転職を考えたとき、どのように動いていいかわからないと不安に感じるものですよね。具体的にどのような準備が必要となるのか気になりませんか。転職を成功させるためには、事前の準備をしっかりと行いスムーズに活動を進めることが大切です。そこで、この記事では、転職活動の進め方について、転職先の探し方から内定後の手続きまでを3つのSTEPに分けて解説していきます。


転職活動は計画的に準備することが重要

転職活動は無計画に行うと、なかなか思うような結果を出すことはできません。決意を持って始める転職活動で無事に内定を取り、希望の仕事に就くためには、計画的にステップを踏んで行動を進めることが大事です。まずは、転職を始める理由や、目標、優先したいことは何かを自身であらためて整理し、しっかりと把握しておくことが必要となります。転職の軸が定まっていれば、転職活動の対策が立てやすく、入社後のミスマッチを防ぐことができるからです。

さらに、事前にスケジュールを立てて転職活動を進めることも大事なポイントです。ダラダラと計画なく動くと、無駄に活動が長期化してしまったり、途中でモチベーションが下がり大事なチャンスを逃してしまったりする可能性もあります。


STEP1:転職先を探す

数多くある候補のなかから、自分の希望する転職先を探すための方法は主に3つです。ここでは、それぞれの方法の特徴について紹介します。

転職エージェントサービスに登録する

転職エージェントサービスとは、登録をすることで、転職するために必要となる活動についてのさまざまなサポートを受けられるサービスです。転職の知識を持ったアドバイザーやコーディネーターが個別に担当に就き、新たな人材を求めている企業の紹介、条件や日程の調整などを行ってくれます。

また、個人では入手できないような企業の詳細情報を知ることができるのもエージェントサービスならではメリットです。一般公開されていないような求人も実際には多数あるため、自分に合った企業と出合えるチャンスを広げることができます。ジュニア層向けの情報が多い求人サイトに対して、転職エージェントはミドル層や高年収層向けの求人情報が多い傾向です。加えて、転職エージェントでは、目先の内定獲得に向けた相談だけではなく、長くキャリアを考えたうえでの相談にも対応してくれます。

紹介を受ける

仕事を通して知り合った知人や古くからの友人などから、本人が働いている企業を転職先として紹介してもらうのも方法です。気心の知れた知り合いからの紹介であれば、イメージだけではない実際の企業について詳しく教えてもらうことができ、入社後に企業と転職志望者間で志向のミスマッチが起こりにくくなります。また、従業員が推薦する人であれば、企業側も安心して採用できるので、採用する側にとってもされる側にとってもメリットがあり、採用率は高い傾向です。

求人サイトから探す

インターネットを利用して求人情報を探すことができるのが求人サイトです。サイトによって得意な業界や職種を持っていることもありますが、求人情報数が多いことが特徴で、数多くのなかから自分が希望する求人を探すことができます。インターネットを使える環境であれば、基本的にはいつでも利用できるので自分のペースで探すことができ、気軽に応募できる点がメリットです。

STEP2:実際に面接を受ける

希望の求人情報を見つけたら、面接に向けて準備を進めていきましょう。ここでは、面接に向けて行うべき準備と面接のときに気を付けておきたきポイントについて説明します。

履歴書・職経歴書の準備

応募の際には書類の提出が求められることが一般的です。面接で直接会って自分をアピールすることも大事ですが、応募書類も選考においては重要な存在となります。中途採用で提出する書類は、主に履歴書と職務経歴書の2つです。履歴書は自分の氏名や住所、学歴や職歴など、転職志望者の基本的な情報を記載します。一方、職務経歴書は、転職する目的や具体的な業務経験、入社後に生かすことができるスキルや強みなどについて書くことが通常です。

多くの場合、履歴書では、これまでの経歴や転職回数、どうしてその企業を志望したかといった点をチェックします。対して、職務経歴書では、採用したら実際に会社へ貢献してもらえるような能力や実績があるか、強みとなるポイントを上手にプレゼンできているかについて見られることが多い傾向です。

応募

提出書類の準備ができたら、実際に応募を行います。応募は必ずしも本命の1社に絞って行う必要はありません。一般的な転職志望者の応募数は約7.5社が平均です。また、応募して書類選考を通過する確率は約5割程度です。さらに、1次面接が通り内定する確率は約4割程度となっていて、書類選考を受けた人に対して内定を取った人の割合は10~20%程となっています。

面接の準備

面接が決まったら、前準備として自己分析をしておくことは必須です。転職に対する自分の考えや強みを明確にしておけば、面接で何を質問されてもきちんと答えられるようになります。また、自己アピールが転職希望先の求める人材像とできる限りマッチするように、企業情報を調べておくことも大事です。企業情報は企業のホームページやSNS、業界の新聞や雑誌、実際に働いている人などから入手できます。さらに、面接の際に自分の転職の軸がぶれないように、職務経歴書や志望動機について暗記しておくことも大事です。加えて、家族や転職エージェントサービスのアドバイザーなどに協力してもらい、実際の面接を想定した質疑応答などの練習もしておくと安心です。

面接本番

面接当日に気を付けておきたいポイントは大きく2つです。まず、服装や髪形に気を付けましょう。髪型は清潔感を意識し、服装はスーツの着用が無難です。私服を認めていたり、指定されたりした場合でも、カジュアルすぎる服装は厳禁です。オフィスカジュアルを目安とします。

次に、面接会場での訪問から退室までにおけるマナーも注意しておくべきポイントです。社会人として一般的な常識を守っていれば基本的には問題ありませんが、企業や志望する業務によっては厳しくチェックされることもあります。そのため、事前にマナーについて、ある程度の確認をしておいたほうが安心です。ただし、外資系企業は日系企業と比べるとマナーに対してそれほど気にしていないところも多く、常識的な範囲で守っていれば大丈夫でしょう。


STEP3:内定をもらったら

無事に内定を獲得できたからといって安心してはいけません。ここでは、内定後に必要な主な手続きについて紹介しますので、確認しておきましょう。

転職先との入社日を確定させる

内定が出たら、今後のスケジュールを立てるために入社日を確定する必要があります。まず、複数の内定を受けたら、転職先を1つに絞らなければなりません。実際の転職先が決定したら、企業と自分の要望をバランスよく取り入れて日程調整を行います。内定後1~2カ月後の入社であれば、一般的に問題のないスケジュールです。退職日から入社日までの時間の使い方は個人の自由なので、旅行などを楽しむ人も少なくありません。

現職と退職交渉を行う

転職先の入社手続きとともにきちんと進めておかなければならないのが現職の退職手続きです。内定が決まったタイミングで、まず直属の上司へ退職の報告をしておきましょう。早めに報告するほうが親切ではありますが、内定が出る前だと、引き留められるなどして転職する気持ちに迷いが生じてしまう可能性もあるため要注意です。

転職先と現職に必要な手続きを行う

スムーズな転職を行うためにも、退職や転職の際に必要な手続きはきちんと把握しておくようにしましょう。退職時には社員証や保険証、名刺などを会社に返却することが必要です。対して、離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証などは会社から忘れずに受け取っておきましょう。受け取った年金手帳や源泉徴収票、雇用保険被保険者証はそのまま転職先に提出します。離職票は、雇用保険の失業給付に必要な書類であるため、転職先が決定している人には不要です。ただし、退職日から入社日まで2週間以上の期間がある場合には、年金や健康保険など公的な手続きが別途必要となるため注意しましょう。

入社準備

転職における一通りの手続きが終わったら、入社日に向けた準備もしておくと万全です。まず、初日から遅刻をしないように出社時間を確認しておくようにしましょう。また、第一印象は、その後のイメージに影響を与えることがあります。印象を左右しやすい服装や身だしなみはきちんと整えて出社できるようにしておきましょう。さらに、入社日に行うことになる自己紹介や、挨拶の内容を事前に考えておくと、当日慌てずに済みます。


事前準備こそが転職成功のカギ

転職を成功させるためのポイントは、大きく2つです。転職活動にかかわるスケジュールの基本的な流れをきちんと把握しておくことと、計画性を持って計画的に活動を進めることが重要となります。どちらも、いかに事前の準備をしっかりとしておくかが大事です。後悔のない転職活動をするためにも、万全の準備をして希望の会社の内定獲得を目指しましょう。
 

マイケル・ペイジで求人を探す(外資系 / 国内企業 / 派遣・契約 )

永久保存版「外資系転職ガイド」をダウンロード



書類選考に役立つコンテンツ

採用される英文履歴書の書き方

外資系企業に転職を成功させる!職務経歴書の書き方

良いカバーレターを書くヒント

履歴書の空白期間をどう説明するか
 

次のステップ!面接の準備!

面接でよく聞かれる15の質問

面接の準備にするべきことは?

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます