職場環境改善とは?職場環境の要素や改善アイデアを紹介

「社員同士の仲が悪く、業務効率が低い」「残業が多く、ストレスが溜まりがち」「離職率が高くなかなか人材が育たない」など、今働いている会社の職場環境について悩みがあるものの、具体的な解決策が分からずお困りではありませんか?

本記事では、職場環境を改善する方法やヒントを知りたい人に向けて、職場環境改善の意味や、職場環境の要素、職場環境改善の進め方、改善に向けたアイデアなどのポイントを解説します。ぜひ参考にして下さい。

関連記事:注目を集めているEVPとは?メリットや設定事例などを解説
 

1.職場環境改善とは

1.職場環境改善とは

職場で多くのストレスを抱えるあまり、身体や心の不調に陥ったり、退職したりするケースが少なくありません。職場環境改善とは、こうした従業員の不調や離職防止を目的として、職場環境を見直す施策全般を指します。

職場環境改善に向けた見直しの対象には、作業環境の物理的なレイアウトや労働時間、勤務形態、作業方法、組織、仕事の意義や役割、責任、人間関係、職場の意思決定への参加の機会など、多岐にわたる項目が含まれます。
 

2.職場環境を構成する要素

2.職場環境を構成する要素

職場環境改善の具体的な施策を検討する前に、職場環境を構成する要素について理解を深めることが大切です。職場環境を構成する4要素を解説します。

2-1.物理的環境

職場環境を構成する要素の1つ目は、物理的環境です。物理的環境には、従業員が快適に仕事ができるよう、空間を構成する要素が含まれます。

具体的には、照明の明るさやエアコンの設定温度、騒音対策、受動喫煙の防止、有害物質対応、緊急対応時の手順などが挙げられます。

物理的環境には、実際に作業するオフィスや工場などの空間だけでなく、トイレや更衣室、休憩室、食堂なども見直しの対象に含まれます。

2-2.環境人間工学

職場環境を構成する要素の2つ目は、環境人間工学です。環境人間工学とは、人間工学を構成する一つの領域であり、光や音、温度などの物理的な環境要因が人間にどう影響するかを研究する分野です。

環境人間工学の側面からは、従業員が身体面だけでなく、精神的にも健康な状態を保ちながら作業を続けられるよう、職場環境にさまざまな工夫を取り入れます。

例えば、近年注目されている「人間工学に基づくオフィスチェア」の導入も環境人間工学における環境改善の取り組みの1つです。

他にも、作業台の配置や作業場所のレイアウト、温度・湿度・気流などのオフィス空間の気候なども、環境人間工学で取り組むべき要素として挙げられます。

2-3.人間関係

人間関係もまた、職場環境を構成する重要な要素の1つです。人間関係は、特にメンタルヘルスの低下を招く恐れがあるストレス要因と考えられています。

例えば、コミュニケーションが不足している職場では、報告や連絡、相談などが不十分なために意思疎通がうまくいかず作業効率が悪化しがちです。従業員の生産性やモチベーションが低下するだけでなく、人間関係にもトラブルが生じてしまいます。

人間関係の悪化を避けるには、チャットアプリなど効率的な情報供給の仕組みの導入・活用や、上司や同僚に相談しやすい雰囲気を作るなど、円滑なコミュニケーションを通じて風通しの良い職場環境を整えるのが重要です。

2−4.労働条件(仕事内容や給与など)

職場環境を構成する4つ目の要素は、労働条件です。労働条件がきちんと整えられていない場合、さまざまなトラブルが発生します。

例えば、有給休暇が定められているにもかかわらず、慢性的な人手不足が原因で休暇が取りづらい場合や残業を強いられている場合、従業員は身体的な疲労や精神的なストレスがたまりがちです。パフォーマンスの低下だけでなく、疲労によるミスが原因で大きな事故にも繋がりかねません。

労働条件に含まれる項目としては、労働時間や仕事内容、賃金、休日休暇、人事制度、仕事の裁量権、業務の難易度、仕事の負荷など多種多様です。

関連記事:新しい働き方「フレキシブルワーク」とは?メリットや導入方法を解説!
 

3.職場環境改善の効果

3.職場環境改善の効果

職場環境改善への取り組みは、従業員にさまざまな良い影響をもたらします。どのような効果が期待できるのか、具体例を3つ挙げて解説します。

3-1.生産性や企業価値の向上

職場環境改善の取り組みが進むと、従業員の「働きやすさ」が向上し、業務効率化が期待できます。

働きやすい環境では従業員の満足度も高まり、人が定着して、それぞれが能力を発揮できるようになります。その結果、個々の生産性が高まって、企業全体の生産性向上にも寄与するのです。

企業の収益もアップに繋がるだけでなく、従業員の健康維持や満足度向上に力を入れていると、対外的な企業価値や評価を高めることも可能です。

関連記事:働きやすい職場とは?環境整備の重要性やメリットを解説

3−2.離職防止

職場環境改善に取り組むと、離職防止にもつながります。

残業が多い、人間関係が悪い、賃金が低い、休暇が取得しづらいなどの課題を抱えた職場では、従業員がストレスを抱えて心身の健康を損ないがちです。結果、辞めていく人が多く、人材の流動に歯止めをかけられません。

職場環境改善を通じて快適な作業環境や福利厚生の充実などが図れれば、仕事上のストレスが減って従業員の離職率も低下し、人材の流出をストップできます。

3-3.従業員のエンゲージメント向上

職場環境改善を通じて、従業員のエンゲージメント向上も期待できます。

例えば、ワークライフバランスが保たれている、業務効率が高い、給料が良い、休暇が取りやすい、評価制度が整備されていて昇給や昇格ができる、などの環境が整備されている職場では、従業員の受けるストレスが軽減され、高いパフォーマンスを発揮する傾向があります。

職場に対する満足度が高ければ、働く意欲も向上し、従業員のエンゲージメントが高まります。
 

4.職場環境改善の進め方

4.職場環境改善の進め方

職場環境改善を進める際は、始めに目的を明確にするのが重要です。目的と併せて、職場環境改善の取り組みを推進する主要メンバーを決めて、社内周知を行います。

その他のポイントとしては以下の通りです。職場環境改善に取り組む際の参考にしてみて下さい。

  • 経営層によるトップダウンよりも全員参加型の施策として取り組む
  • スモールステップから始めて、徐々に対象部署を広げていく
  • 理想論ばかりで進めず、現実的な施策を検討する
  • 課題を特定して解決するよりも、目標志向で施策を企画する(課題解決型にすると、原因となる人間を特定しようとして人間関係がこじれる恐れがあるため)
     

5.職場環境改善のアイデア

5.職場環境改善のアイデア

職場環境改善について、自社で取り組むべき方法がイメージできていない人向けに、職場環境改善の切り口をアイデアベースでご紹介します。

5‐1.社内コミュニケーションを活性化させる

職場環境の中でも重要な要素である人間関係に着目したアイデアが、社内コミュニケーションの活性化です。コミュニケーションの活性化を通じて、意見交換や情報共有などが活発化し、関係構築が促進されます。

具体的な施策としては、上司と部下の間での定期的な1on1ミーティングの実施、食事会の開催、チャットツール・社内ポータルサイトを活用した情報共有、フリーアドレス制の導入やフリースペースの設置による交流の活発化などが挙げられます。

関連記事:1on1とはどのようなミーティング?目的やメリットなどを解説

5-2.業務内容や業務量の見直し

労働条件は職場環境を構成する要素の1つですが、その労働条件の一部から切り込むアイデアが、業務内容や業務量の見直しです。

具体的な施策としては、個人の能力やスキルに対し、割り当てられた業務内容が適正かどうか、業務量が多すぎか・少なすぎないかなどの見極めと調整が挙げられます。また、各人が所属するチームや部署における責任の所在を明確化したり、裁量範囲を調整したりするのも有効な取り組みです。

5-3.メンタルヘルス対策を学ぶ

メンタルヘルスは職場環境を構成する要素の中でも、人間関係や労働条件などと切り離すことができない重要なテーマです。メンタルヘルスとは、一言でいえば心の健康状態を指します。メンタルヘルスの不調は本人はもとより、周囲にも気づかれにくい傾向があるため、予防に向けて具体的な対策を学んでおくのは有効な取り組みです。

具体的な施策としては、正しいストレスチェックの実施と、チェック結果を活用したセルフケアの促進、産業医や保健師の活用などがあります。

関連記事:コーピングとは?人事担当者が知っておきたい職場のストレス対策!
 

理想の職場環境をイメージして改善を進めよう

理想の職場環境をイメージして改善を進めよう

職場環境改善は、従業員の心身の不調を招くストレス要因を防止する上で不可欠な取り組みです。職場環境の改善を通じて、従業員が働きやすい職場を提供すれば、従業員の満足度向上が期待できます。また、離職率の低さやメンタルヘルス対策などの社内体制がしっかり整っている点をアピールできれば、採用活動時にメリットになります。

なお、職場環境改善と併せて採用募集を検討されている企業様は、ぜひマイケル・ペイジにご相談下さい。働きやすい職場環境をアピールしながら、プロフェッショナル人材を探してみませんか?

転職活動中の方は、こちらから

お問い合わせ

採用ご担当者様は、以下をご記入ください。