ファンドマネージャーとは?仕事内容・年収・必要なスキルを紹介

顧客の資産運用に携わる仕事はいくつか種類がありますが、その1つがファンドマネージャーです。一般的に高年収で知られるファンドマネージャーについて、ハードな仕事というイメージを持つ人も多いでしょう。しかし転職先として検討する場合は、職種について正しい知識を身に付けることも大切です。そこで今回はファンドマネージャーの仕事内容・年収・求められるスキル・将来性やキャリアパスについて網羅的に見ていきましょう。

ファンドマネージャーの求人はこちら
 

1.そもそもファンドマネージャーとは?

ファンド マネージャーのファンドとは「投資信託」と呼ばれる金融商品です。投資信託は投資家から預かった資金をその道のプロフェッショナルがまとめて金融マーケット上で運用することで、利益を上げて持ち主へ還元する仕組みになっています。ファンドマネージャーはこの投資信託の運用全般を取り仕切るのが仕事です。基本的な働き方としては投資信託会社をはじめとする運用会社に就職して、アナリスト・エコノミスト・ディーラー・トレーダーなどとチームを組むスタイルが挙げられるでしょう。投資信託の世界は様々な要素を考慮した上で的確な判断を適切なタイミングで下す必要があるため、各分野のスペシャリストと協力しながら仕事に取り組むのが一般的です。ファンドの運用は数億円~数百億円規模におよぶこともあり、責任ややりがいの大きな仕事であると言えますね。

関連記事:【完全版】外資系金融の特徴や仕事内容は?求人についても教えて!
 

2.ファンドマネージャーの主な仕事内容4つ

ファンドマネージャーが投資信託の運用において担当する仕事内容は、主に次の4つとされています。転職を決断する前に、仕事の具体的なイメージを掴んでおきましょう。

2-1.1.国内外の金融市場・世界情勢の動向調査

ファンドマネージャーは取り扱う投資信託を適切に運用するための情報源・判断基準として、国内外の金融市場や世界情勢について最新の動向を調査することが仕事の1つです。ファンドには様々な銘柄が存在しており、その組み合わせや比率のことを「ポートフォリオ」と呼びます。金融市場は他の市場や世界情勢から影響を受けて状況が変化しやすく、売買のタイミングやポートフォリオの調整は適宜見極めるのが基本です。そのため、ファンドマネージャーは市場が開く前の早朝から様々な情報を仕入れた上で、その日の市場における戦略を立てます。

2-2.2.ファンドの運用

ファンドマネージャーは投資信託会社で組まれるチームの中で、ファンドの運用方針を決めるリーダー的なポジションに位置づけられるケースが多いです。アナリストやエコノミスをはじめとするチームメンバーと定期的にミーティングを行いながら、市場動向や銘柄分析といった最新情報を全員で共有します。投資する銘柄や資金運用の方針をまとめるのはファンドマネージャーですが、チームメンバーからの意見も参考にしながら多角的な視点で策定することが重要です。投資信託の運用は、あくまでチームプレーであることを念頭に置きましょう。

2-3.3.企業調査

投資先となる企業の動向は、ファンドの運用で利益を上げられるか否かを左右する重要な要素の1つです。したがって、従来はアナリストが専門的に行っていた投資先企業の調査をファンドマネージャーも行うケースが増えています。投資家から預かり受けた莫大な資金を運用するファンドにとって、企業調査はそれほど注力すべき業務なのです。例えば投資先候補となっている企業の決算説明会に参加する、あるいは財務諸表を細かく分析するといったアプローチが挙げられます。また、必要があれば投資先企業へ直接赴いて経営状態を確認したり、現場で得た情報から業績を予想したりといった方法をとる人も居るので参考にしてみてください。

2-4.4.報告書の作成・送付

ファンドマネージャーをはじめとするチームが運用する資金は、自分たちのものではなく投資家のものです。したがって、どのように運用してどれくらいの成果が得られたのかを投資家に報告することで、お互いの信頼関係を維持することも求められます。そのための運用報告書やレポートの作成および送付は、一般的にファンドマネージャーの仕事です。専門分野の話でも、できるだけ分かりやすい言葉で投資家に説明・報告するように心がけましょう。
 

3.外資系企業におけるファンドマネージャーの年収

転職希望者にとって重要な要素である年収事情ですが、ファンドマネージャーに関して言うと国内系と外資系で大きく異なるので注意しておきましょう。基本的にファンドマネージャーは外資系やヘッジファンドを扱う人の年収が高い傾向にあります。特定の大口投資家を対象としているヘッジファンドは動く金額も大きく、その分だけファンドマネージャーの報酬も高くなるのです。外資系では特に証券会社に勤めるファンドマネージャーが高収入として知られています。一概に平均年収を算出することは難しいですが、1つの目安としてヘッジファンドの場合は年収1000~2000万円前後で推移すると考えておくと良いでしょう。国内系の場合はもう少し低く、外資系の場合は気持ち高めの年収になるイメージです。

なお、ファンドマネージャーは実力がものをいう職種であるため、効率的に年収を上げていくためには案件の数をこなしてトラックレコードを作ることを意識してください。トラックレコードとは投資信託の運用実績のことで、言わばファンドマネージャーとしての履歴書のようなものです。

関連記事:外資系企業の年収に見られる特徴!日本企業との違いは?
 

4.ファンドマネージャーの仕事で役立つスキル

ファンドマネージャーにとって金融関係の知識が必要なのは言わずもがなですが、他には以下のようなスキルが仕事に役立つので積極的に身に付けておきましょう。

4-1.英語力

ファンドマネージャーは国内に留まらず、海外の金融市場や世界情勢の動向を読み解く必要があるため相応の英語力が求められます。英語は公用語となっているばかりでなく、世界経済の中心地であるアメリカやイギリスの母国語であるためファンド運用において多くの情報が英語で流れてくるのです。現地のニュースやレポートを見聞きしてスムーズに理解することができれば、ファンドマネージャーとしての仕事に役立ちます。特に外資系企業への転職を検討している場合は海外の関係機関とやり取りすることも多いので、英語の読み書きだけでなくリスニング・スピーキングのスキルも磨いておきましょう。

関連記事:外資系企業で働くには英語力はどれくらい必要?

4-2.政治・経済・社会などに関する知識

ファンドマネージャーとして投資家の大切な資金を的確に運用するためには、金融市場に限らず政治・経済・社会全般に関わる幅広い見識を持つことが大切です。人間が社会の中で営むありとあらゆる行いは、巡り巡って金融市場に影響をおよぼす可能性があります。ニュースや新聞などで常に最新動向をチェックするのはもちろんのこと、資格を取得して各分野の知識を体系的に学ぶというのもおすすめです。例えば「日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)」は、多くの現役ファンドマネージャーが金融・投資関連の知識を体系的に身に付けるために取得しているので目指してみるのも良いでしょう。

関連記事:外資系企業の必須スキルは?定番から意外なものまで7選ご紹介
 

5.ファンドマネージャーの将来性

コロナ禍・デジタル技術の発達・世界情勢の大規模な変化など、世の中が目まぐるしく移ろう中で企業や個人の資産形成に対する関心は高まっています。不安定な状況の中で、いかに自分の資産を増やして守っていくかを考える人が増えているのです。こうした背景から、ファンドマネージャーの需要も高まって活躍の場が広がっていると言われています。なお、投資信託運用の仕事は技術開発の躍進が目覚ましいAIに取って代わられるのではないか、という指摘もありました。

しかし実際には投資先企業の経営層と積極的なコミュニケーションを図るアクティビスト投資のようなスタイルも存在するため、人工知能に投資信託業務を任せるのは適切でないという声が多いです。投資や運用をプロフェッショナルの人間に依頼したいという需要は、今後も高い水準を維持すると見られています。したがって、ファンドマネージャーが求められる場所も多く将来性は高いと言って良いでしょう。
 

6.ファンドマネージャーのキャリアパス

外資系企業やヘッジファンドの年収が高いのは先に述べた通りですが、いきなりそうしたハイクラスの求人にチャレンジするのは現実的ではありません。ファンドマネージャーとしてのキャリアをスタートさせるには、日系のファンド運用会社でアナリストやディーラーの経験を積むのが一般的です。ある程度ノウハウや経験が身に付いた段階で、ファンドマネージャーに転職するのが良いでしょう。このタイミングで積み重ねてきた実績が十分であれば、外資系企業への中途退社も視野に入ります。また、ファンドマネージャーとして成果を出し続けた後は、より良い条件を求めて同業他社に転職する人も少なくありません。優秀なファンドマネージャーは業界内の各社からヘッドハンティングされる事例も多いのです。
 

やりがいのあるファンドマネージャーの仕事に挑戦してみよう

世界情勢や経済市場の動向を見極めて、巨額の資金を運用するファンドマネージャーはやりがいの大きな仕事です。特に外資系やヘッジファンドの場合は高収入が見込めるため、年収を重視する人にとっても魅力的な職種と言えます。英語力向上や関連資格の取得によって効果的な年収アップも望めるでしょう。日系のファンド運用会社からキャリアをスタートさせて、優秀なファンドマネージャーとして活躍する未来へ踏み出しましょう。
 

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう