コロナと在宅ワークの関係

新型コロナウイルスの感染者が増えて各地で自粛要請が出ている中、可能な限り在宅勤務をすることも感染予防として非常に重要です。オフィスでの仕事においては、テレワークを始める会社も増えています。そもそも自宅と会社を行き来することで、人が密集する場に行かなければならない機会が増えてしまいます。満員電車や繁華街での人混みなどは避けられません。さらにオフィス内での感染が起きる可能性もあるでしょう。そんな中で、在宅勤務であれば安心して働くことができるのです。

在宅ワークをするメリット

新型コロナウイルスが収束してからも在宅勤務を続けることには、多くのメリットがあります。まず通勤ラッシュに揉まれて通わなくて良いですし、通勤時間をほかの用事に使うことができます。毎日の通勤が体力的に疲れるという人も多いので、自宅勤務で済むことはストレスや疲労回避にもつながるでしょう。

インフルエンザの流行る時期も、電車で通わなくても良いのは安心です。さらに2021年にはオリンピックが開催予定ですが、そうしたイベント時期にも電車内での混雑を緩和できるというメリットも生まれます。自宅勤務であれば残業時間も減りますし、家の用事を行いやすくなる点も主婦にとっては助かるはずです。家事育児をしながら仕事ができるので、ママさんも収入を得ることができます。保育所などに預けずにそばで見ながら働けるのは、育児費用の節約にもつながるでしょう。ワークライフバランスを維持するために、在宅ワークはおすすめ働き方スタイルといえるのです。

ここに気を付けて在宅勤務を続けていこう

在宅勤務には多くの魅力がありますが、やはり職種によってはITセットアップの難しさなどの問題も出てきます。自分自身で計画を立てなければ、自宅でうまく働くリズムを掴めない人もいるかもしれません。通勤がないので、自宅に引きこもってしまって運動不足になる可能性もあるでしょう。

うまく在宅で働くためには、やるべき仕事内容の時間割を作ることも一つのコツです。適度にストレッチ運動などの気分転換を入れながら行いたいものです。そうすることで、通勤するよりも心身共にストレスや負担は減ると言えます。これからの世の中、新型コロナウイルスが一段落しても、人間が健やかに安全に働くためには在宅勤務やフレックスタイムは重要視していくことが必要といえるでしょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます