面接で成功する鍵は準備をすることです。会社をリサーチし、職務を理解し回答をすれば、仕事に対する積極性や熱意、強い関心などを示すことができます。以下の面接のヒントを利用し、最初の大切な面接で面接官の心を掴みましょう。


会社をリサーチする

会社をリサーチすることで、自分の職務が何かを理解する手助けとなり、その知識により面接官からの信用も高まるでしょう。企業のウェブサイト、アニュアルレポート、ニュースレター、メディアリリースを見れば、企業の主力商品やサービス、ターゲット市場、最近のイベント、組織構造、企業文化、将来の方向性などのような価値ある情報を集めましょう。また現在は、企業で実際に働いたことのある社員からのクチコミ・評判をまとめたプラットフォームも存在します。

面接の準備では、業界紙や新聞、雑誌記事なども読むべきです。これらから、企業の評価や主な競争相手、その業界の課題といった情報を知ることができます。


職務の詳細を確認する

応募要項、職務の詳細などを含め、職務に関して得られる全ての情報を注意深く読みましょう。この情報は事前に適切な回答を準備する際、尋ねられそうな質問を予測する上で有用です。他の候補者に差を付けるため、こういった情報を利用して面接の最後に鋭い質問をすることもできます。


回答の練習をする

尋ねられそうな質問への回答を練習するのは、面接準備で最も重要なステップです。尋ねられそうな質問のそれぞれに対し、あなたがその課題や状況においてどう対処するかを示す具体例を用意し、ポジティブな結論を述べましょう。友人などと回答の練習を行い、あなたのスキルや経験、個人的な特性が仕事の要件と合致しているかどうかを簡潔に伝えれるようにしておきましょう。
 

自身の強みを理解する

自分自身を一番良い角度から見せる鍵は、自分の主な強みを知り、自信と確信を持ってそれを面接官に伝えられるようにすることです。面接は、自分自身を「売り込む」ための機会ですので、自分が特別な存在であることを示す具体例を必ず用意しましょう。質問に回答する際に意識しておけるよう、履歴書に記載する自分の重要な業績について何度も確認して置きましょう。そして、その情報を利用し、なぜあなたが他の候補者よりもその会社のニーズに上手く応えることができるのかを説明しましょう。


面接準備に役立つコンテンツ

面接でよく聞かれる15の質問

面接で好印象を与えるためのヒント

面接準備<リモート編>

Skype面接をうまく行うには

電話面接で気を付けるべきことは?

録画面接(ビデオ面接)のコツや注意点
 

面接準備<応用編>

コンピテンシー面接とは?その活用理由と対策について

【2015年12月17日作成 - 2021年4月2日更新】

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます