MBAは経営の専門家として高く評価されていますが、どちらかと言えば日本よりも海外で広く取得されています。そのため、MBAを取得することで実際どのようなメリットがあるのか分からないという人も少なくありません。こちらの記事では、MBAの概要や取得することによるメリットやデメリット、取得すべき人やMBAを活かせる仕事について見ていきます。

関連記事:大学院の就活事情は?理系と文系の違いや海外大学院についても
 

1.MBA(経営学修士号)とは

MBAは「Master of Business Administration」の略で、日本では経営学修士もしくは経営管理修士と訳されます。その名の通り大学院を卒業することで得られる資格ですので、取得するには経営戦略やマーケティング、ファイナンスなどについて学べる専門のカリキュラムを持つ国内の大学院、または海外のビジネススクールに通わなければなりません。そのため、MBAを取得しているということは、経営に関して幅広い知識やスキルを有していることの証明でもあり、コミュニケーション能力やリーダーシップ、経営における専門知識を持つ人材を求める企業から重視されています。
 

2.MBAの取得に向いている人

MBAを取得していると学んだ知識が仕事関係で役に立つと実感する人は多いですが、その中でもMBAの恩恵を受けやすい人がいます。こちらでは、MBAの取得に向いている人をご紹介します。

2-1.経営層・マネジメント層の人

経営層・マネジメント層の人は、MBAの学習過程で汎用的な経営スキルを身につけることができるため、仕事上でその知識やスキルを役立てる機会が豊富です。経営者としての視点やチームメンバーの特性を判断する観察力、人を動かすリーダーシップなど、いずれも経営層やマネジメント層の人にとっては必要不可欠な能力と言えるでしょう。そのため、時代の変化に敏感な大手グローバル企業などではMBAを特に高く評価しており、その取得を経営陣になるための必須条件に挙げていることもあります。将来的に経営層や管理職へのキャリアアップを希望している場合には、MBAの取得を積極的に検討しましょう。

2-2.外資系企業やコンサル系企業に転職したい人

外資系企業・コンサル系企業に転職したい人は、MBAを特に高く評価する企業が多いのでおすすめです。なお、MBAは国内でも取得できますが、これらの企業では特に、海外でよく知られるビジネススクールでMBAを取得した経歴の方が高く評価されます。グローバルビジネスで必要な知識やスキルが身につくだけでなく、海外で学ぶことによりビジネスレベルの英語力が身につき、よりグローバルな世界で人脈を広げられるようになるためです。

コンサルの求人
 

3.MBAを取得するメリット

MBAを取得すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。以下に、それぞれのメリットについて解説していきます。

3-1.経営の知識が身に付く

MBAを取得するために学ぶ内容は単なる経営学ではなく、ヒト・モノ・カネ・情報の経営資源をどう活かして収益を最大化させるかといった、経営幹部に必要な深い知識です。ビジネススクールでの学習を通して、企業収益を高めるための思考力や経営スキル、目標達成のためのノウハウを幅広く吸収することにより、本来は社会に出て学んでいくことが多い能力を新卒の状態から身につけることができます。収益に関してだけでなく、企業統治やリスクマネジメントなどの損害やリスクを低減させるために必要な知識も学べますので、経営に携わるならぜひ学んでおきたい内容です。

3-2.人脈を形成できる

MBA取得を目指すために通う大学院やビジネススクールには、キャリアアップやグローバルビジネスでの活躍など、高い志を持つ人が集まります。そして、卒業するまで講義やゼミに参加し、時には討論を交わして互いに切磋琢磨する関係になりますので、MBAを取得するころには幅広い国籍の人や様々な業界・業種に在籍している人など、通常知り合う可能性がほとんどない人との人脈を広げることが可能です。直接ビジネスで関わることがない場合も、スクールで形成できた人脈やネットワークは様々な場面で大きな助けとなるでしょう。

3-3.年収アップを見込める

MBAを取得することにより、年収アップにつながる可能性が高くなります。MBAは国家資格ではないものの、国際標準の経営知識を大学院レベルで取得している証明となりますので、社内での昇進や昇格の可能性も期待できますし、それに伴う給与や手当の増額も見込めます。

社内でMBAの取得が年収アップにつながらない場合でも、起業や独立、転職などによるキャリアアップで収入の増額をもたらすケースがありますので、学習内容が自分にとって必要なものだと感じたら、MBA取得を目指すと良いでしょう。

3-4.英語力が向上する

現代はグローバル化が進んでおり、英語でコミュニケーションをとることができる能力が求められています。海外転勤がある企業だけでなく、外資系のように英語での会話が一般的になっている企業が増えていますので、今後はますます英語によるビジネスレベルのコミュニケーション力が求められるでしょう。

海外留学でMBAを学ぶ場合、授業は当然英語で行われます。慣れるまでは大変ですが、英語でのレポート提出やディスカッションは、失敗を恐れずに済む環境でビジネスレベルの英会話ができる貴重な経験です。MBAを取得するころには、グローバルな人脈に加え、海外で対等に渡り合えるだけの英語力が身についているでしょう。
 

4.MBAを取得するデメリット

MBAを取得することによるメリットはいくつもありますが、デメリットがないわけではありません。以下に、MBAを取得するデメリットについて解説していきます。

4-1.取得に費用や時間がかかる

MBAは試験に合格すれば取得できるというものではなく、1~2年間大学院やビジネススクールに通わなければなりません。そのため、取得するまでには高額な学費や生活費、海外留学の場合は渡航費用などの多くの費用と時間が必要です。国内でも300~500万円、海外では1000万円程度の費用負担が必要でしょう。また、既に働いている人は仕事との兼ね合いも生じます。海外留学の場合は現在の仕事を休職、もしくは退職しなければならず、収入減を断たれるだけでなくブランク期間の負担も大きくなるでしょう。国内で働きながら学ぶ場合には、ディスカッションや発表、レポート作成などの作業を仕事と両立させなければなりません。

4-2.独占業務がない

MBAは経営の実務では役立つ反面、取得しても意味がないといわれることもあります。というのも、MBAはあくまでも高等教育を受けたことを証する修士号であり、独占業務を持つ専門資格ではないためです。独占業務とは弁護士や税理士のような国家資格取得者以外が従事できない業務です。MBAは幅広い業種で役立つ一方で、MBA取得者しかできない業務というものがなく、すぐにビジネスでその効果を発揮できるとは限りません。そのため、MBAは取得を目的とするのではなく、なぜ取得したいのか、取得後にどのように役立てたいのかといった目的意識や必要性を考える必要があります。
 

5.MBAを活かせる仕事

MBAは様々な業種で活かせます。中でも、俯瞰的な視点から企業の課題を発見し、解決法を策定する能力が必要なコンサルティング業や、専門性が求められる財務や税務、法務、人事などの職種ではMBAの知見を十分に活かすことができるでしょう。

海外留学でMBAを取得している場合には、能力だけでなくブランド力の面でも、外資系企業から評価されやすくなります。例えば、外資系投資銀行のIPO、M&A、証券アナリスト業務の他、外資系IT企業の経営部門などでも活躍が期待されるでしょう。
 

投資銀行・M&Aの求人
 

MBAを取得してキャリアアップを目指そう!

このように、MBAは取得するまでに時間はかかりますが、その分幅広い経営の知識を身に付けることができますし、外資系企業への転職をする際も審査で有利に働く可能性があります。外資系企業への転職やキャリアアップを目指すなら、MBAの取得を検討しましょう。マイケル・ペイジではMBAを高く評価する外資系企業の取り扱いも多く、さまざまな求人情報を見つけられます。
 

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう