Talent Trends 2021

Talent Trends 2021 - Landing Page Banner

人材トレンド2021:

ニューノーマル時代の採用・転職ガイド

人材トレンド2021は、これまでの年収に焦点を当てたレポートから大きく変わり、ニューノーマル時代の職場やマネジメントの在り方へのヒントや業績回復の鍵となる人材獲得と人材定着のヒントを取り上げている全く新しいレポートです。具体的には、デジタルトランスフォーメーション(DX)、組織デザイン、フレックス勤務、社員のメンタルヘルス、そして女性のリーダーシップまで注目トピックが取り上げられています。ぜひこの決定版ガイドをご覧ください!

調査対象:21,000人(5,500社以上、うち3,500人以上が役員・CEOレベル)

国内主要データ

60%

国内の企業のうち、第二四半期以降見通しが良くなると考えている企業の割合

40%

国内の企業のうち、今年人員増員を考えている企業の割合

47%

現在就業中の人のうち、今年転職活動をする予定の人の割合

人材トレンド2021:ニューノーマルと共に景気回復の道のりへ

日本オフィス マネージングディレクター
トビー・トラスコット

日本の市場は、新型コロナウイルス感染拡大による深刻な影響はあったものの、内需がゆるやかに拡大するにつれ、日本経済は回復の兆しを見せ始めました。それと同時に企業心理が和らぎ、景況感が改善しました。

テクノロジー分野では、データセンター、クラウド・インフラなど新型コロナウイルスの影響で成長した部門で需要が高まっています。社員のリモートワーク推進に関するニーズは今年も引き続き高い水準で推移すると予想されます。そのほか、データサイエンス、ソフトウエア・エンジニアリング、機械学習、AIも注目の求人分野となっています。

そして最後に、2020年後半は、高スキルを持つ派遣・契約社員への需要、そして求人への応募も急速に増加しました。現在、派遣・契約社員の市場は、過去最高の活況を呈しています。

2021年の採用トレンドや給与の見通し、そのほか在宅勤務の影響や女性のリーダシップについての詳細は最新レポート「人材トレンド2021」をご確認ください。

「人材トレンド2021」レポートをダウンロードする