優れた応募者は、面接では面接官が想定している以上のことを知りたいと思います。つまり、会社の今後の計画と、その計画に自分がどのように適合し、貢献できるかを知りたいと願っているのです。面接での質問によって、あなたがすでに組織内にいる人間の視点に立って考えていることを潜在的雇用主に示す機会が面接にはあります。

的確な質問をすれば、他の応募者とは違う特別な応募者だけが選り分けられ、その人物が給与だけでなく、その仕事自体に強い関心を抱いていることを示すことができます。

1)この職務で成功するには何をする必要があるでしょうか。

雇用主にとって職員としてのあなたは一つの投資であり、給与を支払う見返りに、あなたは会社のために価値を生み出すことを期待しています。これは、業績指標を満たし、それを超えることで達成されます。優秀なプロフェッショナルは、何が本当の違いを生むかを知りたいと思うものです。彼らは、力を注いで会社に成功をもたらすことは、自分自身の成功をも意味することを知っています。

2)私を会社に適合する人物だと思いますか。

これを尋ねることは、雇用主に対してあなたがその職務で成功したいと熱望しており、あなたがいったん決意したことに関して、勝利に向かって懸命の努力を惜しまない人物であることを示すことになります。また、質問自体も面接官にあなたが仕事に対して真剣であり、性格が前向きであることを告げます。職場における真の戦士はチャレンジを受け入れ、こうしたチャレンジに取り組むために計画を練る人物です。

3)この役割で前任者が直面した課題は何ですか。

この質問をすることは恐ろしいかもしれませんが、それだけに有益です。この質問は面接官は予想していないかもしれませんが、いろいろなことを教えてくれます。面接官の説明がまっすぐで直接的で、肯定的であれば良好なサインとなり、一方、躊躇した反応であれば、赤信号として解釈すべきです。思い出してください-面接は、面接官があなたを評価するのと同時に、あなたが会社を評価する機会なのです。賢い候補者は常に自分が求めようとしているものの実態を把握したいと考えており、仕事の目先の課題を知ることは、その役割を自分が担うことができるか、それを欲しているのか、それを効果的に実行することができるかを判断する一助となります。

4)このポジションで前任者に足りなかったもので、後任の人物に達成してほしいと望むものは何ですか。

このような質問は、あなたが見込まれる問題に対し、それが表面化する前からすでに対処し、取り組む能力のあることを実証します。これについての答えは、前任者がその職を失った、または辞職した原因を明らかにする一方、あなたには成功への道筋のヒントを与えてくれます。また、この質問は、あなたが自分の仕事の成功にのみ関心を寄せているのではなく、自分の同僚の価値にも関心を持つ、チームプレイヤーであることを示します。

5)このポジションへの私の適合性にご懸念がある場合、私が努力して解決できるようなものはありますか。御社の要件で私の履歴書に欠けているものはありますか。

面接官に、自分の履歴書に足りないものがないか、あるいは懸念事項がないか質問すれば、あなたの潜在的雇用主が最終決断をする前に、その問題に対処する機会が与えられます。これは、雇用主があなたについて持っているかもしれない躊躇を解消する機会を与えるだけでなく、あなたが建設的な批判を受け入れることができ、改善に対して意欲的であることを示します-これは社員として価値の高い資質です。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Advertise Your Role With Us

Advertise Your Role With ReachTalent