企業が展開する採用活動にも多様化の流れが見られるようになり、Web面接を導入しているケースも増えています。しかし、初めてWeb面接を受ける人は今の通信環境やWeb面接ならではの注意点などに不安を感じるのではないでしょうか。自身の今後を決める大切な採用試験ですから、なるべく不安は無くしておきたいところですよね。そこで、今回は従来の対面による面接とWeb面接の違い、ポイントや注意点などを詳しくご紹介していきます。 
 

1.Web面接と対面での面接の違い 

「Web面接ってオンラインで面接するだけじゃないの?」と思う人も多いでしょう。表面的な意味では間違いではありませんが、Web面接は従来の対面面接と本質的に異なるポイントが多いです。逆に双方に共通している部分もありますので、まずはそれらをしっかり確認しておきましょう。 

1-1.対面の面接と違うこと・変わらないこと 

Web面接と従来の対面面接で異なるポイントとして、まずWeb面接ではインターネットデバイスを利用するため、通信環境は注意しておきたいポイントです。通信環境が悪く映像や音声が途切れてしまうと、面接官の心象はあまり良くないでしょう。また、スムーズに面接が進まない事によって自分自身にも焦りが生じてしまい、パフォーマンスが低下する可能性もあります。 

Web面接では基本的には自分の部屋でWebカメラを使用するため、アングルによっては背景に衣服や掲示物などが映り込んでしまう点にも注意が必要です。Web面接の当日は、映像の背景に何も映らないように片付けておきましょう。自宅に居る事で気が緩むと、うっかり普段着のままWeb面接に臨んでしまうというケースも考えられます。服装については対面と同様、リクルートスーツや企業から指定されたものを着用しましょう。加えて、Web面接では画面越しに質疑応答のやり取りが行われますので、お互いのリアクションや表情を読み取りにくくなります。従来の対面面接よりも注意深く相手の目や表情に目線を送るようにしましょう。 

なお、質疑応答の内容については従来の対面面接と変わりありません。大切なのは面接官との「会話のキャッチボール」であり、相手の話の内容・質問の意図をしっかり理解した上で返答する事が大切です。この点で対策すべき内容は従来と同じですから、質問例集や模擬面接などを積極的に活用して準備を整えておくのが有効と言えます。 

1-2.Web面接特有のトラブル 

Web面接では電子機器やインターネットを使用する関係上、特有のトラブルが発生しやすいため理解しておく事が大切です。普段は通信環境が安定していたとしても、当日に何らかの影響で通信が不安定になってしまう可能性はあります。通信が止まる・接続が切れるといったトラブルは、準備を万端に整えていたとしても起こり得ます。また、トラブルが発生した際の対処次第でも面接官の印象は大きく変わります。予め有線のLANケーブルで接続しておく、Wi-Fiであれば電波が強いポイントを複数確認しておくなど対処法を考えておくと安心です。 

通信環境が万全だとしても、デバイスのセッティングが甘いと「画面がブレる」「相手を見下ろすアングルとなり、マイナスな印象を与える」といったアクシデントに繋がる可能性があります。特に機械の扱いに慣れていない人は、Webカメラの設定・設置が上手く出来ないというケースも多いです。Webカメラによって撮影されている範囲は、自分が思っているよりも広い事が多い点は知っておきましょう。例えば、部屋の中の映り込みや服装・身だしなみの手抜きなどは想像以上に相手に見られている場合があります。Webカメラには映っている映像を自分で確認出来る機能が付いている場合が多いですので、事前にアングルや服装の乱れをセルフチェックしておきましょう。なるべく映りを良くするためには、日中であっても部屋の照明を点けておくのがおすすめです。 

また、こうした注意点は音声についても同様です。同居者の生活音やスマホ・PCの通知音、タイピング・クリック音など、それほど性能の高くないマイクでも意外と音声を拾います。音を発するデバイスは出来るだけ電源を切り、部屋のドアと窓は締め切っておきましょう。同居人が居る場合には予めWeb面接を行う日時を伝えて、協力してもらいましょう。タイピングやクリックが必要となる場合にはなるべくそっとタッチするか、音が小さいタイプの製品を用意するのが有効です。映像・音声は面接官にチェックされているポイントですから、マイナスな印象を避けるためにも十分注意しましょう。 

あわせて読みたい:電話面接で気を付けるべきことは?
 

2.Web面接の服装やメイクはどうすればいい? 

Web面接では直接面接会場へ足を運ぶ事が無いことから、服装やメイクといった身だしなみについての意識が希薄になりがちです。しかし、画面越しとは言え面接官に自分の姿を見られる事には変わりありませんので、身だしなみはしっかり整えておくようにしましょう。特に下半身は面接中に映らないだろうと考えて手を抜いてしまいがちですが、自分が動いた拍子に移りこんでしまう可能性は十分にあります。対面面接に臨む際と同じ服装を身につけましょう。Web面接前に鏡を見たり、家族にチェックしてもらうと安心です。常時カメラに映る部分としては、ヒゲや髪の毛などが印象を大きく左右します。清潔感を損なわないように男性は入念なヒゲ剃りを心がけ、女性は前髪が顔にかかり過ぎないようにセットしましょう。長髪の場合は後ろに結んでおく事も基本的なマナーです。メイクについては華美にならないナチュラルメイクを心がけましょう。 

あわせて読みたい:面接で好印象を与えるためのヒント
 

3.「背景」はそのまま?バーチャル背景を使う? 

カメラに移りこむ背景については細心の注意を払っておきたいところです。Web面接中は基本的に後ろを振り返る事が出来ないため、事前の準備が大きなカギを握ります。散らかった部屋や洗濯物が映り込むと、面接官に「だらしない」という印象を与えてしまうでしょう。趣味用品やポスターといった嗜好品も映さないようにするのが無難です。個性の主張が強いものは避けるのが基本ですから、柄の無い壁や無地のカーテンなどを背景にしてカメラをセットするのがベターと言えるでしょう。テレビ通話などで利用出来るバーチャル背景は不自然な印象を与えてしまうため、Web面接には適していません。素材を投影する際に通信量が増加して接続が不安定になる場合もありますので、バーチャル素材は用いずにフォーマルな背景を準備しましょう。 
 

4.不安に感じる!「通信環境」はどうすればいい? 

通信環境は目に見えず不確定要素も少なくないため、Web面接において不安を抱える人が多いポイントです。しかし、出来る限りの準備を整えておけば、不安を取り除いてWeb面接に臨む事は可能です。ここからは、通信環境に関する不安を解消するための項目を重点的に解説します。 

4-1.用意しておくべき機器は? 

強固な通信環境を整えるためには、まず準備する機器について万全にしておく事が大切です。使用する通信デバイスはPCがベストですが、止むを得ない場合にはスマホやタブレットでWeb面接に臨む事も出来ます。こうした携帯デバイスを利用する場合には、スタンドを利用してしっかりと固定しておくとカメラのブレを予防できます。PCの場合は、モニターにWebカメラが付いているのかどうかを必ずチェックしておきましょう。付いていない場合は別売の市販品を用意します。通信環境の安定性は、基本的に無線よりも有線の方が優れていると言われています。PCの場合はWeb面接の時だけでも有線LANでルーターなどと接続するようにしましょう。 

また、イヤホンを用いる事で面接官の言葉をしっかり聞き取れるようになります。スピーカーから出た音をマイクで拾ってしまう心配もないため、面接官に届く音声もクリアになる点もメリットです。マイクとヘッドホンが一体となっているヘッドセットを使用すれば、スムーズにコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。 

なお、Web面接では原則として企業側から指定されたビデオ通話ツールを使用する事になります。そのため、自分が使い慣れていないツールを当日いきなり操作することになると手間取ってしまう可能性が高いでしょう。指定されたツールは事前にインストールしておき、操作方法のチェックと動作確認を済ませておくと安心です。可能であれば知人や友人に協力してもらい、本番に近い環境で使用感を確かめておきましょう。 

4-2.通信状態を良好に保つためには? 

「途中で接続が切れたらどうしよう」という不安を解消するためには、通信状態を良い状態に保つポイントを押さえておきましょう。例えば、前述のように回線への接続には有線LANを使用するのもポイントの1つです。無線で接続する場合はWi-Fiルーターの近くでWeb面接を受けると、比較的通信が安定しやすくなります。自宅の通信環境が悪くても、すぐには改善出来ないケースも多いです。そうした場合にはネット環境が整っているレンタルオフィスの個室ブースを借りるなどして対処しましょう。飲食店やカフェなどでフリーWi-Fiが利用出来るお店が増えていますが、周りの目や音が気になって集中出来ませんので、Web面接を受ける場所としては適していません。 

スマホでWeb面接を受ける場合には、契約内容によって通信制限がかかる可能性があります。事前に通信量に余裕があるかを確認しておく、Web面接の日程から逆算して通信料にゆとりを残しておくといった対策を取っておきましょう。また、充電不足によるバッテリー切れにも注意しておきたいところです。完全に充電が切れなくても、設定によってはバッテリー容量が少なくなると省エネモードに切り替わって通信速度が低下する事があります。前日から充電して100%に近い状態にしておくと安心でしょう。また、可能であれば充電しながらWeb面接を受けるのがおすすめです。 

4-3.トラブルは起きる時には起きる!冷静な対処を 

万全の状態を整えていても、通信環境におけるトラブルの可能性を0には出来ないものです。トラブルが発生した際に慌てて取り乱すと、面接官から「トラブル処理能力が無い」と評価されてしまう可能性もあります。逆に言えば、冷静に対処する事が出来れば好印象になる可能性もあるということです。そのため、トラブル時の対処方法を予め確認しておく事も重要と言えるでしょう。 

Web面接において想定される最悪のパターンは、接続が切れて面接が中断されてしまう事態です。この場合にはすぐに通信デバイスを再起動して復帰を試みましょう。再起動中には先方に電話・メールなどで事情を説明しておく必要がありますので、連絡先は手元ですぐに確認出来る状態にしておきます。再起動が完了して面接を再開出来たら、先方にお詫びした上で平常心を心がけてやり取りしましょう。復帰までの時間を最短にするためには、予備の通信デバイスも用意しておくと安心です。
 

5.面接当日の事前準備は?カンペは用意する? 

Web面接では少なからず面接官の死角が発生するため、カンペを用意したくなるという人も少なくありません。しかし、カンペに目を落とすと視線が不自然になりやすく、面接官から見ても印象が悪くなります。対面面接でも基本的には使用しないものですから、Web面接でもカンペは用いない方が無難です。自信がなくどうしてもカンペを使いたい場合には、カメラに映らず目線が逸れすぎない範囲に貼っておきましょう。 

Web面接当日には、改めて使用するツールの動作確認を行っておきましょう。タイミングによってはアップデートパッチが配信されている事もありますので、面接の時間までにすべて済ませておくのがおすすめです。スマホの充電やカメラへの映り方も当日に再確認しておく事が大切になります。心を落ち着けるためには、対面面接同様に時間にゆとりを持って行動するのが大切です。待ち時間を有効に使って「身だしなみを最終チェックする」「応募書類に目を通す」「SNSの通知など音が鳴るものは切る」といったポイントを確認しておきましょう。 
 

6.Web面接中のポイント・注意点 

Web面接では直接相手と対面しないからこそ、注意しておくべきポイントがいくつかあります。まず、マイク越しでの会話になるため、喋り方やマイクの向きによっては自分の声がしっかり届かない可能性があるでしょう。マイクは自分の方に向けておき、対面面接の場合よりもハッキリとした喋り方を意識します。また、カメラや照明の具合によっては普段よりも表情が曇って見えるというケースもあります。にこやかな表情を意識しておくだけでも印象が明るくなりますので心がけておきましょう。 

カメラ越しでの会話は相手のリアクションが読みにくく、テンポを掴むのに少しコツが要ります。注意深く相手の表情を見極めて、ゆっくりとしたテンポで会話を進めると良いでしょう。こうする事でお互いに喋るタイミングが被ってしまうという事態の予防も可能です。また、Web面接では目線の調整に苦戦する人も少なくありません。画面に映った面接官の目を見て話すと、カメラの位置によっては自分の目線が下に向く事になります。カメラの位置は自分の目の高さに合わせて、カメラを見ながら話すと面接官から見て目線が真っ直ぐに映ります。 
 

Web面接ならではのトラブルを予防して面接に集中を 

Web面接は、新たな採用活動のスタイルとして企業側でも注目を集めています。内定を勝ち取る可能性を底上げするためには、Web面接ならではのポイントや注意点を押さえておく事が重要です。機械の扱いに自信が無いという人でも、事前の準備を整える事は難しくありません。どうしても分からない場合には、家族や友人に頼ると良いでしょう。入念な事前準備で可能な限り不安を軽減し、落ち着いてWeb面接に臨みましょう。 
 

その他、面接に役立つコンテンツ

Skype面接をうまく行うには?

面接でよく聞かれる15の質問

面接中に良い上司を見抜く12の方法

転職活動中のストレスに上手く向き合う方法は?

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます