キャリアアップする方法の一つとして、外資系企業への転職を考えている女性も多いのではないでしょうか。ただ、実際に働いてみなければ、日系企業との違いもよくわからないものです。そこで、この記事では外資系企業の特徴や女性におすすめの業界・職種、またどんな女性が外資系企業に向いているか等について解説していきます。
 

1.外資系企業の特徴

就職や転職で人気の高い外資系企業ですが、どのような点に魅力を感じられるのでしょうか?ここでは、外資系企業の特徴について解説していきます。

1-1.実力・成果主義

外資系企業には、日系企業でよく採用されている「年功序列」という仕組みがありません。基礎となる最低限の給料に、成果に応じた報酬が付与される「インセンティブ制度」が導入されています。年齢や社歴の長さは関係なく、スキルや実績が評価の対象となる実力主義の世界です。「実力はあるのに経験年数によって昇進試験が受けられなかった」「成果を出しているのに給与が上がらない」など、理不尽な思いをする必要もありません。年齢や性別は関係なく、頑張り次第でどんどんステップアップしていくことができます。自分の実力が正当に評価されるため、仕事に対してやりがいを感じ、モチベーションを上げられるのも魅力と言えます。

関連記事:「成果主義」で働いてみたい!能力主義との違いや向いている人

1-2.結婚後の出産・子育てなどに理解がある

女性の社会進出は徐々に進んでいますが、他の先進国より遅れているのは否めません。これは日本では妊娠や出産など家庭環境に大きな変化があると、従来通りの働き方を続けるのが難しくなり、退職や転職を余儀なくされるという背景があります。もちろん日系企業でも産休・育休制度は設けていますが、そもそも子育ては1年や2年で終わるものではありません。子供が体調不良になれば早退や欠勤しなければならず、何度も同じようなことが続くと職場に居づらくなってしまうのです。

一方、外資系企業は産休や育休の取得を積極的にサポートしており、社員は当然の権利として取得できます。効率性や生産性を重視しているからこそ比較的柔軟な働き方も可能となり、例えば子育て中の女性なら「短時間勤務」を選べば、子供と過ごす時間もしっかり確保できます。また、企業によっては、子育てしながらでも働きやすい部署へ異動させてくれる所もあります。家事や育児と仕事の両立も無理なく行える環境なので、妊娠や出産で自分の夢や目標を諦める必要も無いのです。
 

2.外資系企業に向いている女性とは

外資系企業に向いている女性とは、まず向上心があるタイプです。成果主義を導入しているため、結果を出すとそれ相応の評価が受けられます。年功序列で悔しい思いをしていた人や自分のスキルを活かして収入を上げたいという人には理想的な職場と言えます。また、外資系企業は年齢や性別は一切関係のないフラットな労働環境です。男性がリーダーであるべきという考え方はなく、女性社員向けのリーダー研修なども積極的に行われているので、仕事をバリバリこなし、キャリアアップしていきたいという女性にも向いています。そして、仕事だけではなく、プライベートも充実させたいタイプにも、日系企業より外資系企業の働き方の方が合っているかもしれません。フレックスタイム制や在宅勤務を採用している企業なら、勤務時間も自由に決められます。残業は比較的少なめで、業務時間外に接待や飲み会などで時間を拘束されることもないので、家庭の時間も大切にできるのです。
 

3.外資系企業は女性にとって働きやすいのか?

日系企業で働く女性は、男性より収入が少ない傾向にあります。また、結婚や出産によってキャリアが阻まれることもあり、立場や待遇面で不平等さを感じる女性も少なくありません。その点、外資系企業は経験やスキルが評価に結びつくため、女性でも実力さえあればどんどん昇給や昇進していくことが可能です。さらに、子育てに理解のある企業も多く、子供との時間を十分に確保できるよう勤務時間を調整したり、職場の異動を提案したりするなどして、ワーキングマザーを様々な角度からサポートしてくれます。日系企業で働く上で起こり得る課題がクリアでき、女性にとって理想的で働きやすい職場と言えますが、その代わりにしっかりと成果を出し続けなければいけません。成果が出なければ減給や降格、さらには契約終了を言い渡される可能性もあります。成果主義はシビアでドライな面もあり、常にプレッシャーがつきまとうという点は覚えておいた方が良いかもしれません。
 

4.外資系企業に転職するときに年齢は重視される?

転職活動の際、年齢がネックになることが多いですが、外資系企業への転職に関しては年齢はあまり重視されません。スキルや経験、パフォーマンスに重きを置いて採用していくため、30代でも40代でも転職は可能です。そもそも外資系企業は人材育成という考えはなく、即戦力を求める傾向にあります。つまり、企業が望むスキルや経験が備わっているなら、日系企業よりも転職しやすいかもしれません。ちなみに、20代の場合は経験が乏しく、明確なスキルを持ち合わせていなくても、将来的に成長できるという期待を込めてポテンシャル採用となるケースもあります。
 

5.外資系企業で働く女性の年収

外資系企業へ転職した場合、年収は前職をベースに設定されます。経験やスキルが評価の対象となるので、入社時点で高い評価を得られると、いきなり高額な年収を提示されるかもしれません。もちろん、入社してからコツコツと成果を積み上げていけば、企業の業績に関係なく収入アップは望めます。また、男女の間で収入に差はありません。実力主義でフラットな環境だからこそ、成果を上げた人が高く評価され、それに見合った収入が与えられるのです。
 

6.未経験から外資系企業に転職したい女性におすすめの業界・職種

外資系企業は即戦力や業務のスペシャリストを求む傾向にあります。つまり、経験が無ければ採用される可能性は少なくなります。とはいえ、全くチャンスが無い訳ではなく、何かしら業務に活かせるスキルを持っていたり、活躍したいという強い意欲をアピールしたりすれば採用されるケースもあります。ここでは未経験からでも挑戦しやすい業界、職種について解説していきます。

6-1.製薬業界のMR職

製薬系は女性が活躍しやすい業界で、中でもMR職は女性の募集が多い職種です。ちなみに、MR職とは医師や薬剤師などに自社医薬品の情報を提供する、医療現場から医薬品の効果や副作用についての情報を収集して、開発担当者に伝えるという役割を担っています。もちろん、全くの無知の状態では仕事になりませんが、知識やスキルを身につけると大きな仕事を任されるようになり、仕事のやりがいも感じられるようになります。また、年齢は関係なく、長く現場で活躍することも可能です。いわゆる営業職となり、数字で評価されるのでシビアな面もありますが、歩合制を採用している企業であれば、自分の頑張り次第で高収入が得られます。

関連記事:外資系製薬会社のMRはなぜ高収入?なるために必要な条件とは?

6-2.生命保険業界の営業職

生命保険会社も女性が転職しやすい業種で、特に営業職は女性を積極的に採用しています。未経験者歓迎の企業も多いので、保険について何も知らないという人でも心配いりません。研修制度や福利厚生制度が整っている企業が多く、きちんと教育を受けてから仕事をスタート出来ます。保険サービスの新規契約をする営業が具体的な仕事内容で、契約数が多ければ多いほど高い報酬が得られます。また、オンオフの線引きが明確で、プライベートな時間もしっかり確保できる点も魅力と言えます。
 

外資系企業に転職してキャリアアップを目指そう

外資系企業は成果主義であり、男女間に差はありません。自分の仕事に対して見合った評価を受けるので、理不尽な思いや不満を抱えることも無くなります。どんどんキャリアアップしていきたい女性に向いており、もし興味があるならば、転職を検討してみてはいかがでしょうか。わかりやすく努力が結果に反映されるため、より仕事にやりがいが感じられるようになるかもしれません。

マイケル・ペイジでは外資系企業をはじめとした求人情報を多く掲載しており、キャリアップのサポートを行っています。興味のある方はぜひ一度登録してみましょう。

マイケル・ペイジに履歴書を送信する / 求人を見てみる

知っていますか?

Mimosa

3月8日は「国際女性デー(International Women's Day」!「国際女性デー」とは世界中の女性の平等と権利を守るために国連によって、今から47年前の1975年に制定された記念日です。毎年異なるテーマが定められ、2022年のテーマは「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま(Gender equality today for a sustainable tomorrow)」と発表されました。

また「国際女性デー」を代表する花があることをご存知ですか?実はイタリアでは同時期に黄色いミモザの花が咲くことから3月8日は「ミモザの日」としても親しまれ、男性が女性に日頃の感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る特別な日でもあるそうです。

「国際女性デー」のテーマでもある「ジェンダー平等」。男性も女性も平等に輝ける「明日」を作るために、私たちが「今」出来る事とはなんでしょう?

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます