外資系企業と日系企業には企業文化に差があることが多いです。人事の仕事内容についても違いがあるため、外資系企業への転職を検討しているなら、日系との違いを把握しておかないと転職活動につまずいたり、仕事に馴染めなかったりするでしょう。この記事では、外資系企業の人事の仕事内容や採用方法について、日系企業との違いを交えながら説明します。

1.人事の仕事にも違いがある!外資系を日系と比べてみよう

まずは外資系企業と日系企業との人事の仕事内容を比較してみましょう。日系企業で人事の主な役割である採用活動や人事異動、退職にともなう活動について紹介します。

1-1.中途採用は通年採用、新卒は企業によって行っていない場合もある

外資系と日系企業では新卒の採用状況に違いが見られます。まず、日系企業では新卒を対象に一括採用が行われることが多いです。春から夏にかけて、いわゆる就職活動シーズンとよばれる時期になると、多くの学生が就職活動に明け暮れることでしょう。一方、外資系では新卒の採用があまり行われません。外資系は実力主義の傾向が強いですが、採用活動についても同じです。求めているポジションにマッチするスキルを持っている人を採用するため、即戦力となる中途採用を通年実施しています。

大企業になると、外資系でも新卒採用を実施している場合があります。ただし、日本のように採用時期が固定化されているわけではありません。外資系に入社を希望する人は、卒業後すぐに就職すると決まっているわけではなく、家業を手伝ったり、ボランティア活動に勤しんだりさまざまな行動を取ることが多いです。このような学生の進路やライフスタイルに柔軟に対応しつつ優秀な人材を確保するため、外資系の新卒採用も、一年を通して行われています。

1-2.異動は自己申告制で本人主導

日本では、異動を決める際に、企業の人事部と部署の管理職の意見が重視されやすく、個人の希望は通りにくい場合があります。一方、外資系では、異動の主導権は人事部にありません。社内公募によって空いているポジションが公開されると、希望するポジションの募集を見つけた社員が名乗りをあげ、面接などの試験を受けた結果異動が決められます。部署の異動先についても、日系と外資系で違いがあります。日系ではジョブローテーションといって、一通りの仕事ができるようにあらゆる職種を体験する場合があります。入社してから数年程度の期間を、ローテーションに費やす日系企業もあるでしょう。また、総務から営業など、かなり仕事内容がかけ離れた異動も認められることがあります。一方、外資系では一貫したキャリア形成を追求する人が多いです。特定の分野のスペシャリストを目指していくので、職種の垣根を超えた異動を希望する人はあまりいません。

1-3.労務管理を行うのは現場マネージャー

日系では、勤怠管理などは人事部が担当しますが、外資系では現場マネージャーが部下の労働時間などを管理しています。仕事ぶりをよくチェックできる現場のマネージャーが労務管理・採用・退職・異動などの人事業務を担当するので、作業を効率よく行えます。人事部はこれらの業務をサポートするような役割で、労務管理にかかわる仕事のボリュームは、日系の人事よりも少ないといえるでしょう。

2.外資系の人事の主な採用方法

外資系の人事の主な採用方法を3つ紹介します。採用方法が日系と大きく異なることに注意しましょう。

2-1.職種別の採用

日系では、職種を限定せずに募集をかけ、一定の人数を採用したのちに研修や面談を行った結果、活躍が見込める部署に人材を配置します。一方、外資系では特定の職種に限定して募集をするので、契約以外の仕事をふられることはあまりありません。また、ポジションが空いた場合は社内の人材を抜擢するより、外部からポジションに適したスキルをもった人材を見つけてくるケースが多いです。実際、外資系では流動性が高く、ポジションについている人は頻繁に変わります。

2-2.インターンシップ直結

採用活動で、インターンシップに力を入れている外資系企業も多いです。日系企業のインターンシップでは、就職活動に備えて仕事を体験してみるといったイメージをもっている人が多いでしょう。外資系では、インターンシップといえどもスキルを見られています。戦力になると判断された学生には内定が与えられるので、インターンシップは単なる仕事体験の場ではありません。なお、採用につながる能力としては、コミュニケーション力やディベート力、文章力など現場で必要なスキルが重視されます。

専門知識などが不足していても、向上心が評価されるケースもあるでしょう。ただし、外資系ではインターンシップの場でも成果が求められます。インターンシップの期間は3か月~1年程度と長く、じっくり仕事に取り組んで成果をだしてほしいという狙いがあります。学生でも名刺を与えられたり、正社員と同じような立場で扱われたりという魅力はありますが、積極的に動いて結果を出さないと内定を得ることは難しいでしょう。

2-3.ジョブディスクリプション

ジョブディスクリプションとは、担当する業務内容や範囲、難易度などが記された職務記述書のことです。ジョブディスクリプションを見れば仕事の内容が一目瞭然なので、採用活動を行う企業側だけではなく、求職者にとってもメリットがあります。企業側は採用の可否を決めやすくなり、適材適所の人材配置をしやすくなるでしょう。また、求職者は自分のスキルが応募に足りるものかどうか判断しやすく、仕事の範囲が明確にわかるので安心して勤務できるでしょう。

ジョブディスクリプションに書かれていない内容の仕事は、やる必要がないことに注意しましょう。むしろ、勝手にほかの人の仕事を請け負うと責任問題に発展する場合があります。応募する際にはジョブディスクリプションを熟読し、自分が形成したいキャリアとマッチしているかよく考えねばなりません。日系企業であれば、最初に希望する職種につけなかったとしても、そのうち希望の部署に異動できるかもしれません。一方、外資系ではキャリアを変えることは簡単ではないので、応募する仕事内容についてよく考える必要があります。

外資系への転職はキャリアアップの機会にもなる!

外資系企業では個人の自由度が高く、グローバルな活躍が期待できます。外資系に転職することで、大いにキャリアアップのチャンスが得られるでしょう。なお、仕事内容は労務管理よりも採用活動に重きをおく傾向にあります。日系企業との人事の仕事内容や採用方法の違いを押さえ、前向きに外資系企業への転職を検討してみましょう。

人事の求人案件はこちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます