雇用者に気づかれないようにと願いながら、履歴書上の職歴の空白期間を無視してしまいたいという気持ちになるかもしれません。しかし、多くの採用担当は、理由が分からない空白期間だらけの履歴書は警告のサインだととらえ、すぐにあなたの応募書類を無視することでしょう。

採用プロセスの最中に正直になることは重要で、これは履歴書から始まります。嘘をついたり、どこかの職場で働いていた期間を引き延ばして空白を埋めようとしたりすると、身元照会の段階でばれてしまう可能性があります。たとえ隠すべきことが何もないとしても、これによって雇用者の不信感は増し、気を悪くする可能性があります。

病気

病気を理由に履歴書上の空白を説明するのは難しい場合があります。職歴の空白がかなり以前のこと、たとえば10年以上前のことだったのであれば、それはおそらく、取り立てて言及するほどのことではないでしょう。しかし、空白期間が最近のことで、しかも長期にわたっている場合、あなたはそれを事実だと認め、ある程度説明する必要があります。あなたが伝えるべきメッセージは、病気のため仕事から離れて時間を過ごす必要があったものの、現在は仕事に戻る準備が整っており、やる気もあるのだということです。

契約満了または解雇

もしあなたが人員整理のため解雇されたのであれば、職歴にある程度の空白期間があったとしても、おそらく雇用者はあなたを非難したりはしないでしょう(ただし、もしクビになったのであれば、ある程度の説明が必要かもしれません)。市場価値を維持するため、空白期間中にしていたことを強調して説明する必要があります。例えばあなたは、何らかの研修コースを修了しましたか。あるいは、なんらかのボランティア活動をしましたか。

旅行

説明する必要のある空白期間が旅行のための休暇なのであれば、これに関して肯定的な解釈をするのはかなり容易であるはずです。事実、多くの雇用者は、その組織での職務に応募する前にあなたが旅をしていたという事実を正当に評価することでしょう。ある人は、あなたが「ストレスを解消していた」と受け止めるでしょうし、またある人は自立性や文化的意識を示すものだととらえるでしょう。

家族の世話

多くの人は、親族の世話をしたり子どもを育てたりするために仕事をやめて時間を取ることがありますので、これを隠すべきだとは考えないようにしましょう。ただし、あなたの子どもが現在、学校/保育施設に通っている場合、あるいはすでに世話をする責任がない場合や仕事に戻る準備が整っている場合は、それは説明する価値があるかもしれません。

大半の面接官は、職歴の空白期間について質問してくる可能性が高いでしょう。ですから、カバーレターで前もってその件について説明しておくことが最適です。こうすれば、面接での厄介な質問を避けることができます。それでもやはり質問を受けるかもしれませんが、それは採用担当がさらに詳しい説明を必要としている場合のみに限られます。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Advertise Your Role With Us

Advertise Your Role With ReachTalent