これから外資系企業に就職しようと考えている人もいるかもしれません。そういう人は、まずどの程度の初任給が貰えるのかを知っておく必要があります。安心して働くためには、給与に関してしっかり理解しておくことが大切です。初任給が高いと言われている外資系企業ですが、実際満足できるほど貰えているのでしょうか。今回は外資系企業の初任給に関して詳しく紹介していきます。

1.外資系企業の初任給が公開されていない理由

転職先を選ぶ時、初任給がどのくらい貰えるのか気になる方もいるでしょうが、外資系企業は基本的に初任給を公開していません。それは、ライバル会社に優秀な人材を引き抜かれないようにするためです。初任給を公開してしまうと、それを見た他社がより高い給与条件を出し、優秀な人材を引き抜いてしまうかもしれません。それを防ぐために、初任給を公開していない外資系企業が多いです。また、年齢で給与が決められていないため、初任給を公開していないケースもあります。

日系企業では年齢に合わせて給与が決められているケースが多いですが、外資系企業では能力や職種によって給与額が決められます。そのため、同じ新卒者でも初任給の額が大きく変わるケースがあるのです。初任給のことを外資系企業ではベースサラリーと呼ぶことが多いですが、ベースサラリーは職能給によって決められます。それにインセンティブが上乗せされるため、一律に初任給を提示することが難しいのです。日系企業の求人情報を見慣れていると珍しく感じるかもしれませんが、外資系企業では初任給を公開しないのが一般的と考えておいたほうがよいでしょう。

2.外資系企業の初任給の実態

外資系企業の初任給のことをあまり理解できていない人もいるかもしれません。そういう方に向けて、ここからは外資系企業の初任給の実態について詳しく紹介していきます。

2-1.一般的にもらえる外資系企業の初任給
外資系企業は給料がよいというイメージがあり、転職を考えている人もいるでしょう。確かに、他の企業に比べると外資系企業の初任給は高いと言われています。労務行政研究所の調べでは、新卒の1年目の平均初任給は20万6250円となっています。外資系企業の場合、30万円ほどの初任給を貰えるところもあるため、他の企業に比べると初任給は高いと言えるでしょう。しかし、注意しなければならないのが、ボーナスが月給に含まれているかどうかです。ボーナスは日本企業に多く取り入れられているもので、基本的に外資系企業にボーナスという概念はありません。そのため、日本で言われるボーナス分が月々の給与に加算されているケースがあります。

基本給が高く見えても、ボーナスを含めるとそれほど高くない場合もあるので注意しましょう。外資系企業の平均初任給は約400万円程度です。全職種の新卒の初任給の平均は200万円程度と言われているので、それと比べれば十分な水準です。日系企業の2~3倍程度の初任給になるので、給与水準の高さを求めて外資系企業に転職するのは間違った選択ではないでしょう。しかし、外資系企業は仕事で結果が出せなければ給与が減額されてしまうケースも珍しくありません。日系企業よりも、仕事の結果次第で給与が大きく変わりやすい点には注意しましょう。

2-2.外資系企業の初任給が高いといわれている理由
日系企業に比べると初任給が高い外資系企業ですが、それにはいくつか理由があります。まず大きな理由の一つが、毎月の給与に福利厚生や各種手当が含まれていないことです。一般的な企業では、住宅手当や福利厚生など、給与とは別に様々な手当を支給しているところが多くあります。月給が低かったとしても、そういった手当があるため満足できる給与水準になっていることも多いのです。しかし、外資系企業はそういった手当が用意されていないケースが多くあります。その分を給与に上乗せできるため、結果的に初任給が高くなっているというわけです。

また、外資系企業は人材の目星を付けるのが早いため、それが初任給の高さに繋がっています。企業によって変わりますが、大学3年生の夏インターンの時には、すでに採用したい人材を見つけ出しています。優秀な人材に対して、期待を込めて初任給を高く設定しているのです。また、外資系企業の中には高い収益を維持している企業が多くあり、それを新卒社員にも還元できているというのも高い初任給を払える理由です。

3.UPorOUTを理解しておこう

外資系企業には、日系企業にはないUPorOUTと言われる体系があります。外資系企業の初任給に関して理解を深めるためには、まずUPorOUTに関してしっかり理解しておきましょう。まず外資系企業の給与体系で特徴的なのが、日系企業に比べるとシビアであるということでしょう。評価される仕事をすれば給与は上がりますが、何も成果が出せなければ退職すると言われているほどシビアです。昇格・昇給(UP)か退職(OUT)のどちらかという意味で、UPorOUTの体系と言われています。日系企業では成果よりも年齢や勤続年数に応じて、給与や役職が上がるケースが多いです。また、成果が出なかったからといって、退職に追い込まれるということはそれほどありません。それに比べると、結果がすぐに昇給や退職に繋がる外資系企業はかなりシビアに感じるでしょう。

UPorOUT体系の外資系企業は、入社できたからといって長く働き続けられる保証はありません。仕事で結果が出せなければ退職に繋がる可能性もあるため、離職率が高くなってしまうのも外資系企業の特徴と言えるでしょう。UPorOUT体系の外資系企業では、定年まで働き続けられる人は多くありません。そのため初任給が高くても、生涯賃金が多いとは言い切れないのです。外資系企業へ転職を考えているなら、良い所だけを見るのではなく、こういったリスクがあることもしっかり理解しておいたほうがよいでしょう。

外資系企業の初任給が高いことには理由がある

初任給が高いと言われている外資系企業ですが、それには即戦力の人材を確保するためなど様々な理由があります。初任給が高いということだけを見て、その理由をしっかり把握しないまま転職を決めてしまうと、思っていたようなキャリアを歩むことができなくなるかもしれません。外資系企業へ転職を考えているなら、まずは初任給が高い理由をしっかり理解した上で検討するようにしてください。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます