データサイエンティストという職種は、ITデジタル業界以外では、まだなじみがあまりないかもしれません。
しかし、IoTによってあらゆるモノがインターネットにつながっていく社会において、データサイエンティストは確実に求められる職種の1つでもあります。
なぜなら、ネットワーク経由で膨大な量の情報を収集したとしても、それをビジネスに活かせる形に落とし込むプロセスが必要となるからです。
本記事ではIT・デジタル業界を中心として注目の職業でもある、データサイエンティストについて紹介していきます。

データサイエンティストとは何か

データサイエンティストとは、ビッグデータと呼ばれる、蓄積された膨大な量のデータを分析し、そこからビジネスに活かす知見を引き出す職種です。
主な活躍の場面はIT・デジタル業界ですが、市場分析や施策の効果測定などマーケティング分野では特に重宝される職種でもあります。

データサイエンティストになるためには、プログラミングなどのITスキルはもちろん、統計学の知識と分析力も求められます。そのうえ、データから抽出した結論をほかのメンバーに理解してもらうための提案スキル、プレゼンスキルなど、総合的な企画力も必要となります。

このようにマルチなスキルが必要となるため、一流のデータサイエンティストになることは簡単ではありません。それゆえに、情報の活用が武器となるデジタルマーケティング業界で求められる職業の1つだといえるでしょう。

データサイエンティストの業務内容

データサイエンティストの主な業務内容はデータを活かすことで、その内容は多岐にわたります。
データサイエンティストの業務の例としては、以下のような業務があげられます。
・業務システム、SNSなどからのデータ収集・整理
・データベース環境の構築
・データ分析業務
・課題の抽出、解決策の提示
・データ分析結果に基づく施策、企画の立案

このようにさまざまな業務内容があり、データサイエンティストは、ただデータを分析するだけの仕事ではありません。
大量のデータを処理、運用するためのデータベース環境の構築や、データを根拠とした課題の抽出と解決策の提示など、状況や要望に応じたさまざまな役割が求められる職種でもあります。

データサイエンティストが注目の職業となっている理由

データサイエンティストが注目の職業となっている理由としては、近年ビッグデータがビジネスにおいてより重視されるようになったことが関係しています。
情報が武器となるIT・デジタル業界が伸びていることも、データを分析して活かすことができるデータサイエンティストの需要を押し上げています。

ポータルサイトやECサイトを運営するIT企業はもちろんですが、たとえば、アプリ内での課金を目的としたソーシャルゲームを運営するIT企業にとっても、データ分析は戦略の要です。
ソーシャルゲームは、データ分析と施策の立案に失敗すると収益が満足に見込めなくなり、運用を続けられず、その結果、サービスを終了せざるをえなくなります。
しかし、正しいデータ分析と、データの活かし方がわかれば、売り上げアップにつながる最適な企画を立てることができます。
ユーザーのリアルな動向がビジネスを左右するようなサービスを提供している企業では、特に、データサイエンティストの需要は高まっているといえるでしょう。

ここまで紹介したように、データサイエンティストはITデジタル業界に限らず、WEBマーケティングに注力している多くの企業から求められる職種です。
IoTがさらに進み、あらゆるモノがインターネットに接続される時代になれば、ビジネスの現場でもデータ分析やデータの活用が、より重視されるようになっていくことが予想されます。
人工知能の活用にも、膨大なデータ管理が必要です。このことを念頭に置いても、データサイエンティストは今後も注目される可能性が高い職種の1つだといえるでしょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます