スーパーバイザー(SV)とは?業務内容や向いている人の特徴

求人情報に目を通す中で「スーパーバイザー(SV)」という単語を見かけたことのある人も多いでしょう。様々な業界で活躍しているスーパーバイザーですが、その実態は一般的にあまり知られていません。そこで本稿ではスーパーバイザーの仕事に興味を持っている人に向けて、具体的な仕事内容や向いている人の特徴などを解説していきます。
 

1.スーパーバイザー(SV)とは?

スーパーバイザーとは一般的に「上司」「管理者」「監督者」「監修者」といったポジションの人を意味する言葉です。ビジネスシーンでは役職や肩書きとして用いられ、「SV」と略されるケースが多いので覚えておきましょう。スーパーバイザーの意味合いは国内と海外で若干異なるので注意が必要です。国内では主に飲食店・小売店・コールセンター・外資系企業などに配置され、従業員への指導や現場の統括・管理を行う役職がスーパーバイザーとされています。一方、海外ではこれらに限らず監督・管理業務を請け負う人も含めて、広い意味でスーパーバイザーと呼ぶのです。珍しいところでは市議会議員をスーパーバイザーと呼ぶところもあります。また、スーパーバイザーの意味合いや役割は業界や業種によっても異なるので、詳細については求人情報を熟読しておくことが大切です。
 

2.【業界別】スーパーバイザー(SV)の具体的な業務内容

スーパーバイザーの仕事について具体的なイメージを思い描くためには、各業界や業種による違いを把握しておくのが効果的です。今回はスーパーバイザーの求人が多い飲食店・小売店・コールセンター・外資系企業にターゲットを絞って、各業界におけるスーパーバイザーの主な業務内容を見ていきましょう。

2-1.飲食店・小売店

飲食店や小売店においてスーパーバイザーは複数店舗の管理を担い、本社と店舗の架け橋となるのが主な役割です。企業によっては「エリアマネージャー」という名称を使っている場合もあるので、求人情報に目を通す際は注意してみてください。具体的には各店舗の店長に対する経営指導やアドバイス、担当エリア全体の業績管理などを行います。さらに細かく見ていくと従業員単位での教育や課題の洗い出し、仕事に対するアドバイスを行うこともあるので留意しておきましょう。また、飲食店や小売店は本社の方針が各店舗に色濃く反映される傾向があります。そのため、スーパーバイザーは本社からの連絡事項を店舗に伝達し、その内容が実践されているかを確認するのも重要な役目の1つです。

2-2.コールセンター

コールセンターのスーパーバイザーはセンター内の管理・監視・監督を担うポジションです。例えば所属オペレーターの勤怠管理やシフト作成、育成や研修などコールセンターの人材管理に関わる幅広い業務を行います。オペレーターの業務に支障が生じていたり、スキルが伸び悩んでいたりするようであれば課題解決に取り組むのも仕事です。また、コールセンターでは対応が複雑で一般オペレーターでは対応し切れない問い合わせも珍しくありません。そういった場合はスーパーバイザーが自らオペレーター業務を行うケースがあります。業務上発生したトラブルへの対応、サービス品質の改善に繋がる提案、社内で決まった施策の実施など経営にも深く携わるマルチプレイヤーがコールセンターにおけるスーパーバイザーです。

関連記事:【最新版】カスタマーサポートに転職する前に知っておきたいこと

2-3.外資系企業

国内企業では肩書きとして用いられる傾向にありますが、外資系企業においてスーパーバイザーは正式な役職として設けられているケースが多いです。国内企業で言うところの課長・係長・主任といった管理職的なポジションを思い浮かべると分かりやすいでしょう。外資系のスーパーバイザーは主にワークフローの作成と管理、および新人教育や研修といった役割を担っています。上層部と従業員との間を取り持ち、従業員の仕事ぶりをチェックしてその評価を上司や人事部などに伝達しているのもスーパーバイザーです。実際に現場で任される業務や責任の範囲は企業によって異なるので、求人情報や面接で事前に確認しておくようにしましょう。
 

3.スーパーバイザー(SV)に向いている人の特徴

業務内容に多少の差異こそあれど、スーパーバイザーは企業において重要な役割を持ったポジションです。転職を考える場合には、自分に職務を全う出来る適性があるかどうかを見極めておくことも重要になってきます。以下ではスーパーバイザーに向いている人の特徴を見ておきましょう。

3-1.視野が広い

視野の広さに自信があるという人はスーパーバイザーの適性があると言えます。スーパーバイザーの業務内容は幅広く、関わり合っていく人の数も多いです。担当店舗や従業員全体を見渡して、適切に管理・監督することが求められます。そのためには自分の考えだけでなく、相手の立場になって多角的な視点を持つスタンスも大切です。業績改善や課題解決といった業務が多いので、仲間の成長を一緒になって喜べる人もスーパーバイザーに向いています。

3-2.統率力やリーダーシップがある

人をまとめ上げるのが得意な場合も、スーパーバイザーに向いている可能性が高いです。スーパーバイザーは店舗やエリアの業績といったデータを見る以外にも、従業員や店舗責任者のケアを行うという重要な役目があります。そのためには従業員の話に親身になって耳を傾け、思いやりを持ちながら接する姿勢が求められるのです。スーパーバイザーに従業員からの人望が集まれば目標を達成するために一緒に努力してくれたり、職場の統率が取れたりなど業務効率の向上が期待出来ます。現場をまとめるための統率力やリーダーシップは、スーパーバイザーを担う人にとって重要な要素の1つなのです。

関連記事:リーダーシップとは?マネジメントとの違いやスキルを高める方法
 

4.スーパーバイザー(SV)の仕事で必要とされる4つのスキル

スーパーバイザーとしての仕事を全うするためには、大きく分けて4つのスキルが必要と言われています。その4つのスキルとは以下の通りです。

4-1.1.マネジメントスキル

スーパーバイザーは複数の店舗や従業員を管理・統括する仕事なので、それぞれを適切な方向へ導くマネジメントスキルが必要となります。例えば現場で従業員を統率して業務に一体感を持たせる、目標を設定してそこまでのプロセスを描く、店舗や従業員が目標を達成するまで育成するスキルなどです。課題を抱えている店舗や従業員に対しては丁寧にヒアリングを行い、何が原因で行き詰っているのかを明確にしてあげるスキルが重要になります。所属企業によっては人事に近い業務を行うこともあるため、従業員を適切に評価するスキルも求められるケースが多いです。

関連記事:マネジメント力とは?向上させるために磨くべき6つのスキル

4-2.2.コミュニケーションスキル

正確かつ良好な意思疎通のために重要なコミュニケーションスキルはビジネスマンの基本ですが、スーパーバイザーでは特に重要視されるので留意しておきましょう。スーパーバイザーは、ただ自分と相手との意思疎通が出来れば良いという訳ではありません。求められているのは本社と現場を繋ぐ人間として、従業員の意見を聞き取り、それぞれの立場や希望・意見を理解した上で業務をスムーズに進めるためのスキルです。調整力や問題解決能力も必須となります。

4-3.3.数値管理スキル

スーパーバイザーにとって担当店舗やエリアの収益を上げることも重要な役割です。業績を管理したり店舗の目標を立てる際には、売上や販売予測といったデータを基にした仮説を立てることになります。したがって、各データを正確に読み取った上で適切に運用するための数値管理スキルが求められるということも覚えておきましょう。数値を読み解くだけでなく、そこから軌道修正して課題を克服するスキルも必要とされています。

4-4.4.臨機応変に対応するスキル

スーパーバイザーは現場において責任ある立場であり、咄嗟のトラブルや従業員の手に負えない業務に対応するということもしばしばです。そのため、発生した状況において臨機応変に対応して切り抜けるスキルが重要になると言えるでしょう。一朝一夕で身に付くスキルではないので、常日頃から冷静な判断と柔軟な対応を心がけて素質を鍛えておくのがおすすめです。
 

やりがいのあるスーパーバイザー(SV)の仕事に挑戦してみよう

スーパーバイザーは店舗や従業員を管理・監督する責任あるポジションであり、現場と本社の橋渡しなどが主な業務です。マネジメントや数値管理など文理を問わず幅広いスキルを求められ、やりがいの大きい仕事であると言えます。幅広い業界・業種で必要とされているため、公開されている求人も多いです。もしもスーパーバイザーの仕事に興味が湧いたら、積極的に挑戦してみてください。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう