適応力や対応力は、昨今ビジネスパーソンに特に求められています。変化が急速に、そして予期せずに起こることも多い現在の職場環境で特に重要度が増しています。このように、ビジネスパーソンとして成功するために必要とされるスキルはいくつかあります。この記事では、企業が求めるトップ人材で居続けるために、今後注目すべき7つのスキルをご紹介します。


1. デジタルリテラシー

企業は、様々な業務の自動化を実現するテクノロジーを急速に導入しており、ビジネスパーソンはこれらのテクノロジーを管理し、必要な箇所を補うという任務を負っています。デジタルリテラシーは、「あると便利」なものから、どんな仕事をするにも必要不可欠なものへの変化を遂げました。
 

2. CRM(顧客関係管理)

企業は、顧客のニーズを戦略の中心に置くこと(顧客志向)の重要性により目を向けるようになってきています。その結果、あらゆるビジネス上の意思決定において、顧客が軸となるような新しい考え方を提示するのに役立つ、リレーションシップ・マネジメント、カスタマー・エンゲージメント、カスタマー・エクスペリエンスといった顧客管理に関するスキルが非常に重視されるようになってきています。
 

3. 営業力と影響力

直接営業に関わっていない場合でも、自分のアイデアや仕事、成果を幅広いチームに売り込む方法を知っておく必要があります。営業力や影響力のスキルには、交渉スキル、コミュニケーションスキル、リーダーシップなどが含まれます。これら全てのスキルが、あなたが何かアイデアを発表する際または仕事の成果を説明する際にステークホルダーを味方につけるのに役立ちます。
 

4. データに基づく意思決定

企業はデータに基づいて意思決定や戦略を立てるようになってきています。個人としては、一夜にしてデータサイエンティストになる必要はありません。データ分析ツールは進化していると同時に利用しやすくなっており、ほぼ全ての人がデータを活用して意思決定を行うことができます。自分の仕事に関連するデータ分析の基礎を学び、データを解釈して説得力のある形で提示する方法を身につける努力をしてください。あなたの行動や意思決定は、適切に表現されたデータに裏打ちされていれば、より強固なものとなります。


5. 革新的思考

イノベーションという言葉は、特にテクノロジー分野でやや使い古された感がありますが、この概念自体はこれまでと同様に重要です。革新的な思考とは、古いやり方をやめ、新しい角度から問題にアプローチし、これまでにない解決策を考える能力を持つことです。革新的な思考は、変化、進歩、古い課題への新しいアプローチの礎となります。
 

6. 成長のためのグロース・マインドセット

好奇心、学習意欲、新しい状況に適応する能力は、すべてグロース・マインドセットに集約されます。グロース・マインドセットとは、必要なスキルや経験、知識がなくても、それらを学び、なりたいプロフェッショナルに成長する能力があるという考えに基づいています。このような成長思考は、自分が置かれている状況に決して「行き詰まる」ことがないようにしてくれます。そして、常に学び、成長し続けたいという強いメンタリティを持つことは、職場が進化していく上で必要不可欠です。
 

7. 人間関係管理能力

アジリティをもって人間関係を管理することで、コラボレーションやチームワークを活発化させるだけではなく、最終的には社内の異なる部門やポジションの人々にも影響を与えることができるようになります。このスキルは企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中でも引き続き必要とされるスキルであり、どのような職務においても成功と失敗の分かれ目になるでしょう。
 

スキルアップの大切さ

スキルアップは、大学や大学院などでの正規の教育や、社内・社外研修だけではなく、上司やメンターと1対1で仕事をするなどの非公式のトレーニングを通じても行うことができます。

職場の変化に伴い、企業は社員に多くのことを期待するようになりました。特に、変化や新しい事に挑戦することにオープンであることが求められています。その期待に応えるためにもスキルアップに力を入れましょう。最近では、現時点でのハードスキルや経験だけでなく、ポテンシャルを重視して採用する企業が増えています。転職の際に自分のポテンシャルを伝えられるようにするためにも、常にスキルアップの機会を模索することをお勧めします。
 

マイケル・ペイジで求人を探す(外資系 / 国内企業 / 派遣・契約 )
 

スキルアップに役立つコンテンツ

どの業界でも求められているソフトスキルとは?

スキル向上のための4つの選択肢

エンプロイアビリティ(自分の市場価値)を高めるためにできる5つのこと