華やかなイメージでいっぱいのファッション業界。そんなキラキラとしている世界に憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか? ショップスタッフやブランドのPRの仕事など、その仕事内容も多岐にわたり、非常にやりがいのあるファッション業界の中でも花形といえるのが「バイヤー」です。なんとなくイメージはできても、謎に包まれているバイヤーの業務。実際、どのような仕事内容で、どのような資質が必要なのでしょうか? 

バイヤーの仕事内容や役割は?

バイヤーとは「商品の買い付けを行い、売り出しにまで携わる人」のことをいいます。「バイヤーの仕事イコール買い付け」と思っている方も多いかもしれません。しかし、実際は商品を買い付け、仕入れ、店頭に商品を配置し、売り出していくまでの一連の流れを管理するという、多くの知識やスキルを求められる職種です。

ファッション業界に限らず、家電や家具、雑貨や食品などを買い付ける人たちのこともバイヤーといいます。ファッション業界のバイヤーの場合は、服や靴など、特定のジャンルの商品のみを買い付ける人たちもいれば、百貨店に所属しているバイヤーたちのように、さまざまなジャンルの商品をまとめて買い付けることもあります。

バイヤーとして重要な役割は、「売れる商品かどうかを見きわめること」。すなわち「消費者の希望・需要をきちんと理解すること」です。また、商品を買い付ける際の価格の交渉をし、少しでもコストを抑えられるよう努めることも必要になってきます。そして、商品の魅力をよりわかりやすく発信していくこともとても重要な仕事です。商品のレイアウトや展示方法などを考え、戦略を練っていくことも任されている非常に重要なポジションであるといえます。

バイヤーに向いている人

日本にとどまらず、世界を飛び回って買い付けをすることが多いバイヤーの仕事。そのため語学力だけでなく、体力、コミュニケーション能力に長けた人が向いています。そして、今後流行っていくものが何かを見抜くことができる審美眼を持ち、常にアンテナを張り巡らせ、アイテム選びのセンスがよい人が向いているといえます。

また、商品の買い付けの際に価格交渉などをしていく必要があるため、数字に強いことやコミュニケーションやネゴシエーション能力もとても大切なスキルになってきます。

良いバイヤーとしての評価を受けるためには、買い付けた商品が売れることが必須条件です。そのため、日ごろから売り上げなどのリサーチを行うなどして市場動向をきちんと把握することがとても大切であり、消費者の動向に敏感である必要があります。

バイヤーになるためにはどうすればよい?

バイヤーになるためには、特定の資格は必要ありません。しかし、とてもセンスが問われる職種のため、ファッション業界の場合は服飾専門学校出身者やアパレル出身者などが多いです。そのため、いきなりバイヤーの仕事に就くことはとてもレアなケースであり、まずはショップスタッフなどとして業界に入り、数字を読み解く力や商品知識を蓄えてからバイヤーに転進する人が多いです。

実際に、ショップスタッフから店長やエリアマネージャーを経験して、バイヤーとなるケースがほとんどのようです。現場の仕事を経験することで得られる知識やノウハウは、バイヤーとして活躍するうえでなくてはならないものになっていくことでしょう。

次に流行する商品は何かを見抜くセンスと、買い付けに世界を飛び回る体力を求められるバイヤーは、とても責任のある大変な仕事ですが、そのぶん、やりがいを感じることができるでしょう。ファッションが好きな方、自分のファッションセンスを活かした仕事がしたい方に、ぜひチャレンジしていただきたい職種です。興味のある方は、まずはファッション業界に身を置き、一歩一歩バイヤーへの道を進んでいきましょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます