外資系企業の営業職というと、給料が高そうとか、自分が成長できそうというイメージがあります。憧れを持っている人も多いかもしれませんね。しかし憧れの一方で、業務の量や、仕事の成果の評価方法に対して不安を感じて、一歩を踏み出せないことも多いようです。こちらでは外資系企業の営業職について、特徴や求人例、年収や成果を上げるためのポイントについて紹介します。

外資系企業の営業職の特徴1:成果主義である
外資系の企業と言えば「成果主義」ということが、一般的には言われています。これはその通りで、外資系企業は従業員の評価に成果主義を採っています。成果主義の場合、仕事の成果や責任は、個人の従業員に帰属します。日本の企業の場合にも、成果主義や実力主義による評価ということが、近年になって言われるようになりましたが、まだまだ終身雇用の名残は強く残っています。何か仕事上のミスをしたり、成果を上げられなかったりしたとしても、法的に問題のあるようなミスなどではない限りは、それだけで解雇されることはないでしょう。

ところが外資系企業では、その可能性があります。特に営業職の場合、成果が出ているかどうかは明確な数字となって分かりますから、成績が悪ければ、会社に残ることができないという事態も出てくることもあります。ちなみに成果主義と言うと、社内での人間関係を築く必要は全くないと誤解する人もいるかもしれません。

しかし成果主義は、成果や責任が個人に帰属するというだけで、同じ会社で働く以上は人間関係もやはり大切です。社内での人間関係が良くなければ、仕事に必要な情報を得られないこともあり得ます。適度な距離感の良い人間関係を築くことが重要なのは、日本の企業であろうと外資系企業であろうと、変わらないということは心に留めておきましょう。

外資系企業の営業職の特徴2:自由度が高い

外資系企業の営業職の成果は比較的シビアに判断されることになりますが、そこには良い面もあります。それは、時間の使い方や仕事の進め方に関して本人の裁量に任されている部分が多く、自由度が高いということです。「営業職はみんな自由度が高いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、日本の企業では営業職であってもそうとは限りません。まず朝は、出社の時間が決められていることが通常です。さらに、業務内容の報告のために、一日の終わりに会社に戻ることになっている会社も多いでしょう。

外資系企業では、営業職に限らず従業員の出社時間に関しては、フレックス制度が認められていることも多いです。また外資系企業の営業職は、結果的に契約が取れれば良いので、いつどの顧客を訪問してどのように話を進めるかなど、スケジュールや業務の遂行過程について、自由に決めることができます。残業をするか、早く帰って家でゆっくり休むかなども、全て個人の自由です。時間管理や体調管理が得意な人にとっては、非常に恵まれた環境と言えます。

外資系企業が出している営業職の求人例

外資系企業の営業職には、どのような求人があるのでしょうか。一例ですが、通販会社やコンサルティングファーム、医療機器会社などで営業職の求人を出しています。仕事内容は、新規顧客の獲得に向けた戦略作りや提案、最新のテクノロジーや幅広い分野と連携したプラットフォームの提供、セールスマネージャーとして製品開発にも考慮した販売戦略を立案する、などです。営業職とは言え、外資系の場合は単なる営業には留まらず、さまざまな部門と連携しながら幅広いところに目を向けた戦略を立て、それに従って成果を出していくことが求められていると言えるでしょう。

外資系企業の営業職の給与について

外資系の営業職に求められていることは多く、難しいと感じることもあるかもしれませんが、その分、目標を達成したときの感動は大きいものです。しかも、達成したことは給与となって返ってきます。前述したように外資系は成果主義ですから、年功序列という考え方はありません。日本の企業では、ある程度実力主義の会社であっても、基本的には入社のときが最も給料は安く、年数を重ねるに従って徐々に給料は高くなります。どんなに優秀な人材が、入社してすぐのときから成績を上げたとしても、その昇給率はわずかです。例えば、入社して10年の先輩がいたとして、その先輩の給料に追いつき追い越すことは、日本の企業ではすぐには難しいでしょう。

外資系の企業では、成績が良ければ、先に入社した社員の給料をあっという間に追い越すことも可能です。年齢や勤続年数は給料に全く関係がありませんし、性別も給料の額には影響しません。あくまでも成績の数字で評価が決められます。ちなみに、外資系企業は激務との印象を持っている人も多いかもしれません。確かに激務の企業もありますし、時期によってはハードな残業をこなさなければならないこともあります。しかし、転職が当たり前の外資系企業では、激務が激務のままで終わってしまうと、その企業は待遇が良くないということで、あっと言う間に従業員から見切りをつけられます。

そのため仕事が多ければ、その分は給料の額に反映されて支払われ、仕事量とのバランスがとられます。ただし、給料に関しては注意点もあります。それは、成果主義とは言え、そもそも上げた成果がきちんと上司に伝わっていなければ、上司も評価のしようがないということです。「成果主義なのだから、成果を評価する体制はきちんと整っているだろう」「何もしなくても上司は分かってくれるだろう」というのは、少し甘い考え方です。自身がまず、成果に対して貪欲になり、上げた成果はしっかりとアピールする必要があるでしょう。

外資系企業の営業職で成果を上げるためのポイント!

外資系企業の営業職でも日本の企業の営業職でも、成果を上げるためのポイントは実は同じです。国内で営業をする以上は日本人であることがほとんどですから、日本企業で営業職として成績を出せる人は、外資系企業でも成果を出せるはずです。しかし何度も述べているように、外資系企業は成果主義が採られています。社内で生き残っていくために、クライアントへの一回一回の訪問を、無駄にしないで成果につなげるという意識が、より強く必要とされます。訪問の目的とゴール、方向性をその都度明確にして、準備を怠らないようにすることが大切です。

外資系企業の営業職で成果を収め高収入を得よう!

外資系企業の営業職は、成績が評価されます。また業務内容も、一般的にイメージされる営業職の範囲を超えて、広い視野で戦略を立てることが必要とされ、厳しいと感じることがあるかもしれません。しかし、外資系企業の営業職では、上げた成果はしっかりと給料の金額に反映されるのが魅力です。ポイントを押さえた営業活動を行って成績を伸ばし、給与アップを狙いましょう。

外資系の営業求人はこちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます