入社1ヶ月目の計画を実際にこなし、最初の1ヶ月を無事に乗り切ったら、今度はその計画を見直す時です。1ヶ月経つと、社内メンバーの把握、チーム内での自分の立場、自分に期待されていることが何か大体わかるようになります。では、その次にするべきことは何でしょうか?

この記事ではいち早く成果を出すために、入社2ヶ月目にやっておきたいことをステップごとに紹介します。

>>ダウンロードする:入社2ヶ月目のチェックリスト


入社2ヶ月目のプラン

ステップ1:上司と再度面談の機会を設ける

新しいオフィスに慣れ、日々の業務にも慣れてきたところで、最初の3ヶ月間の計画について上司と話し合いの時間を持ちましょう。その際、計画を実行するためにどのようなステップを踏むべきか、一緒に考えられると良いでしょう。

ステップ2:優先順位を再考する

転職1ヶ月目のプランでは、ビジネス全体のゴールと優先事項を理解し、自分の役割がその中でどう位置付けられているのかを明確に決めるという目標を設定しました。転職2ヶ月目の今、あなたは自分の立場や期待されていることについて以前よりもはっきりとした認識を持っているはずです。1ヶ月目に作成したビジネス全体の優先順位リストを確認し、この一ヶ月で学んだことを足していきましょう。

ステップ3:重要なステークホルダーを特定する

あなたが新しいポジションで成果を出すためには、直属のチームや上司と良い関係を持つだけではなく、重要なステークホルダーを特定することが重要になってきます。これらの重要なステークホルダーを特定したら、彼らとのミーティングを設定し、彼らの役割を理解するとともに、ビジネスの目標を達成するにはどのように協力する必要があるのかを考えてみましょう。

最初の3ヶ月の計画を立てて、次のステップを決めたら、今度はそれを達成するための戦略を立てましょう。この時期は、転職先で自分の経験やスキルを活かせる分野は何か考えてみる良いタイミングでもあります。自分が今担当しているプロジェクトだけではなく、より広い会社の目標や上司、チームに対して自分が何ができるかを考えてみてください。

ステップ4:成果物を再設定する

最初の1ヶ月に決めたものから、成果物が変わる場合もあれば変わらない場合もあります。上司との話し合いの結果、新しく成果物を設定した場合は、必ず計画を更新してください。これらの新しく設定した成果物に基づいて、今後の1ヶ月間に対する計画を立てます。

ステップ5:メンターを見つける・スキルアップ計画を立てる

マーケット、顧客、製品やサービス、自分が使う必要のある主要なシステムやプロセスについてしっかりと理解したら、今度はメンターを見つけることを検討しましょう。この点については、上司と話し合っても良いでしょう。メンターになって欲しい人物を人物で見つけた場合は上司に提案もできますし、まだ見当がつかない場合も上司におすすめの人がいないかを聞くこともできます。自分の役割を指導してくれる最適な人物が決まったら、その人に連絡を取り、公式または非公式にメンターになってもらうよう手配をします。

またこの時期には仕事に必要なスキルや知識を再評価し、必要があれば自分のスキルアッププランに追加してください。自分のポジションで達成したことは、今後の人事評価や昇格の際の判断材料として記録しておくべきです。


転職先でスタートダッシュを切るためのコンテンツ:

入社1ヶ月目:スタートダッシュを切るための5ステップ

入社3ヶ月目:転職先でいち早く成果を出すために確認したい3つのこと


入社2ヶ月目のチェックリストはこちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます