新しく仕事を見つけることは、経験豊富なビジネスパーソンであっても、多くの困難が伴い長い時間を要するものです。仕事先が決まるまでには、非常に多くの時間、エネルギー、労力を費やす必要があり、転職活動や就職活動で肉体的にも精神的にも疲れてしまうことは多くあることです。この記事では、そのような転職活動中のストレスを溜めすぎずに乗り切るためのヒントをまとめました。

関連記事:転職はどれくらいのストレスがかかるのか?
 

まず、転職は時間はかかるものだと受け入れる

あなたがどれほど十分に転職活動の準備をしていようとも、新しい仕事を見つけるにはおそらく、予想以上に長い時間がかかることでしょう。実際、転職活動にかかる期間の目安は3〜6ヶ月と言われています。特にあなたが上級管理職であれば、仕事の求人数が少ない分、満足のいく仕事を見つけ、オファーを手に入れるまでにはより長い時間はかかるでしょう。転職活動を始める前に、この現実を受け入れるようにしてください。そうすれば、物事がすぐに自分の思い通りにならなくても、前向きに考え、落胆することはありません。
 

生活の中で息抜きの時間を作る

新しい仕事を見つけるのは大変なことです。だからこそ、自分自身の心の健康のためにも、また、応募する企業に与える印象のためにも、前向きに考えることが重要です。転職活動で疲れてしまわないように、生活のバランスをとるようにしましょう。転職活動で頭をいっぱいにするのではなく、オンとオフの時間を設けることが大切です。友人、運動、休息、リラクゼーションの時間を確保してください。また、定期的に自分の過去の業績や、自分が持っている強みや好きなことについて考えるようにしましょう。明るく、健康で、楽観的であれば、転職活動はより効果的になります。
 

自分がコントロールできるものに集中する

応募企業から連絡があるか、面接に進めるかどうかは、残念ながらコントロールできることではありません。自分ではどうしようもないことを心配するよりも、自分でコントロールできることにエネルギーを注ぎましょう。履歴書の書き方を工夫したり、ネットワークを広げたり、新しいスキルを身につけたり、業界の最新情報を入手したりすることは、転職活動を有利に進め、時間を有効に使うための建設的な方法です。
 

日課を決めて、それをやり続ける!

転職活動を効率的に進める最良の方法は、スケジュールを決め、それを守ることです。転職活動を実際の仕事と同じように考えて、毎日「開始」と「終了」の時間を決めましょう。毎日の目標を設定し、進捗状況を把握することで、週の終わりには達成感を得ることができます。決まったルーティンを持ち、一日を構成することで、効率的かつ建設的な活動を続けることができます。


マイケル・ペイジで求人を探す(外資系 / 国内企業 / 派遣・契約

転職活動中に自分で進めたいこと(自分でコントロールできること)

転職の条件を決める

履歴書の書き方を工夫する(決まったフォーマットがない場合)

LinkedInのプロフィールを充実させる

面接の準備をしっかり行う

外資系希望の方は:転職ガイドを読む

【2015年12月7日 - 2021年4月27日更新】