外資系保険会社は、外国の企業が経営権を握っていたり、外国の資本で経営されていたりするなど、日系企業とは少し違った体制で成り立っています。転職を考えている人は、事前にどんな特徴があるのか理解しておいた方がいいでしょう。ここでは、外資系保険会社で働く場合のメリットやデメリットなどを詳しく解説していくので、興味がある方は是非参考にしてみてください。
 

外資系保険会社の転職市場について

日本の保険業界は外資系企業の敢闘が目立ち、2000年代に入った頃から業界全体で日系企業との合併や再建など、改変の動きが盛んでした。しかし、その動きも徐々に落ち着きを見せ始め、ようやく最終段階に入っていると言われています。外資系保険会社は日系企業に比べて雇用が不安定だというイメージを抱く人も多いですが、以前よりもその傾向は薄まりつつあるようです。

むしろ目をつけるべきなのは、保険の専門性だけでなく、ほかの能力も求められているため、多様な求人があるということでしょう。保険商品の販売経路として、かつては多くの企業が長年にわたってセールス一筋のスタイルをとっていましたが、競争が次第に激化するに従ってその手法にもいろいろ変化が見られるようになりました。コンサルティング営業、独立系ファイナンシャルプランナーなどの販売代理業者への委任、銀行窓口販売など、実にさまざまな手法が生まれています。それに伴い、業界で求められる人材はアクチュアリーなどの保険専門職だけでなく、マーケティングや商品開発、さらには研修トレーナーなどの企画関連職種にまで広がりを見せています。このようなスキルを持っている人にとって、外資系保険会社は非常に魅力のある転職先だと言っていいでしょう。
 

外資系保険会社勤務の特徴とは?

外資系企業には特筆するべき点として、退職金制度がないことが多いという特徴があります。これは保険業界に限らず、海外の福利厚生と日本の福利厚生ではその概念に根本的な違いがあるので、日本で浸透している住宅手当や家族手当などは外資系企業だと受けられないことがあります。社会保険に関しては日本の法律にのっとって加入することができますが、そのほかの補償制度は日系企業と違うことが多いので、将来のために自分で積み立てをする、または仕事で成果を上げるといった自助努力が必要になることを覚えておきましょう。

そして、営業職ではノルマや完全歩合制を設けている企業が多いという点も忘れてはならない特徴のひとつです。ノルマを達成できなかった場合、日本の企業ではあまり見ることのない退職勧奨を受けることもあるなど、個人の実績がとても重要視されます。言い換えれば、結果を残した分だけ見返りを受けられるということなので、やりがいは大いに感じられるでしょう。また、日系企業と違って残業が少ないところが多いです。先程、福利厚生の概念が違うということを述べましたが、外資系企業は住宅手当や退職金制度がない分、休暇制度が充実していたり、キッチンなどの社内設備が整っていたりと、プライベートの時間を尊重する傾向にあります。決められた時間分働けば、勤労時間についてとやかく言われることはあまりありません。


外資系保険会社勤務のメリット

外資系保険会社の場合、アクチュアリーなど保険の専門的なスキルがなくても、得意な分野の専門性を活かすことで、能力に見合った報酬を得ることができるというメリットがあります。実際に異業種企業で非常に高い成績を残しているような人が、ヘッドハンティングで外資系保険会社に転職してさらに稼ぐようになったという事例も少なくありません。コンサルティング能力に自信がある人などは、外資系保険会社に転職することで、それまででは考えられなかったような非常に高額な報酬を得ることも可能なので、転職先の候補に入れておいて損はありません。

また、保険に関する最先端の学びが得られるという点も大きな魅力です。保険商品は次々に新しいものが生まれており、その仕組みも複雑化しているのが現状で、数ある商品の中から良いものだけを適確に選別するにはそれなりに知識が必要になってきます。外資系保険会社で働きながら専門知識を身に付けることができれば、自身の保険契約の際にもきっと役に立てられるでしょう。


外資系保険会社勤務のデメリット

最初に外資系保険業界の激しい改変の動きは収束しつつあるということを述べましたが、それでも他の業界に比べると再編などの流動性はより高い傾向にあるため、雇用の安定性に注意する必要もあります。そして、個人の実績が重要視されるということは、結果を残さなければ稼ぐことができないということです。特に営業職においては、成果主義で通されているので、成果が上がらない場合には報酬が下がるということもきちんと考えながら仕事に取り組まなければなりません。営業職は元来、歩合制の性質が強いですが、外資系企業になるとそれが顕著になります。そのため、ある程度の危機感がつきまとうことは受け止めておきましょう。


外資系保険会社で働く場合のポイント

外資系の保険会社の魅力は、何と言ってもその高額な報酬額ですが、成果をあげられなければ意味がありません。そして完全歩合制となると、コンスタントに成果をあげる力も必要になってきます。まずは着実な稼ぎを得られるように、しっかりとした実力をつけることを目標に据え、徐々にステップアップを目指していくのが懸命だといえます。また、日本では残業すればするほど讃えられる傾向にありますが、外資系企業の場合このような風潮はありません。むしろ、効率よく仕事をして残業をしないようにする方が評価は高くなります。これらのことから、他の企業よりもきっちりとした自己管理が求められます。緻密な計画を立てて速やかに行動し、自己反省と改善を繰り返しながら営業活動の質を上げることが、外資系保険会社で成功する上で非常に大事になってきます。


外資系保険会社で実績を上げスペシャリストの道へ!

以上、外資系保険会社で働く上で押さえておくべきポイントを紹介しました。外資系保険会社には専門職も多く、人材ニーズはさまざまな方面に広がっています。そして保険に関する最新の学びが得られるので、キャリアにおいてはもちろん、私生活でもその知識を存分に活かすことができます。成果主義の外資系保険会社で実績をあげ、保険のスペシャリストを目指しましょう。

保険業界の求人案件はこちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます