働いている会社のチームが非協力的だったり、過酷な職場環境だったり、また明らかに困難な状況にある場合は、退職を決断するのはそれほど難しくないかもしれません。しかし、特にこれといった大きな理由がなく、なかなか退職の決断に踏み切れない場合もあります。

どちらの場合であっても、自分のキャリアを考える上で、仕事の辞め時のサインに対して目を光らせておくことは大切です。そうすれば、状況が悪化する前にスマートに退職することができます。良いタイミングで上手に退職をすることは、その後のキャリアにもプラスに働きます。


まずは自分ができることを考えてみる

仕事を辞めたいという考えが心の中に浮かんだ時は、まず自分の心の中を見つめ直し、状況を改善するために自分に何かできることがないかを考えてみましょう。 特に職場では、ネガティブな視点で物事を見ることが習慣になっていることがあります。視点を変えたり、率直に話し合ったりすることで、緊張感が解けることがよくあります。

上司との間で意見の相違やコミュニケーションの齟齬が生じた場合は、まず関係を改善する方法がないか確認してください。それは単に、異なるマネジメントスタイルを理解し、それに対処する方法を見つけ出すことかもしれません。もう少し長く一緒に仕事をしてみることで、お互いへの理解が深まり、上司との関係を改善することができる可能性もあります。

しかし、あなたの側でできる限りのことをした上で解決に繋がらなかった場合は、解決策として退職を選ぶことも良い選択です。


辞め時のサインとは?

仕事への意欲が感じられない

毎日の出勤時にやる気のなさを感じていたら、それは辞める時期が来たという大きなサインです。書類上では素晴らしいリーダーシップを発揮していても、マネージャーがさまざまな理由でやる気を失ってしまうことがあります。自分の役割に情熱や積極性が欠けていることに気づき、それを取り戻す方法が見つからない場合は、変化が必要かもしれません。 

オフィスにネガティブな環境や文化がある

毒舌な上司、機能不全のチーム、不可能な目標など、一度ネガティブな職場環境になってしまうと、立て直すのは難しいかもしれません。過度にネガティブな文化や職場環境に留まらなければならないと思う必要はありません。ストレスやネガティブな感情が仕事以外の生活に影響を及ぼし始めたら、なおさらです。

成長の機会がない

スキルアップしたい、より大きな仕事をしたい、自分のキャリアの中で成長したいと思うのは普通のことです。会社の中での自分の能力が限界に達していると感じたら、次の大きな役割を求めて外に目を向ける必要があるかもしれません。会社への忠誠心は素晴らしいものですが、自分自身のキャリアを大切にすべきです。辞めるという決意が自分のキャリアにとって良いものを運んできてくれる可能性は大いにあります。

関連記事:次のキャリア・ステップへと進むとき


スマートに退職するために

退職を決意したら、気持ちよく退職するためにも、明確なコミュニケーションをとることが大切です。なるべき早い段階で上司に相談し、その後退職願を作成しましょう。可能であれば、仕事上の関係を維持することも大切です。 

また実際に退職を伝える前に、自分の決断をもう1度考えてみましょう。現在の会社に残るようにとのカウンターオファーを受けたらどうしますか?過小評価されていると感じているために退職するのであれば、外部の選択肢と比較して、何があればその職務にとどまることができるのかを決めましょう。

退職を申し出る理由を明確にしておけば、実際の退職時にもスムーズです。 何よりもプロ意識を持って、潔く辞めることを目標にしましょう。 

関連記事:
退職交渉はどう進めるべき?退職交渉から引継ぎまで上手に進めよう


ポジティブに考える

メッセージを伝える際には、その仕事が自分にもたらしたポジティブな点を考えましょう。どんなに困難な環境であっても、辞めるときには良いことに目を向けることで、よりプロフェッショナルで建設的な印象を与えることができます。仕事上の良好な関係、学んだ新しいスキル、次の仕事への足がかりなどに焦点を当ててみましょう。


次の仕事を見つけるには

まず、求人サイトや転職エージェントに登録します。外資系転職、英語を使う職場を求めているのであればLinkedInもおすすめです。ジョブアラートを設定することで、検索条件に合った新しい求人情報を受信することもできます。履歴書を書き直し、リクルーターに連絡を取り、一緒に働きたいと思う企業と連絡を取りましょう。一方で、転職先が見つかるまで現在の仕事を続けられるのであれば、続けることをお勧めしています。

次の仕事の面接で、退職理由を聞かれた場合は、会社の非難をするのではなく、自分のことを話しましょう。成長の機会や新しいチャンス、将来達成したいことに焦点を当てましょう。結局のところ、現在の会社や上司のネガティブな面にこだわることは、あなたの印象にも影響を与える可能性があるため、避けた方が良いでしょう。

リクルーターに相談すれば、あなたの条件や次のキャリアステップにマッチした仕事を見つけることができます。自分と価値観が合い、その価値観を明確に実践しているところを探しましょう。リクルーターは、あなたと企業の双方とコミュニケーションをとることができるので、面接や採用プロセスに関するフィードバックを即座に得ることができるという利点があります。 

関連記事:LinkedInとは?基本的な使い方・転職への活用方法


プロ意識を持って退職する

会社への強い忠誠心を持っていたり、優れたチームを作り上げたり、重要なプロジェクトに携わったりした場合は特に、仕事を辞めることは個人的なことのように感じられます。しかし、いよいよ退職するときには、感情を抜きにして考えてみましょう。今大切なのは、前を向くことです。次の仕事に向けて、そして入社後の数ヶ月を成功させることです。 

マイケル・ペイジの外資系求人はこちら
 

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます