外資系金融への転職を考える際に、年収の高さに魅力を感じているからという人も少なくないでしょう。転職するにあたっては、外資系金融についてさまざまな角度から知っておきたいものです。この記事では、外資系金融は年収が高いといわれている理由や外資系金融にはどんな種類があるのか、仕事の内容や必要なスキル、求人の傾向について紹介します。
 

外資系金融は年収が高いといわれるけれど本当?

外資系金融の年収は、ベース給とインセンティブ給から成り立っており、インセンティブ給の割合が高いことが特徴です。ベース給は昇進するごとに上がっていきますが、インセンティブ給は個人の成果や市場の状況の影響を大きく受けます。外資系金融の中でも特に投資銀行は、年収が高いことでも知られており、トップレベルの大学生に人気の職種です。外資系投資銀行は、圧倒的な実力主義を取っています。

特に、オフィサーと呼ばれるシニアバンカーは、案件の獲得が期待されている職種です。年齢や性別、勤続年数、学歴などに関係なく、いかに稼いだか、会社に利益をもたらしたかによって評価され、報酬が決まります。シニアバンカーの給料は大半がインセンティブ給です。ジュニアバンカーは直接収益を上げる責任を負うわけではないものの、ボスが収益を上げるためにどれだけ貢献したかが評価の対象となります。

また、外資系金融の給料は年俸制のことが多いです。年俸制の給料の中には、退職金が組み込まれています。元々退職金は、戦後の日本における終身雇用制を支える目的で置かれたシステムで、法律に定めがあるわけではありません。そのため、終身雇用制を前提としない業界においては、退職金という概念は合わないといえるでしょう。また、年俸制の場合は福利厚生も含まれています。日系企業では、福利厚生は基本給とは別に支給され、両者を合わせたものが月給です。一方、外資系金融の場合は、これらがすべて含まれて年俸となっています。
 

外資系金融について種類別に紹介!

外資系金融の代表格は投資銀行です。リーマンショックによって世界的な金融危機が引き起こされたことに代表されるように、投資銀行は世界経済に多大な影響を及ぼします。リーマンショック後に各国が金融緩和政策を取ったことによって、主要な金融機関の業績は好調に転じました。しかし、国際的な金融規制が敷かれたことによって、投資業務は縮小傾向にあります。クレジットカード系は、外資系の3社が圧倒的な世界シェアを占めており、デビットカードは中国系の発行規模が拡大している傾向です。

外資系の生命保険は、訪問販売が主である日系企業と比較して、インターネットや電話での販売を主力としています。保険内容をシンプルにして安い保険料を打ち出した商品が多いのが特徴です。投資ファンド系は、運用財産額が以前と比べて減少し、業界全体としては以前と比べて減退しています。外資系ファンドの中には規模の縮小や撤退をしたところもある一方で、好調な業績を上げている企業もあり、企業によって進退はさまざまです。
 

外資系金融の仕事内容は?

外資系金融の中でも投資銀行は、企業を相手取った業務を行います。投資銀行では「IBD部門」がコンサルタント業として企業に対するM&A(合併と買収)を行う他、資産運用の提案などを行います。「マーケット部門」は株式や為替などの商品セールス、「アセット・マネジメント部門」は顧客の資産運用が業務内容です。「リサーチ部門」には、分析や情報収集のスペシャリストが揃います。

一方、外資系の保険会社やクレジットカード会社、証券会社は個人の顧客を相手とする業務を行います。外資系の保険会社の社員は、保険商品の企画や顧客への対応が主な業務です。外資系のクレジットカード会社の社員は、顧客や提携店舗を増やすための営業や、サービスを充実させるための企画などを行います。外資系の証券会社の社員の業務内容は、個人の顧客に対する金融商品の提案です。投資銀行と証券会社の業務内容は共通する部分も少なくありません。
 

外資系金融で働くときに求められるスキルは?

外資系金融で働く場合は、意識のほんのわずかな差によって売上が変わってくることがあるため、高度な英語力が必要とされます。たとえば、会議において自分の専門分野について討論を行えるレベルの英語力が必要です。留学経験があればなお良いですが、それよりも、国際的な視野に立ったものの見方ができることもポイントとなります。外資系金融のIT部門で働く場合も、システムに関連したやりとりは国際間で行われるため、高い英語力が必須です。

配属される部署によって英語を使う度合いは異なりますが、外資系金融で働くためには、ネイティブレベルで会話ができる英語力が要求されます。なかでも、外資系金融業界で働いた経験や海外勤務の経験があると、帰国後にキャリアアップできる可能性が高いです。海外における営業は競争力が高いため、海外営業の経験があれば日系企業のみならず、外資系の新規参入企業からの引き合いが期待できます。海外での勤務経験があれば、仕事の進め方や職場環境にも知見があり、高度な英語力があることを買われて、外資系企業への転職が有利になるでしょう。

一方、外資系金融であっても日本のオフィスで働く場合は、英語力よりも日本語力が求められることも少なくありません。日本で勤務する場合、顧客は大半が日本人であるため、社会人として身に着けておくべき日本語での対応ができることが要求されます。さらに、外資系金融は実力主義であることから、積極性や自分に足りないものを補おうとする向上心なども必要です。
 

外資系金融の求人について

外資系金融の求人は、日系の金融関連企業と比べると求人が多いとはいえません。社員として採用されているのは、一流難関大学卒またはTOEICで高得点を取得している人がほとんどです。入社するのは狭き門となりますが、求人がないわけではありません。転職の場合は、未経験者よりも日系の金融関連企業で働いた経験がある人のほうが有利です。実績がある人なら、待遇や年収アップにつながる転職ができる可能性があります。キャリアアップのために2~3年で転職する人も少なくありません。
 

英語や金融の実績を活かして外資系金融企業へ!

外資系金融企業は、英語力や金融機関での勤務経験を活かして仕事をすることが可能です。給料は年俸制でインセンティブ給に重きを置かれることが多いため、年齢や性別、学歴などの影響を受けず、実力があれば高い給料を得ることができます。世界経済に関わる仕事ができることも魅力の1つです。狭き門ながら優秀な人材であれば引き合いがあるため、チャレンジしてはいかがでしょうか。


外資系金融求人はこちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます