【徹底解説】外資系と日本の企業では最終面接も違う!気を付けたいポイントとは?

外資系企業と日本の企業とでは、採用までの流れや最終面接で重要視されるポイントが異なります。この記事では外資系の最終面接で気をつける点について解説しています。面接の回数や内容、最終面接で注意すべきことなど、外資系の面接対策に活かせるポイントをまとめていますので、転職活動を行っている人はぜひ参考にして下さい。

関連記事:【最新版】リファレンスチェックとは何か?確認項目と行い方について
 

1.外資系企業の面接回数は何回?

外資系企業の面接回数の目安は3回です。もちろん企業の規模によって異なることもありますが、1回目の面接は人事担当者、2回目は各部署の上司、3回目は役員を含む面接、という流れで進むことが一般的です。外資系企業の面接は英語で行われることも予想されますが、必ずしもすべての面接が英語であるとは限りません。1回目と2回目の面接担当者が日本人であれば日本語で行われることもあります。ただし、最終面接は役員が加わるため英語で行われる可能性が高くなります。

関連記事:外資系の面接は日系企業となにが違う?特徴や流れを徹底解説
 

2.外資系の最終面接で落ちやすい人の特徴

  • コミュニケーション能力に難がある
  • 熱意が伝わらない
  • 価値観を上手く伝えられない

外資系の最終面接で落ちやすい人の特徴として、コミュニケーション能力に難があることがまず挙げられます。個性豊かな人材がそろっている外資系企業では、業務を円滑に進めるためのコミュニケーション能力が特に重視されます。面接でコミュニケーションに問題がある、意思疎通がうまく図れないと判断された場合、他の候補者に競り負けてしまう可能性が高いでしょう。
次に、熱意が相手に伝わらない人も最終面接で落ちやすいといえます。外資系に限った話ではありませんが、入社に意欲的で、熱意を持って仕事に取り組んでくれそうな人を企業は採用します。たとえ優れた資格や実績が備わっていても、熱意が伝わらなければ採用を見送られる可能性が高いです。
最後に、価値観をうまく伝えられない人も外資系の最終面接で落ちやすいでしょう。採用する側は、企業理念と求職者の価値観の相性を面接で見極めようとしています。自分の価値観が伝わらなければ相性も判断できず、採用につながらないことが多いのです。
 

3.外資系の最終面接までに済ませておきたい準備

  • 企業研究は徹底的に行う
  • 志望動機の再確認を行う
  • キャリアプランを振り返る
  • 逆質問の準備を行う
  • 転職エージェントからアドバイスを受ける

外資系の最終面接をスムーズに乗り切るためには、十分な事前準備が欠かせません。ここでは、最終面接までに済ませておくべき準備について解説します。最初に、企業研究は徹底的にしておくことが大切です。企業の活動について深く知ることは、志望動機を掘り下げたり、逆質問を選定したりするうえでも役に立ちます。最終面接に備えて最新の情報を仕入れ、企業独自の特徴や価値観をよく理解しておきましょう。
志望動機の再確認も重要なポイントの一つです。最終面接では、この企業に入って何がしたいのか、どのような事業に魅力を感じたのかといったポイントが特に注目されます。大きなテーマに沿って慎重に言葉を選び、自分の意図が伝わりやすくなるように工夫しましょう。また、選考を経て変化してきた考え方についても志望動機に折り込むと説得力が高まります。
キャリアプランの振り返りも忘れてはならないポイントです。外資系の選考で大切なのは、「この企業で働くことが自分のキャリアプランには必要だ」という視点です。企業側と求職者側のニーズが合致することで採用される可能性も高まるので、説得力のあるキャリアプランを練っておくとよいでしょう。
そのほか、逆質問の候補を検討することも欠かせません。最終面接だからこそ聞く意味のある質問をピックアップしておきましょう。また、選考を有利に進めるうえで転職エージェントを利用するのも効果的な方法です。マイケル・ペイジは外資系への転職で豊富な実績があるので、ぜひ利用してみてください。

関連記事:【外資系】転職活動の企業研究のやり方は?コツや注意点について
 

4.外資系の最終面接の一般的な流れ

外資系の最終面接にはある程度決まった流れがあるので、事前に知って心の準備をしておくとよいでしょう。面接が始まり、あいさつなどを交わした後、最初に自己紹介を求められます。自分の名前やその企業で働きたい理由などを述べますが、このときに重要なのは相手の目を見てはっきりと喋ることです。自己紹介で最終面接における第一印象が決まるので、知人などに頼んで練習しておくことをおすすめします。
次の段階が、志望動機や転職理由などの説明です。転職理由を述べるときは、他責思考をさらけ出さないように気を付けましょう。人間関係や環境の悪さなどに言及すると印象を下げる恐れがあるため、「職場で自分のスキルを活かしたい」などのポジティブな理由に変換することが大切です。
続いて、現在までの実績をアピールする流れになります。表面的な結果だけを伝えるのではなく、その結果にたどり着くまでにどのような経緯があったのか、どのように挫折を乗り越えたのかといったエピソードを盛り込みましょう。その次は、キャリアビジョンについての質問や、会社独自の質問をされることが多いです。企業研究の成果を活かし、志望企業について深く理解していることを示してください。最後に、逆質問をして面接は終了です。

関連記事:外資系転職で面接のお礼メールが必要な理由|英文メール例も紹介
 

5.外資系の最終面接における心構えと対策

外資系の最終面接を乗り越えるために、正しい心構えと対策方法について押さえておきましょう。何よりもまず、積極的に熱意を伝えて専門分野に自信があるところを示すことが重要です。最終面接では経営にかかわる層が面接官を務める場合が多いため、自分が企業の利益に貢献できることをアピールしましょう。自分の専門的なスキルを活かせばどのような働きができるのかを具体的に伝え、同時に入社への大きな熱意があるところを見せてください。
次のポイントは、矛盾点を指摘されても冷静に対処することです。自分の意見には一貫性を持たせることが大切ですが、矛盾した発言をしてしまうときもあるでしょう。このような場面でも落ち着きを失わずに対応することで、成熟した人間性を見てもらうことができます。求職者の論理的思考力を試す意味で面接官が矛盾点を指摘することもあるため、とにかく冷静さを失わないことが肝要です。
その他、「I think」の表現や時制など、英語面接ならではのポイントにも気を付けてください。「I think」は自信がなさそうに聞こえるのであまり多用せず、「Personally(個人的には)」や「In my opinion(私の意見では)」といった表現も使うとよいでしょう。ニュアンスをよりはっきりさせたい場合は「consider」や「believe」などの表現が便利に使えます。英語の時制についても間違えやすいポイントなので、話しはじめる前に頭の中でいつの話なのか整理し、正しい時制を確認しておくことをおすすめします。

関連記事:英語面接対策!注目される点や基本のマナー
 

6.外資系の最終面接でよく聞かれる質問

ここでは、外資系の最終面接でよく聞かれる質問とその意図、回答例などについて紹介します。

  • キャリアプランについて:最初のよくある質問は「キャリアプランについて教えてください」というものです。明確なキャリアプランを持っている人材は信頼しやすく、仕事も任せやすい傾向にあります。反対に、キャリアプランを用意していない求職者は企業との相性も判断しにくく、いつまで働いてくれるかわからない不安が残るでしょう。なるべく具体的なキャリアプランを用意し、その企業で働く必然性を感じさせることが重要です。この質問への回答例は以下のとおりです。「30代後半までにデジタルセールスの分野で業績を上げてディレクターを務めたいと考えています。DX化への転換に立ち会ってきた経験を活かして後輩を育成しつつ、業界をさらに盛り上げていく所存です」
     
  • 職種について:「この職種を選んだ理由は?」という質問もよく聞かれます。求職者の入社にかける意気込みや、その職種におけるポテンシャルを見極めるための質問だといえるでしょう。回答例としては、「学生時代に御社の製品に触れた経験があり、デジタルセールスのプロになりたいと感じたためです」といったものが考えられます。
     
  • 仕事における優先順位について:「仕事において大切にしていることを教えてください」というのも聞かれることが多い質問です。求職者のビジネスシーンにおける哲学を確かめる質問ともいえ、モチベーションや価値観を見極めたいときに聞かれます。求職者と企業の価値観が一致しているかどうかを確認し、ミスマッチを防ぐ目的もあるでしょう。回答例として、「私は思いやりの心を忘れないことを大切にしています。仕事は多くの人と協力してこなしていくものであり、思いやりの心なくして満足のいく成果は得られないと考えるためです」などが挙げられます。
     
  • 長所について:「あなたの長所は何ですか?」というものもよくある質問の一つです。回答の幅が広いため、同時に納得のいく根拠を伝えることがポイントになるでしょう。回答例として、「私の長所はプレッシャーに強いことです。イギリスに留学した際、日本人代表として大勢の前に立ってスピーチをし、大きな成功を収めました」などがあります。
     
  • 入社時期について:「いつ頃に入社できますか?」といった質問を聞かれることも多いです。この質問では、入社時期を確かめると同時に、志望度の大きさも見られています。「現職での引き継ぎ期間を踏まえ、1カ月程度で入社できると思います」といったように、責任感のある回答を用意しましょう。

関連記事:【面接対策】例文つき!キャリアプランを質問されたときの答え方
 

7.外資系の最終面接での逆質問例

外資系の最終面接における逆質問の例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 「5年後、10年後に御社で主力となる分野をどのように予想していますか?」
  • 「御社ではどのような人材が高く評価されていますか?」
  • 「将来的に駐在員として働くことを希望していますが、海外支店ではどのような経営戦略を採用しているのか教えてください」
  • 「このポジションで成果を上げるために必要なスキルを教えてください」
  • 「御社の事業にはどのような課題があると考えていますか?」

ちなみに、逆質問は「事業の内容や理念」「企業の課題」「採用後のポジション」「面接官」といったジャンルに大きく分けられます。なかなか質問が思いつかないときは、興味があるジャンルを深堀りして探してみるとよいでしょう。

関連記事:面接時の逆質問は絶好のアピール機会!質問例と注意すべきマナーについて


8.外資系企業の最終面接で注意すべきこととは?

外資系企業の最終面接は日本企業の面接と異なる点があり、日本企業で問題なかったことがマイナス評価につながってしまうこともあります。この段落では外資系企業の最終面接で注意する点についてまとめました。

8-1.日本で良しとされることがマイナスに作用する

外資系企業の最終面接では日本で良しとされることがマイナスに作用する場合があるため注意が必要です。具体的な注意点のひとつは視線の位置です。日本企業で面接を受ける場合、求職者は常に面接官の目を見るのではなく、相手の口元や喉のあたりを見て話すことが好ましいとされています。しかし、外資系企業で視線を目からはずしてしまうと英語のコミュニケーションが上手く取れず、自信がない態度だと判断される危険性があります。

もう一つの注意点は会話中のあいづちです。会話中のあいづちは日本では相手の話を聞いているという意味合いで使われますが、英語であいづちを打つのは相手の意見に賛成する場合のみです。そのため、面接中にあいづちを打ちすぎると英語の会話に慣れていないことが伝わります。ビジネス英語やマナーなど面接前にきちんと理解しておきましょう。

8-2.最終面接が対面面接とは限らない

外資系企業の場合、最終面接は必ずしも対面面接とは限りません。日本企業の面接は対面形式で行われることがほとんどですが、外資系企業の場合は電話やスカイプを使って面接することも珍しくないのです。電話面接やスカイプの場合はネット環境の関係から音声がクリアではない場合もあります。そのため、これらの面接でも通用するくらい高い英語力やアピールする力が必要になるのです。このように外資系企業は日本企業と面接形式が異なりますので、本番で慌てないためにもあらかじめ自分が受ける企業の面接形式について情報を知る必要があります。それらの情報を得た上で対策をしっかり練り、面接に冷静に対応できるように準備ができるかが大きなポイントになるでしょう。

関連記事:Web面接を受けることになった!知っておきたい注意点とは?

8-3.採用する理由を見出そうとしている

外資系の最終面接できちんと認識しておきたいのは、先方が求職者を採用する理由を見出そうとしていることです。外資系企業は個人の実力を見ますので、落とす理由がある人は最終面接まで上がることはできません。そのため最終面接まで上がって来た人に対して、企業側は落とす理由がないと判断されているのです。最終面接は、企業が落とす理由がない候補者の中から、今度は自社にふさわしいという「選ぶ理由」を見つける場であることを理解しましょう。

採用する理由を見出す場ですので、もちろんそのため1次面接や2次面接とは重視する視点も異なります。そのためこれまでの面接と同じ対策は最終面接には通用せず、上手くいかない危険性もありますので注意して下さい。最終面接では求職者が企業の利益となるかがチェックされます。そのため、求職者側も自分が企業に対してどれだけ有益な存在か、相手に必要とされる力をアピールすることが欠かせません。最終面接を受ける前には、自分のアピールポイントをピックアップし、相手に強く簡潔にアピールできるように準備しておきましょう。
 

9.外資系の最終面接は結果連絡が遅い

外資系企業の最終面接は結果連絡が遅い傾向にあります。これは求職者すべての選考が終わってから連絡する傾向があるためで、最終面接の結果連絡は早くて2週間後、遅い場合は1カ月後になることも少なくないです。しかし、選考を受ける期日が早いか遅いかで評価内容が変わってしまうことはまずありません。早めに選考を受けた場合でも自分が不利になると考えないようにして下さい。選考終了後から時間が経つと自分が採用されているか不安になることもあるでしょうが、外資系企業は本社が海外に合ってそこで採用の最終決定が下されたり、時差の関係があったりするため、社内事情で時間がかかることが多いです。

もちろん必ずしも外資系企業の結果連絡が遅いわけではありません。企業によっては最終面接後1週間程度で結果連絡が来ることもあります。ただし、グローバルな企業が多く結果連絡も長く待つ傾向があることは理解しておいた方がいいでしょう。外資系企業を受ける前に通知時期を事前確認しておくこともおすすめです。通知時期をあらかじめ知っておくことで、自分の採用・不採用の判断がしやすくなります。また、結果連絡が遅い場合は、待っている間に他の企業の面接を受けておくこともいいでしょう。万が一最終面接の結果が不採用だった場合は転職活動を継続しなければいけません。また、結果連絡を待っているだけで何もしない状態が続くと、その企業ではない別のチャンスを逃してしまうことになりかねないです。

他の企業の面接を受けるために活動をしておくと、最終通知を待っている間も気が紛れて精神的に安定しますし、新たなチャンスを見つけることもあります。また、ひとつの外資系企業の最終面接対策をしたことが、他の外資系企業の面接でプラスに作用することもあるのです。外資系企業の面接を受けるために得た経験は決して無駄になりませんし、選考は1回限りではありませんので、結果連絡が遅くなる傾向をあらかじめ理解しながら積極的に面接に臨みましょう。
 

事前準備をしっかりして最終面接を乗り切ろう

外資系企業への最終面接は英語で行われることが多く、自らが入社した時、企業でどのように役に立てるのか具体的なアピールを求められます。自分の意見をきちんと持ち、なおかつ言葉で的確に表現することが重要です。外資系の面接を受ける時は、事前に自分がこれまで培ってきたスキルや経験を見直し、しっかり準備を行ってから臨むようにしましょう。

【2019年12月2日公開 - 2024年1月26日更新】

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう