世間的に安定した需要がある事から、食品メーカーへの就職を希望する人は少なくありません。特に外資系食品メーカーはグローバルな働き方が出来るという期待感から、志望者数が多くなっています。今回の記事では外資系食品業界やメーカーの特徴を見ていきましょう。併せて転職活動のコツもご紹介するので参考にしてみてください。

外資系食品メーカーとは?

外資系食品メーカーは一般的な食品メーカーとどのような違いがあるのでしょうか。まずは外資系食品業界の特徴と主な仕事内容を押さえておきましょう。

業界の特徴

日本系・外資系を問わず食品メーカーは市民の生活に密着した業界であるため、人材採用事情が安定しています。景気の影響を受けにくいので働き口として安心感があると言えるでしょう。有名な食品を作っている食品メーカーは世界各地に進出しており、日本にも支社や法人が設けられているケースが多いです。売上高で世界の上位をキープしているような大手企業も数多く日本に進出しています。

外資系食品メーカーは日系食品メーカーに比べて、全体的に利益率が高い傾向にあります。これは世界規模の外資系食品メーカーは自社商品のブランド戦略やマネジメントを強化しており、激しい価格競争を乗り越えているためです。また、IT分野の外資系企業に比べて外資系食品メーカーは古くから日本市場で事業展開している企業が多いと言えます。そのため企業風土も日系の食品メーカーに近く、高い英語力が必要という訳でもないので日本人でも馴染みやすい環境なのです。

仕事内容

食品メーカーでは業務内容が多岐に渡るため、内部で担当部署が細かく枝分かれしています。中でも代表的な部署は「営業」「オフィススタッフ」「商品生産」「研究系」「管理部門」などが挙げられるでしょう。「営業部」の主な仕事内容は日本国内の食品卸業者または食品販売店を対象に、自社商品のセールス活動を行う事です。外資系食品メーカーの営業は日系食品に対抗して精力的にセールス活動を行う必要があるため重要な役割を担っており、採用ニーズも高い部署となっています。

「オフィススタッフ」という枠組みには商品企画・プロモーション・生産管理・在庫管理など多様な部署が含まれています。商品を世に送り出すための業務が中心になっていると捉えると分かりやすいでしょう。外資系食品メーカーでは日本向けに商品開発を行う事もあるため「商品生産・研究系」部署でも積極的な人材採用が行われる傾向にあります。食の安全性に関わるような分野では衛生管理や品質管理など、さらに部署が細分化されている場合が多いです。「管理部門」では一般的な企業と同様に人事・総務・経理といった社内での事務仕事が行われています。

外資系食品メーカーに転職するメリットは?

外資系食品メーカーは「本国から日本への進出を成功させた実力のある企業である」という事が言えます。そのため、外資系食品メーカーに勤務すると日系企業に打ち勝つほどのすぐれたマーケティングを学ぶ事が出来るのです。ブランド戦略や商品開発のノウハウはもちろんの事、衛生管理や物流経路など様々な視点から事業展開の考え方を吸収出来るでしょう。

また、日系企業は年功序列で給与体制が組まれているというケースも珍しくなく、勤続年数が昇給・昇進の査定において重要視される事も多いです。一方で外資系では成果を重視する傾向が強く、入社まもない若手でも結果を残す事が出来れば高収入を実現出来る可能性があります。優れたブランド力とマネジメント力によって利益率が高い水準になっているので、社員の給与も日系食品メーカーに比べて高い傾向にあるというのもメリットと言えるでしょう。外資系食品メーカーにおける年収の目安は営業スタッフなら600~700万円程度、マネージャークラスでは800~900万円程度と言われています。

外資系食品メーカーで働く注意点は?

外資系食品メーカーはあくまで本国の拠点を中心に事業展開を行っているため、場合によっては日本国内に自分が希望する部署が設けられていないケースがあるという点には注意しておきましょう。また、日本と海外では祝日や勤務時間の規定が異なる場合があります。基本的には日本のスケジュールよりも本国のスケジュールに合わせた仕事が求められるので、慣れるまで多少時間がかかる人もいるでしょう。

外資系食品メーカーの日本支社で勤務する場合は、それほど高いレベルの英語能力が求められる事はありません。ただし日本国内に希望職種・部署がない場合は海外支社や本国への就職を検討する事になります。その場合には日本国内に勤務するケースよりも高いレベルの英語スキルが要求されるなど、就職に関するハードルが高くなる事にも留意しておきましょう。また、外資系食品・飲料メーカーでは特に重要視されている専門資格がないので、就職・転職においては実務経験の有無が重要なポイントになります。食品・飲料関係での勤務経験があるか否かで転職活動の有利・不利に響くと考えておきましょう。

外資系食品メーカーが向いている人とは?

日系食品メーカーでは未だに年功序列的な評価制度が根強く、ある程度継続的な勤務実績が重要視される傾向にあります。また、良く言えば慎重・丁寧に判断が下されているとも言えますが、比較的承認スピードが遅いという点は一つの事実でしょう。こうした日系企業にありがちな風土に不満や疑念を抱き、外資系の成果主義やビジネスのスピード感に興味がある人は外資系食品メーカー勤務の適性があると言えます。好きな食品ブランドを取り扱っている外資系食品メーカーがあれば、積極的に応募してみるのも良いでしょう。

食品関係の仕事に興味がある人も、もちろん外資系食品メーカーに向いているでしょう。特に大手の外資系食品メーカーへ就職出来ればキャリアとしては十分に見栄えします。将来的に消費財業界で活躍したい人にとってはキャリアアップのための大きな足がかりとなるのです。外資系食品メーカーの優れたマーケティング・マネジメント力は個人のスキルアップにも役立てる事が出来るので、そうした能力を磨きたい人にもおすすめと言えます。

外資系食品メーカーへの転職を成功させるコツは?

転職活動にあたっては、まず応募先企業への興味関心が重要なポイントと言えます。したがって、日頃から食品ブランドや商品に関心を持って気になる事は調べるクセをつけておくようにしましょう。日系・外資系を問わず食品メーカーはマルチブランドな戦略をとっている事も多く、身近な食品ブランドが意外な食品メーカーからリリースされていたというケースも珍しくありません。身の回りの外資系食品メーカーの商品は調べてみると、気になる企業に巡り合える可能性が高まるでしょう。

また、外資系食品メーカーが日常的に英語が必要になる職場でないとしても、転職活動においてはある程度のスキルを証明する事が求められるケースがあります。自身の働き方の幅を広げておくという意味でも、英語の勉強は自発的に進めておくのが良いでしょう。転職した際、仮に希望部署へ配属されなかったとしてもネガティブに捉えてしまう必要はありません。どんな部署であれ外資系食品メーカーでの勤務経験は食品業界におけるキャリアという観点ではプラスに働く場合が多いので、将来のキャリアプランにおいてはポジティブな要素になると捉えましょう。

なお、日本は人口が減少傾向にあるので食品需要が低下するという懸念を指摘する声もあります。こうした社会情勢を踏まえると、需要が減少した場合でも生き残る事が出来る企業体力を備えた外資系食品メーカーを転職先に選ぶという事も重要になるでしょう。

外資系食品メーカーでキャリアアップしよう!

外資系食品メーカーは世間からの需要が高く、様々な職種・部署で活発に採用活動が行われている業界であると言えるでしょう。世界で通用するマネジメント力やマーケティング能力を学ぶ事が出来るというポイントは、将来的なキャリアアップを考えると大きなメリットです。業界・食品ブランド・商品など様々な視点から分析を行い、外資系食品メーカーへの転職活動を有利に進めていきましょう。

消費財業界の案件は、こちらから

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます