適応障害でも転職は成功する!対策や注意すべきポイント解説

「適応障害」という病名は聞いたことがあっても、内容はよくわからないという人も多いかもしれません。そのため、当事者は周囲の無理解に悩んでいることもあるでしょう。転職が一番の対策になることもありますが、病気を抱えて転職活動をするには不安もありますよね。そこでここでは適応障害の人の転職活動について、病気への対策や注意すべきポイントなどを中心に解説します。
 

1.適応障害とは?症状や原因は

適応障害とはどのようなものなのでしょうか。その特徴や症状、原因について解説します。

1-1.適応障害の特徴と症状

適応障害は、特定の環境や状況から来る強いストレスに対応できず、心身に様々な症状が出る精神疾患です。精神的な症状としては不安や焦り、緊張や恐怖、それに思考力や集中力の低下といったものがあります。身体に現れる症状には動機や発汗、不眠や食欲不振などがあり、そのため遅刻や欠勤を繰り返すようになります。

適応障害の一番の特徴は、原因の特定が比較的容易であるということです。うつ病と異なり、ストレスから離れることで回復が見込めるのが大きな特徴で、とにかくストレス源から離れることが推奨されます。もし長期にわたってストレスが解消できずにいると症状が悪化し、うつ病など他の精神疾患に移行することもあります。そのため、適応障害を発症した際は、何をおいてもまず回復を最優先させるべきです。

1-2.適応障害が起こる原因

適応障害の原因は強いストレスです。ストレスの要因には様々なものがありますが、例えば職場であれば仕事の失敗や上司からのパワハラ、人間関係の問題、それに業務の負荷や長時間労働といったものが挙げられるでしょう。個人的な要因としては大切な人との死別などがあります。何が要因になるかはまさに人により、千差万別です。

また、意外に思われるかもしれませんがストレスの元となるのはこうした辛い体験ばかりではありません。昇進や進学、結婚や出産など本来喜ばしいはずの出来事が引き金になることもあります。これはその出来事が喜ばしいか否かに関わらず「環境の変化」を引き起こしているため、と考えられています。
 

2.適応障害が起こったときにすべき4つのこと

適応障害になってしまったらどうすればよいのでしょうか。取るべき対策について説明します。

2-1.1.医療機関を受診し治療する

適応障害の疑いがあるときは、決して自分で何とかしようなどと考えず、とにかく早く心療内科や精神科を受診しましょう。適応障害はれっきとした精神疾患であり、専門知識のない素人がどうにかできるものではありません。我慢すれば良い、心の弱さが問題だ、など勝手な判断で治療開始を遅らせると、その分回復も遅れてしまいます。医療機関での専門医による適切な治療以上に良い対策はありません。早期に回復するために、できるだけ早く治療を受けましょう。

また、治療を始めて良くなってきたからといって、自己判断で勝手に通院をやめてはいけません。せっかく治ってきたものが、中途半端な状態で治療をやめたために余計に長引くこともあるからです。完治するまできちんと通院することが大切です。

2-2.2.業務量の調整や部署移動を願い出る

業務が多すぎて忙しさや勤務時間の長さなどがストレス源となっている場合は、上司に仕事量を調整できないか相談してみるのも一つの方法です。忙しいのは皆同じ、自分だけわがままなのでは、などと思ってはいけません。無理をして病気を悪化させ、仕事に穴をあけるようなことになればかえって迷惑をかけてしまいます。病気のときはとにかく悪化させないこと、そして早く治すことを最優先に考えましょう。

職場の人間関係が良くない、あるいは今の部署での仕事が自分に合っていない、といったことが原因と考えられるなら、人事などに部署移動を申し出てみると良いでしょう。

2-3.3.休職する

業務量の調整や部署移動が難しい場合、あるいはもはや会社そのものが辛いという状態であれば、一旦休職するのが良いでしょう。つまり一旦会社から離れ、しばらく療養に専念するということです。適応障害はストレス源から離れるのが最も大切です。辛い会社を離れ、家でゆっくり過ごせば気持ちや体調を整えることができるでしょう。

休職制度の有無や期間の上限などは会社の就業規則で定められているので、まずは確認しましょう。労災が認められない場合、給与は支払われないことがほとんどですが、健康保険に加入していれば適応障害による休職には傷病手当が出ます。条件によりますが、大体給与の3分の2程度が支給されます。休職中の生活を支え、安心して療養に専念できるようにしてくれるものなので必ず申請しましょう。

2-4.4.転職する

精神疾患に関する理解は必ずしも広まっているとはいえません。そのため適応障害のことを相談しても、会社や上司に理解がなく配慮もしてもらえない、というケースもあります。せっかく休職して回復し、復職しても仕事や職場環境が以前のままでは、再発してしまう危険性もあるでしょう。そのような場合は転職を検討するのが良いです。

適応障害で会社をやめる場合、次の職場でもまた同じことが起きるのでは、と心配になるかもしれません。ですが、自分に合った職場に出会う可能性もあります。業務内容が変わり、人間関係もリセットされた新しい職場なら、自分に合った働き方ができる可能性は十分にあるのです。

関連記事:キャリアチェンジを成功させるための5ステップ
 

3.適応障害で転職する際に注意すべきポイントとは?

適応障害になり転職することを選んだ場合、再発を防ぐために重要なポイントがいくつかあります。ここでは、転職活動をスムーズに進めるために注意したい4つのポイントについて解説します。

3-1.転職活動をしていいか医師に確認する

転職活動を始める際には必ず主治医に相談し、転職活動を始めても問題ない状態かどうかを確認しましょう。転職活動はそうでなくても緊張し、プレッシャーなどの精神的負担を感じやすいものです。十分に回復していない状態で無理にチャレンジすれば、悪化してうつ病になってしまうこともあります。焦る気持ちもあるかもしれませんが、あくまでも医師の判断に従い、無理だと診断された場合は十分回復するまで休みましょう。

3-2.自己分析に時間をかける

転職活動を始めるに当たっては、時間をかけて自己分析を行い、自分自身をよく理解することも大切です。自分はどのような状況でストレスを感じやすいのかを知ることで、適応障害の発生原因を認識することができます。そうすれば、症状の再発や悪化のリスクが少ない職場を探すことができるでしょう。また、転職先を選ぶには発症リスクが少ないというだけでなく、転職理由や志望動機も重要です。面接でこれらのことを聞かれたとき、きちんと答えられるようにするためにも自己分析は大切です。

関連記事:復職したい!休職を余儀なくされた実情を打開するための転職計画

3-3.適応障害経験者でも働きやすい職場を探す

せっかく見つけた転職先で、再発してしまっては元も子もありません。そうした事態を避けるためには、適応障害になりにくい職場を探すことが大切です。残業や休日出勤がない、転勤や出張が少ない、フレックス制やリモートワークが可能、といった柔軟な働き方ができる職場が適応障害経験者には向いています。また、メンタルヘルスにきちんと取り組んでいる会社もおすすめです。面接の際には、病気のことを下手に隠して後から知られるよりは、正直に話す方が良いでしょう。それにより、仕事量や配属先を考慮してもらえる可能性もあります。

関連記事:働きがいとは?働きがいのある会社の特徴や見極め方を紹介

3-4.転職支援サービスを利用する

希望の条件にぴったり合う職場を自力で探すのは、なかなか大変です。そこでおすすめなのが転職支援サービスです。転職支援サービスというと、あくまで自分の希望やスキルなどに合った職場を探してくれるものというイメージがあるかもしれませんが、実は障害のある人に最適な職場を紹介するサービスも行っています。適応障害になったことを告げ、再発の恐れのない職場を探したいといえば、プロの転職エージェントが条件に合った職場を紹介してくれるでしょう。

関連記事:エージェントを利用すると転職を効率的に進められる?
 

適応障害なら自分に合った職場へ転職を

適応障害経験者は、自分に合った職場を見つけることがとても大切です。再発や悪化を防ぐためにも、ぜひストレスのない職場を探しましょう。大手の転職エージェント、マイケル・ペイジなら常に多数の求人があります。専門のエージェントが親身になってサポートし、プロの目で見極めた最適な職場を紹介してくれるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

履歴書を登録して相談する

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう