洞察力のある人材はビジネスで活躍するとよく言われていますが、洞察力が具体的にどういったことを示しているのか、その意味をはっきりとわかっている人は少ないでしょう。この記事では洞察力を伸ばしたい方、採用段階で洞察力の有無を見極めたい方にも参考になる洞察力とは何かについて詳しく解説します。
 

1.観察力 vs. 洞察力

  • 観察力=現状を正しく理解、基本的には見える範囲のみ
  • 洞察力=現状を正しく理解+将来の推察、見えない部分も考える
     

洞察力とは物事や人などの対象を深く観察し、性質や原因などの本質を見抜く能力です。じっくりと目でみて今の状態を理解するだけでなく、将来どのような変化が起こり得るのかを読み取る点が洞察力の特徴です。洞察力と観察力はよく似ていますが、観察力には通常このような今後の変化に関わる推察は含みません。また、どちらも目で見て理解する力という点では類似しているものの、洞察力がある人は表面的なことを見た上で背景や見えない部分(や言われていない部分)を考える力があるのに対して、観察力がある人は見える範囲で詳細な変化に気付く力があると考えるのが通例です。
 

2.洞察力がある人の特徴

洞察力がある人はどのような特徴を持っているのでしょうか。洞察力のある人材の見極め、また自分の洞察力の伸ばし方を考えたりする上で重要なポイントになる部分を個々に解説します。

  • すぐに「意図」を理解できる
  • よく人を観察しておりコミュニケーション上手
  • 分析力がある
  • 起きたことをそのまま受け入れられる素直さがある
     

2-1.すぐに「意図」を理解できる

洞察力のある人は相手の意図を理解する力に秀でています。ただ様子を見るだけでなく裏側にある本質まで見抜く力を持っているのが洞察力のある人の特徴だからです。人と話をしているときにも説明が途中にある段階から意図を理解してしまい、先取りをして自分はこうしたら良さそうだということを考えることが可能です。少ない情報からでも表情やコンテキストなども読み取ることで、相手の意図をうまく汲み取ることができ、必要なことや期待されていることなどを把握して行動に移せるのが特徴と言えます。

2-2.よく人を観察しておりコミュニケーション上手

コミュニケーションスキルが高いのも洞察力がある人の特徴です。直接話をしているときだけでなく、普段から周りの人をよく観察しています。様子を見ているとあの人は困っていそうだ、こんなことをやりたいと考えている様子だということがわかり、上手にサポートできます。また、あの様子ならきっとこの点で悩んでいるはずだなどといった形で、観察や推察を通して周囲の悩みを見抜いて行動を起こしてくれるでしょう。意図を理解する能力が高いため、聞き上手というのも多くの人に共通する点です。相手の気持ちを汲み取れるので人間関係の樹立も得意で、他人に合わせたコミュニケーションを取れることから調整役としても活躍しています。

2-3.分析力がある

洞察力がある人は物事や人などを分析する力にも長けています。表面を広く観察した上で的確に分析できることで本質を見抜くことができるからです。分析のスピードも速く習慣化していてストレスなく当然のように行っている傾向があります。また、自己分析をする習慣もあり、自分の力の使い方がうまく、失敗をしたときにも次に活かす力を持っています。

2-4.起きたことをそのまま受け入れられる素直さがある

トラブルが発生したりしてもあまり動じないのも洞察力がある人に共通する特徴です。客観的な視点から起こった現象を受け入れて冷静に分析する力があります。感情的になって抵抗をするよりも素直にまず物事を受け入れることによって偏見を持たずに原因は何か、これから何をすべきかといったことを考えられます。洞察力に直結する物事の裏側まで見抜く力の根源になっている点です。また、冷静に何が起こりうるかを分析していたために、想定内だったから動じないということも多くなっています。
 

3.洞察力がある人を採用するメリット

このように様々な魅力を持っているのが洞察力のある人ですが、採用すると企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。洞察力がある人が現場にいると、その現場で出てきた情報から速やかに本質を見抜き、仮説検証をするPDCAサイクルをスムーズに回してくれるでしょう。新しい可能性を見出したり、これまでにやったことのない業務を考案して遂行してくれることも期待できます。顧客や市場のニーズを分析して企画立案をする力も持っているので事業が進みやすくなるでしょう。また、人とのコミュニケーション能力も優れているので、現場の潤滑油になってくれます。総合的に見るとマネージャーとして頼れる人材に育つと期待できるのが魅力です。
 

4.洞察力がある人を面接で見抜くには

採用担当者としてはいかにして洞察力があるかを見極めるかが大きな課題でしょう。洞察力の源泉は知識の引き出しの多さなので、インプットがいかに多いかを確認するのが効果的です。最近の興味や関心などについて質問をしてみてどのくらい深く広い内容を話せるか、考察が的確で根拠もしっかりとしているかを見てみると良いでしょう。質問への回答が典型の決まったものではなく、その人なりに考えたことがわかる「オリジナル」のものか、考え方に納得できるかという点を見るのも一つの手です。また、全体として質問の意図を汲み取る力があるかどうかを確認していくと洞察力の高さがわかります。
 

5.洞察力を身に付ける方法

洞察力を身に付けるためには何をしたら良いのでしょうか。自分を成長させるにも社員のスキルアップを図るにも重要なポイントなので、実践的な方法を紹介します。

  • インプット量を増やし自分なりに考えを持つ
  • 日頃から周囲を観察し「なぜ?」を繰り返し考える
     

5-1.インプット量を増やし自分なりに考えを持つ

洞察力を上げるにはインプット量を増やすことが重要です。自分の頭の中で考えるのは前提として、そのためのベースになるインプット量を増やすことによって考察力が高まっていきます。一つ一つの情報について詳しく考え、周辺で何が起こっているのか、つまりこれは何を意味するのか、使い道があるのかといったことを整理して頭に入れていくのが大切です。

5-2.日頃から周囲を観察し「なぜ?」を繰り返し考える

洞察力を高める方策として普段から観察を怠らず、根拠を考えるのが効果的です。自分の周囲にある人や物事について意識を向けて、あの人はなぜこういうことをしているのか、なぜこんな問題が起こっているのかといったことを考える習慣を作りましょう。人の行動についてなぜそうしているのかの仮説を立てることにより想像力を育むと同時に、その人が何をしたいのかを理解していくのが効果的です。また、物事の起こっている原因やその対処方法が選ばれた理由を考えていくことで洞察力は総合的に高められるでしょう。
 

本質を見抜く洞察力は仕事で大いに役立つ

洞察力は本質を見抜き、これから何が起こり得るのかを推察できる力です。洞察力がある人材は周囲の人や物事をよく観察していて、適切なサポートや業務の推進、さらにはマネジメントができることから仕事でも大きな活躍をしてくれるでしょう。人材価値を高めるためにも、優秀な人材を確保して企業を成長させるにも洞察力がとても大切なのです。
 

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます