派遣されることになります。「

紹介予定派遣」は、派遣会社と派遣先企業とが派遣契約を結び、派遣契約が終了した直後に、派遣先企業の契約社員や正社員として雇ってもらうことです。紹介予定派遣の派遣契約期間は最長で6ヶ月と定められていますが、その期間中に派遣先企業と派遣社員の希望が合えば、6ヶ月以下であっても企業の契約社員または正社員に移行することができます。 

3. 派遣社員と正社員の違い 

ここでは、派遣社員と正社員の違いについて説明します。前述の通り、派遣契約期間中の派遣社員の雇用主は派遣会社であり、派遣先企業ではありません。派遣社員として働いている間は派遣会社の社会保険や福利厚生を利用することになります。一方、紹介予定派遣の後、派遣先企業の正社員になった場合には、契約期間に定めのない無期雇用として働くことができます。正社員として働くとなると責任の思い仕事を任されることもあり、その分給料が高くなります。待遇面では、法定福利以外の福利厚生は正社員の方が優遇されることが多く、派遣社員の時には受けられなかったサービスが利用できることもあります。 また、会社が大きければ大きいほど充実した福利厚生を受けられる傾向にあります。 

4. 派遣社員のメリット 

では、待遇面や給料面で魅力のある正社員と違い、派遣社員には一体どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、派遣社員として働くメリットを紹介していきます。派遣社員のメリットは、派遣契約で仕事内容が細かく決められているため、原則として契約以外の仕事をする必要がないことです。具体的な仕事内容や勤務時間、残業の有無等、希望する条件で働くことができるため、自分ライフスタイルに合わせた理想的な働き方ができます。また、正社員としては入社が難しいような職場や未経験の職種であっても派遣社員として働くチャンスがあり、将来のキャリアに活かすことができます。 

また、派遣会社では、ExcelやWord等のPCスキルやビジネスマナー、英会話等のスキルアップ研修を受けることが出来るのもメリットです。実際に働いてみて少しスキルが足りないなと感じたら、こうした研修を受ければ安心して派遣先企業で働くことができるでしょう。もし、派遣先企業で困り事があれば、派遣会社の担当者が相談に乗ってくれます。 

5. 派遣社員のデメリット 

派遣社員にはメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。ここでは派遣社員のデメリットについて紹介していきます。派遣社員のデメリットとしてまず挙げられるのは、働ける期間に最長3年間という上限があることです。それを超えて同じ企業で働き続けることは派遣先企業が認めてくれない限りできることではありません。また、派遣契約は基本的に3ヶ月または6ヶ月ごとに更新がありますが、必ずしも契約を満了できるわけではなく、派遣先企業が派遣社員を必要としなくなった場合には、3年に満たなくても企業の都合で契約が終了してしまうことがあります。 

そしてもう一つのデメリットとして、働く人のスキルや資格の有無によって給料に差が出てしまうことです。翻訳・通訳、コンピュータグラフィックやシステムエンジニア等の専門的な資格やスキルがあれば高時給が期待できますが、そういった資格やスキルがない場合には、給料が低くなってしまいます。 

6. 派遣社員で働くのが向いている方 

プライベートの時間を確保したい、副業や勉強、育児などと両立させたいと考えている人は、派遣という働き方が向いているでしょう。前職では活かせなかったスキルを存分に活かして働きたいという人や、将来的に正社員になることを目指している人は、紹介予定派遣で働いたのち、派遣先企業に認めてもらえれば直接雇用してもらえ、正社員として働くことができるでしょう。その他に、自分の適性を知りたい、いろんな仕事にチャレンジしてみたい、という人も派遣社員に向いています。 

7. 評価される派遣社員の条件 

派遣社員として高い評価をもらうには、仕事を効率的に進めるために改善策を見出しながら意欲的に働く姿勢です。ミスをしても同じミスを繰り返さないことや、より効率的なルーティンワークを模索することなどです。派遣先企業は派遣会社・派遣社員に対し、賃金+手数料を払っており、当然企業側はそのコストに見合うかそれ以上の働きを期待します。事務仕事においては、PCスキルを習得することも重要です。派遣先企業で使われるようなPowerPointやAccess等のOA講座を受講するなど、派遣会社のスキルアップ研修を通してレベルアップを図ることが大切です。 

派遣社員の働き方について分かりましたか? 

派遣社員の働き方について理解できたでしょうか?派遣という働き方は、派遣会社に登録する求職者と求人を募集する企業双方の架け橋となるものです。プライベートな時間が欲しい、家事や育児と両立させたい、持っているスキルを活かしたいという人に最適な働き方です。派遣社員として高い評価を受けるためには、一つ一つの仕事に意欲的に取り組み、業務の効率化を目指しましょう。 


マイケル・ペイジで派遣・契約の求人情報をみる


派遣・契約社員についてのコンテンツ

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます