サプライチェーンとは
サプライチェーンは製品の需要と供給の計画から原材料の購買をはじめ、製品の製造量や受注・配送に至るまで、製品のライフサイクルに関わる一連の流れを取り仕切り、消費者や取引先に高品質で満足できる製品を届けていくための旗振り役のような役割を果たします。
一方、購買部門はサプライチェーンの一部門として世界を飛び回って買い付けを行うバイヤーが所属する部門であるケースと企業において用いる資材や備品などの受発注や仕入れを予算に合わせて管理する部門を指す場合もあります。
資材管理というと一見地味ですが、各部署からの需要ニーズに漫然と応えるのではなく、限られた予算の範囲内で需要に応じるかを判断することや品物の選定や品質の検討などを行うので意外に組織内では恐れられている、突破が難しい関所のような部署といわれることも少なくありません。
どんな人が向いているのか
サプライチェーンでは需要予測や生産計画から製品を生産して顧客に届けるといった入り口から出口までを一元的に網羅するので、1点集中型ではなく俯瞰図で見渡せる方や将来の見通しを立てる力がある方に向いています。
大学の学部でいえば、経営学部や経済学部でサプライチェーンマネジメントを学んだ場合や流通経済学などを学んできた方に人気がある部署であり職種です。
需要予測や生産計画ではこれまでの販売実績やライバル社との競合動向などを定量的に分析し、過去の実績の考察をしながら将来の需要予測を策定することが求められます。
また、財務上やサービス上など多彩な側面を踏まえたうえで最適化した生産数量を計画しなければなりません。
そのため、文系の頭というよりは分析力もあり、データを見る力に長け、数字にも強い人が向いているといえるでしょう。
サプライチェーンの流れにマッチした求められる能力
  • 需要予測や生産計画を策定したら、正確な製品情報を製造担当者や物流パートナー、取引先などとの連携やコーディネートを行いながら、効率的に受注から配送までを管理しなければなりません。
  • 製品の安定供給とコスト削減を同時に遂行しながら、効率的で確実な製品供給ができるようにする必要があります。
  • この意味ではコミュニケーション力、マネジメント力、急なトラブル発生時や予測不可能な事態などが生じた際の臨機応変の対応力など柔軟性も求められるでしょう。
  • 製品の製造プロセスにおいては、生産の効率化を図りながら、顧客に求められる高品質の製品を低コストかつ、需要に合わせて供給する継続的な管理を行っていきます。
  • 変わりやすい顧客や時代のニーズを逐一キャッチアップしていく能力や生産現場と協力し合いながら適宜、需給管理ができ、企業に損失を出さない能力が求められるでしょう。
  • 購買のプロセスや購買部門では製品の製造に用いる原材料や社内で用いる資材やサービスなどの様々なアイテムの購買を行っていきます。
  • 求められる品質や供給能力を踏まえつつ、与えられた予算に基づくコストとの両立が必要となります。
  • 良い品を見極める能力や高品質なアイテムをより低コストで仕入れる交渉力や人脈作り、需給とコストの両立を図れるバランス感覚などが求められます。
  • こうした能力は経験によっても磨かれていくものなので、地に足をつけて継続的に業務に励める性格や忍耐力なども必要といえるかもしれません。
  • 購買部門やサプライチェーンの職においては、仕入れた原材料や製品、供給する製品の品質を維持し、品質を保証することも求められます。
  • 品質を見定めることができる能力や目利きを持ち、丁寧で厳しい判断ができる能力を持てる人が向いています。
  • 品質に対する厳しい目や予算管理力やコスト感覚を持てない人は、あまり向いていないと言えるでしょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます