働き方改革や労働者のライフスタイルの変化に伴い、「成果主義」という考え方が企業で広がりを見せています。「成果主義を採用している」というポイントを就職・転職先を決める際の軸としている求職者も増加傾向にあるのです。成果主義は特に外資系企業に多く見られるので、外資系を志望する人にとっては入念にチェックしておきたいところでしょう。今回はこの成果主義について深堀りして見ていきます。

1.あらためて理解したい「成果主義」

成果主義という事場を見聞きした事はあっても、実際のところどういう考え方なのかをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。まずは成果主義の基本的な意味や、似通った言葉との違いを紹介していきます。

1-1.成果主義とは?

日本では勤続年数と共に昇給・昇格していくのが一般的であり、年功序列型の組織が形成されていました。成果主義はこうした年功序列に取って代わる評価方針として注目を集めています。成果主義では労働者を評価する基準を「仕事の成果・結果」に設定している点がポイントです。頑張って仕事で結果を出した分だけ、給与や社内でのポジションが上がっていくというのが基本的な仕組みとなっています。また、成果主義の企業では学歴を問わず優秀な人材を積極的に採用する傾向にあるので併せて覚えておきましょう。

1-2.従来の評価方法とは?

従来、日本で採用されていた年功序列スタイルの評価基準は「年齢」や「勤続年数」でした。そのため、重要な役職に就く人や高給取りは比較的年齢の高い人になるのが必然的となります。こうした年功序列の風潮が定着したのは、日本のサラリーマンの多くが企業と「終身雇用」と呼ばれる契約を結んでいた事が大きく影響していると言えるでしょう。終身雇用は一度入社した企業に定年退職まで勤めるという制度です。労働者・企業共に雇用が安定化するため、日本では古くから終身雇用の慣例が定着していました。年功序列と終身雇用の2つが合わさる事で、「日本型雇用システム」と呼ばれるワークスタイルを形成していたのです。

ところが、時代の流れにより様々な観点から日本型雇用システムは見直しを迫られる事となります。そのきっかけとなったのが1990年代のバブル崩壊です。好景気に沸いていた日本でバブルが崩壊した後、多くの企業が業績不振に苦しむ時代が訪れました。厳しい現実ですが、仕事で成果を上げられない労働者に対して高額な給与を払う余裕が無くなっていたのです。年功序列の場合、仕事で大きなミスを繰り返したりしない限りは勤続年数を重ねる事である程度昇進・昇給が出来ます。年長者の中には給与が高いにも関わらず、能力がそれに見合っていないというケースもあるでしょう。業績悪化によって経営の効率化を求められた多くの企業では、人事面で「年功序列制度の見直し」を断行し始めたのです。

1-3.能力主義や結果主義との違い

成果主義は「能力主義」や「結果主義」といった制度と混同されてしまいがちです。これらは似ている側面もありますが、明確に使い分けされている場合が多いのでしっかりと違いを把握しておきましょう。例えば能力主義では「仕事をこなすためのスキル」が人事評価の最重要項目となっています。その人に優れた能力が備わっていると判断されれば、売上や契約数といった仕事上の成績や成果主義ほど重要視されません。他方で、結果主義は「仕事上での成績(数値やデータ)」が評価の全てとされています。どれだけ努力を重ねても、結果を残す事が出来無ければ評価される事はありません。成果主義は「結果を出すまでのプロセス」もある程度評価に加味されるという点で結果主義と異なります。
 

2.成果主義は浸透しているか

バブル崩壊以降に年功序列制度の見直しが必要となり注目された成果主義ですが、実のところ現代日本ではまだまだ普及が十分ではないという見方が強いです。例えば厚生労働省が実施した「平成30年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況」という調査では、調査対象となった企業の85.1%が「定期昇給制度がある」と回答しています。つまり、日本の大半の企業ではまだまだ年功序列の風潮が根強く残っており、勤続年数に応じた昇給人事を行っているのです。

「成果主義を導入している」という企業も少なからず存在する事もまた事実ですが、その中でも制度を上手く活用出来ずに悪戦苦闘しているところも少なくありません。結局、労働時間の長さや人事担当者の心証などによって評価が決まってしまうというケースも散見されています。日本の保守的な国民性も相まってか、従来の年功序列制度から脱却するのは簡単ではない事が伺い知れますね。
 

3.成果主義のメリット

まだまだ普及段階の成果主義ですが、制度自体には企業側・労働者側双方に多くのメリットが期待されています。ここからは成果主義の企業で働く事でどのような恩恵があるのかについて掘り下げてみましょう。

3-1.企業側のメリット

企業が人事評価に成果主義を導入すると、結果的に社内の生産性向上が期待出来るというメリットがあります。成果主義で自分の評価が決まると分かっていれば、労働者は仕事に手を抜く事が出来ません。昇給・昇格を目指すためには能動的な努力を継続し、自身のスキルを高めて仕事で結果を出す必要があるからです。チームで仕事をこなす職場であればスタッフ同士の連携も密になり、上司と部下の間での報連相も活発になります。成果主義を上手く活用する事が出来れば、生産性向上のみならず社内全体の活性化にも効果が期待出来ると言って良いでしょう。

成果主義を適正に実施する事は「努力して結果を出した労働者を公正に評価する」という事を意味します。こうした公平な人事評価は社内での不満抑止に効果的であり、ひいては離職率の低下にも繋がるのです。優秀な人材を長期に亘って自社で確保する事が可能になります。逆に、仕事に対する姿勢に意欲が無く成果を上げられない労働者の給与は据え置きで問題ありません。然るべき人材へお金をかけられるようになるため、成果主義は効率的な人件費運用も実現可能です。

3-2.労働者側のメリット

労働者側が成果主義の下で働くメリットとしては、まず「年齢・勤続年数・性別に縛られず昇給・昇格のチャンスがある」という点が挙げられます。従来の年功序列でも若くして出世する人は存在しましたが、そういった事例は多くありませんでした。先輩社員たちよりも成果を上げているにも関わらず、勤続年数が短いからというだけの理由で昇給・昇格が先送りされてはモチベーションも上がりませんよね。また、昔ながらの習慣が根強い企業では女性社員の昇給・昇格が難しいというケースもあります。成果主義では自分の頑張り次第で年収アップやキャリアアップが可能なので、若手社員や女性社員のモチベーション向上に効果的です。

こうした実力重視の風土で若手が活性化すると、触発された上の世代の社員も負けじと仕事熱心になる傾向が見られます。年長者であろうと成果を上げられなければ給与が伸びないどころか、若手に役職を取って代わられる可能性もあるでしょう。成果主義によって社内全体が活性化すると、上下関係に囚われない意見交換や交流が盛んになります。言いたい事をハッキリと発信出来るフラットな企業風土は、働きやすい職場の条件として重要と言えるでしょう。
 

4.成果主義の課題

多くのメリットが期待出来る一方で、成果主義には克服すべき課題点も指摘されています。例えば成果主義ではあくまでも「仕事の個人成績」が重要視されるため、数字やデータで成果として残らない仕事を嫌がる労働者が増える傾向があるので注意が必要です。目先の契約・販売数などに気を取られるあまり、中長期的な視点が疎かになりがちになります。先々のビジョンを持てなければ個人のキャリア形成が曖昧になる他、企業としても経営方針のコントロールが難しくなるでしょう。自分の成績にカウントされないため他者のフォローをしたがらない労働者が出てくる可能性もあります。また、業態や部署によっては成果が数字として残りにくい場合もあるでしょう。こういったケースで公正な人事評価を実施するには評価担当者の負担が大きく、成果主義のノウハウが整うまでは苦戦を強いられる場面も少なくありません。
 

5.成果主義が成功する企業とは?

前述した成果主義の課題点は企業側の取り組み次第で解決する事も可能です。まず、評価基準の設定については柔軟なスタンスで向き合う事が重要とされています。部門・部署ごとの業務内容や状況に合わせて評価基準はそれぞれ調整しましょう。数字やデータでの判断が難しいようであれば、成果物や意見のクオリティなども評価基準に組み込むのがベターです。また、短期的な個人成績で評価を区切るのではなく、中長期的な視点も加味した評価基準で労働者のモチベーションを維持する企業が成功しています。

成果主義は企業が労働者に対して一方的に成果を求める制度ではないという認識も大切です。成果主義が上手く機能している企業では、労働者のマネジメントやサポート体制が充実しています。仕事に集中して成果を出しやすい環境が整っている企業こそが、成果主義を体現していると言っても過言ではありません。一度策定した評価基準でも、必要に応じて労働者が納得出来るものに改善し続けられているかどうかも重要です。こうした取り組みを継続して行い、労働者のモチベーション維持に成功している企業であれば成果主義が正常に作用するでしょう。
 

6.成果主義が向いている人とは?

成果主義は万人受けする制度ではなく、人によって向き不向きがあります。実力が物を言う成果主義の世界では、自分の現状に満足しているとすぐ周囲のライバルに追い抜かれてしまうでしょう。したがって、向上心があり常に自分の限界に挑戦したいと考えられる人は成果主義に向いている代表例です。特に外資系企業では語学力や異文化理解など、じっくり時間をかけて学んでいく事も少なくありません。自分を磨きながら仕事をこなし、努力の成果で仕事を評価されたいという人にとって成果主義はやりがいに満ちた環境になると言えるでしょう。

なお、実力社会となる成果主義の企業では人事によって大きく人員配置が変わるといった事も珍しくありません。新しいチームメンバーと良好な関係を築き、今までに無かった取り組みにも積極的な姿勢が求められるシーンも多いです。そういった意味では、変化を恐れずチャレンジ精神旺盛な人も成果主義への適性があると言えます。
 

成果で評価されたいなら成果主義の会社を選ぼう

様々な変化が進んでいる日本企業ですが、成果主義で働きたい人にとって適した職場探しは簡単と言える状況にまでは至っておらず、よしんば成果主義の企業を見つけても、上手く運用出来ていなかったり実態が異なったりというケースもみられます。外資系企業は成果主義で働きたい場合にはおすすめです。成果主義に向いている人にとっては働きやすい環境が整っているので、外資系企業への転職も選択肢に入れてみてください。

外資系転職マイケル・ペイジへの無料登録はこちら

→外資系の求人をチェックする

その他、働き方のヒントが見つかるコンテンツ

ハイブリッド勤務の効果的な活用方法や導入するメリットを解説

新型コロナウイルスの収束後も在宅勤務をすることのメリット

【女性必見】理想の働き方とは?女性の労働環境について徹底解説
 

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます