環境問題に携わる仕事がしたい方必見!需要が高い職種や年収などを徹底解説

地球温暖化や水質汚染、大気汚染といった環境問題は、日本のみならず世界規模の課題です。地球環境を守り美しい姿を後世まで残すために、環境問題に関わる仕事が重要な役割を果たしています。事実、業界を問わず環境系の職種は人材需要が高まっているのです。本稿では、環境問題関連の仕事についての概要や人気職種を詳しく紹介します。必要スキルや資格、目安年収なども併せて解説するので、仕事探しの参考にしてみてください。 

環境関連の求人はこちら

1.環境問題に関連する仕事の概要 

環境問題に関わる仕事と言っても、それだけではイマイチ具体的なイメージが湧かない人も多いでしょう。一般的に環境問題関連の仕事は、環境保護や公害防止を目的としたものを指します。細かく見ると「環境全般関係」「環境教育関係」「森林保全・緑化関係」「水・土壌の保全関係」といったジャンルに分けられるので覚えておきましょう。環境問題関連の事業は民間企業が手がけているものだけでなく、環境保全を目的としたNGOやNPO、公的機関など様々な組織が行っています。求人情報も幅広く出回っているため、公式ホームページや転職サイトをチェックすれば比較的すぐに目当てのものが見つかるでしょう。 

環境問題関連の仕事に就くには、専門高校や大学などの教育機関で専門的な知識を身に付けるのがベターです。需要や世間的な関心の高まりから関連資格の取得をサポートする人材育成・養成事業も増えているため、環境分野以外からの転職チャンスも広がっています。環境問題に関わる研究・調査といった業務は理系の知識が必要になるため、企業も理系学生を積極的に採用するのが基本的なスタンスですが、文系でも環境問題関連の仕事に携わることはできるので、自身の学歴や専攻分野に縛られずにチャレンジしてみてください。 

関連記事:環境問題に関連した仕事12選:仕事内容や勤務先を紹介
 

2.需要が高い環境問題関連の職種5選 

一口に環境問題関連の仕事と言ってもその種類は様々。初めて業界にチャレンジする人はどの仕事が自分に合っているのか迷ってしまうことも多いでしょう。ここでは環境問題関連の仕事の中でも特に需要が高い職種を5つ紹介し、仕事内容と併せて必要スキルや資格についても解説していきます。 

2-1.1.環境コンサルタント 

SDGsをはじめ、環境問題に対する取り組みは社会的な機運が高く民間組織でも独自の施策が求められています。しかし環境問題に関するノウハウはすべての組織が身に付けている訳ではありません。そういった組織に専門家としての立場からアドバイスや指導を行い、環境保全に貢献するよう努めるのが環境コンサルタントです。環境コンサルタントのクライアントは民間企業や各自治体が多いですが、場合によってはNGO団体などから依頼が舞い込むケースもあります。 

環境コンサルタントとして働くために特定の資格は必要ありませんが、文理を問わず幅広い知識が要求されています。環境問題そのものに関する科学的な知見はもちろん、コンサルティング業務を行うには経営者的な視点も必要です。現役の環境コンサルタントは大学で環境学や生物学を学んで就職した人が多いですが、業務範囲が幅広いため様々なスキルや知識、経験を積み重ねることが重要になるでしょう。特にクライアントへの提案力に直結するプレゼンスキルは、環境コンサルタントとしてのキャリアにも大きく影響します。就職先としては環境専門のコンサルティング会社や、都市開発会社に勤めるのが一般的です。 

2-2.2.環境計量士 

環境問題の現状を正確に把握するためには、まず状況の分析を行う必要があります。計量法に基づいた方法で専用装置を用い、環境に関する多種多様な計測・計量を行う職種が環境計量士です。環境計量士として働くにあたって、環境分析の業務を行うのであれば特定の資格は必要ありません。しかし分析報告書および計量証明書の発行を担当するには環境計量士資格の取得が求められます。1人前の環境計量士として働くためには、事実上資格取得が必要であると言えるでしょう。 

環境計量士の資格は経済産業省が所管する国家資格であり、合格率は平均して10%前後の難関資格です。したがって転職活動の段階から既に資格を取得しているという人はそう多くありません。一般的には環境コンサルティング業務や環境調査業務の実務経験を積み重ねつつ、資格試験の勉強を並行して進めるのが効率的とされています。環境計量士は主に大気、水質の調査や、騒音、振動の計量分析といった業務がメインです。対象となるフィールドが多岐にわたるため、クライアント企業からの要望によっては遠方への出張も多くなるので留意しておきましょう。 

2-3.3.ビオトープ管理士 

ビオトープ管理士は需要が高いだけでなく、文系出身者でも比較的目指しやすい環境系の職種としておすすめです。ビオトープとは野生動物の生息地域を指す言葉であり、ビオトープ管理士はその生息圏の保護が主な仕事となります。その他にも健全な自然環境の構築や、破壊された自然環境の復元なども重要な使命です。野生動物と人間が共生するのに相応しい自然環境の構築、維持に努めます。基本的には土木関係や造園系企業、ハウスメーカーなどに就職することが多いですが、環境省をはじめとする中央省庁および地方自治体でも一定の需要があるので求人をチェックしてみてください。なお、ビオトープ管理士は企画立案やプランニングを担う「ビオトープ計画管理士」と、設計や施工などの技術面を担う「ビオトープ施工管理士」に分かれています。 

ビオトープ管理士の仕事は現地でのフィールドワークも多く、野生動物や自然環境に触れる機会に恵まれているのも大きな特徴です。現場仕事や環境保全に強い関心がある人にとっては、大きな魅力ややりがいを感じられる職種であると言えるでしょう。原則的にビオトープ管理士として働くには資格が必要であり、その資格も2級と1級に分かれています。試験内容には大学レベルの生物学が含まれていますが、環境に関わる法律、条約およびまちづくり論といった文系科目も多いです。小論文の記述も求められるため、文系学生でも比較的挑戦しやすくなっています。合格率は2級が60%前後、1級が30%前後です。 

2-4.4.環境保全エンジニア 

環境問題の解決や環境保全には、大掛かりな機器が必要になる場面も少なくありません。そのような機器の設計や開発、メンテナンスを請け負うのが環境保全エンジニアと呼ばれる職種です。仕事の一例としては自然エネルギーを利用した風力発電システムの構築、大気や水質の汚染レベルを調査する計測機器の設計開発およびメンテナンスなどが挙げられます。持続可能な社会構築への関心が高まってからは、環境保全エンジニアが手がける省エネ技術開発も重要性が高まりました。環境問題関連の仕事の中でも、スケールの大きい事業に携わる職種であると言えるでしょう。環境保全エンジニアは高度な専門知識が要求されるため、理系大学で機械や電子、生物工学といった分野を学んでいる人におすすめです。就職先としては環境保全に積極的な機器メーカーや、環境分野の研究所・調査機間などが挙げられます。 

2-5.5.環境管理士 

文理を問わず目指しやすい環境系の職種としては、環境管理士もおすすめと言えます。環境管理士の仕事は環境保護のアイディア出しや、実際に環境保全に取り組んでいる団体の指導などです。ボランティア活動でも重宝される資格であり、地域社会の連携力強化や環境意識向上を推進する環境づくりのアドバイザーとして活躍できます。民間企業においては経営環境の品質を向上させ、事業に由来する汚染・公害といった被害を未然に防ぐ取り組みが期待されるポジションです。環境管理士が文理を問わず目指しやすい理由の1つには、資格試験の受けやすさが挙げられるでしょう。環境管理士として働くには資格が必要なものの、レベルに応じて6級~1級まで細分化しているため、基礎的なレベルから挑戦していくことが可能です。試験も年に2回行われているので、転職活動のタイミングに合わせて資格を取得しやすいのです。 

関連記事:世界で広がる「プロボノ」とは?人気の理由と参加方法について
 

3.環境問題に関連する仕事の年収 

自分の生活水準に直結するため、転職時には希望職種の年収事情についてもしっかり把握しておきたいところです。環境問題関連の仕事は求められるスキルや知識、資格がそれぞれ異なるため、一概に年収事情を語るのが難しい側面があります。一般的な目安としては年収400~700万円程度、初任給は20万円前後を見込んでおくと良いでしょう。本稿で紹介した職種に関して言えば、幅広い知識や経験が求められる環境コンサルタントの年収は600万円程度と比較的高めです。学歴の文理を問わず挑戦しやすいビオトープ管理士は年収530万円前後が目安とされています。 

それ以外では高度な技術力が要求される風力発電設備技術者、業務にある程度の危険が伴う海上保安官などが平均年収700万円で高収入な部類です。一方で環境アセスメント調査員や環境教育指導者といった転職のハードルが低めの職種は、平均年収400万円程度とされています。環境分野への転職では自分の希望年収と職種の給与条件をしっかり照らし合わせてみてください。 

関連記事:外資系企業の年収に見られる特徴!日本企業との違いは?
 

環境問題関連の仕事に必要な知識や資格を把握して転職を目指そう 

環境問題に携わる仕事には、専門知識や高度な技術が求められるものもあります。環境分野への転職では興味のある職種について、予め入念に調査しておくことが大切です。関連分野での仕事でノウハウを積み重ねたり、必要に応じてスクールや通信教育を活用したりなど効率的に知識を身に付けていきましょう。本稿で紹介した職種は需要が高いものばかりなので、仕事選びの参考にしてみてください。 

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう