優秀な人材を確保できれば、企業にとって大きなメリットとなるでしょう。そのため、「優秀な人材が欲しい」というのは、採用担当者共通の願いと言えます。しかし具体的に優秀な人材とは、どういった人材の事を指すのでしょうか。


1.優秀な人材の定義は?

まずは優秀な人材とは何なのかを定義してみることが大切です。どんな業界や業種でも共通しているのは、「会社に利益をもたらしてくれる人」であるということ。例えば新しいプロジェクトを立ち上げたり、依頼された仕事以上の成果を発揮したりする人です。そしてそれに結果が伴っていることが重要です。あくまで売り上げを増やして、利益を上げられる人を優秀な人材と定義します。また、「会社の未来を担える」人材であるということも、優秀な人材の定義のひとつです。優秀であるということは、自分で将来の予測を立てて、自身のスキルアップや会社の将来を考えられる、そしてそれに向かって努力ができるということです。

ただし、優秀な人材の細かい定義は、会社によって異なる場合があります。どんな人材が必要なのかを判断するなら、現場の声を聞くのが一番です。例えば、新規の事業で必要なスキルを持っている人が欲しいとか、時間をかけて根気よく学べる人が欲しいなど、現場の人の意見を取り入れて採用担当者が定義するのが良いでしょう。

関連記事:カルチャーフィットをするには何をすればいい?
 

2.優秀な人材の特徴 【どの会社でも共通すること】

2-1.自分の役割を理解している

会社に利益をもたらすにはどうすればいいのか、会社側から何を期待されているのかを理解できる人です。求められている役割や、何をすべきかを判断できる。すべての仕事を自分ひとりで行う必要はありません。やらなくても良い仕事を他人に任せれば、自分がすべきことに集中できます。目的達成のために臨機応変に対応ができるということは大切です。利益を生み出す仕組みの本質を理解できないと、こういった対応はできません。

役割を理解して利益を最大化できる人は、自分自身のことも深く理解しています。自分は何が得意なのかを判断し、それを活かして会社に貢献できます。また、得意でない部分は自分で努力をしたり他の優秀な人に任せたりと、仕事が円滑に進むようにコントロールをしていきます。自己認知ができる人は、どんな業界でも必要とされる能力と言えるでしょう。

2-2.自己研鑽を怠らず学んだことを会社にもたらせる

現状に満足せずに入社した後もスキルアップなどをして、努力を怠らない人は優秀と言えるでしょう。どんな分野でも新しい技術やシステムが生まれていきます。従来のやり方でうまくいっていたとしても、いずれは古くなってしまい、売り上げに貢献ができなくなる可能性があります。そのため、業界の最新の動向を把握し、常に情報収集をしていかないといけません。また、学んだスキルや情報を自分の中だけで収めるのではなく、会社内で共有するのも大切です。自分だけが分かっていたとしても、それを活かせる環境がないと意味がありません。社内で共有し、活用しなければ会社の利益につなげることはできないでしょう。

2-3.職場の人と上手くやれる

いくら優秀な人材だったとしても、ひとりで仕事を進めていくことはできません。ほとんどの場合、チームなどを組んで複数で業務を行います。独りよがりで意思疎通ができない人は、利益を生み出すのが難しくなります。そのため、周りに馴染んで円滑なコミュニケーションを取れる人が重要です。仕事上の問題や疑問を質問したり進捗状況を把握したりと、職場の人と上手に会話できるのが理想と言えます。また、退職をする人の理由で多いのは人間関係です。

人間関係に不満があると早期退職をしてしまう場合もあるので見極めが必要です。さらに他の人に対して高圧的で、パワハラのようなことをする人にも注意が必要です。能力があっても、他の社員を退職させてしまうリスクがある人材は優秀とは言えません。本当に「優秀な人材」とは、自分の能力だけではなく、他の社員の能力を引き出すことができ、結果として最高の仕事ができる人材です。

2-4.次世代の育成ができる

仕事ができるだけではなく、会社の次世代を担う人材も育成できるマネジメント力が必要です。一握りの優秀な人材だけでは、いずれ会社の成長が止まってしまう可能性があります。従業員すべてのレベルを上げていくのが理想と言えるでしょう。例えば、部下に上手に仕事を振って育成をしていきます。新しい仕事を任せつつ、しっかりとサポートも行っていけば、無理なく部下もレベルアップができるようになるでしょう。また、自分自身はさらに高度な仕事に挑戦をしていきます。そうすれば部下は成長を意識して、自分はさらにスキルアップができるようになります。

2-5.会社の将来を考えて動ける

上記で説明した「スキルアップと情報収集を怠らない」や、「次世代育成にも力を入れる」に近いものがありますが、会社の将来を意識して動ける人は優秀です。最新機器が開発されたり社会インフラが変化したりと、自分が携わっている業界以外の同行も観察しながら、5年後、10年後を考えていけるようにしないといけません。例えば、SNSなどの発達によって、より効果的なマーケティングできるようになったり、ITの進化で業務の効率化ができるようになったりと、様々な業界で利用できる技術がたくさんあります。

他にもキャッシュレス化によって現金をあまり利用しなくなったり、最新医療で寿命が延びたりなど、社会ではいろいろな進化が見受けられます。これらを把握し、自分の会社にどうやって活かすことができるのかを考えられる人は、会社に大きく貢献してくれるでしょう。
 

3.優秀な人材を見抜いて実際に採用するためのポイント

優秀な人材を採用するには、その人材を見抜く力、そして何よりも相手に入社したいと決意してもらうことが大切です。優秀な人材を見極める方法は、例えば退職理由を聞いてみる方法があります。スキルアップをしたいとか御社の仕事に貢献したいなど、前向きな理由であれば問題ありません。しかし、他責的で批判的な内容だったり、ネガティブ過ぎる理由だったりする場合は少し考えた方が良いでしょう。また、面接の際の受け答えがしっかりとしているのか、メールや電話のやり取りがスムーズなのかもチェックするポイントです。

関連記事:コンピテンシー面接とは?その活用理由と対策について
 

優秀な人材が面接に来てくれて内定を出したとしても、相手が会社のことを気に入ってくれなければ入社に至ることはありません。会社側が応募者をチェックしているのと同様に、相手も会社側を見ています。優秀な人材を説得するためにも、採用活動中から応募者と対等な目線でコミュニケーションをして、誠実な対応を心がけることはもちろん、彼らのニーズに応える会社にしていく必要があります。彼らの「成長し続けたい」というニーズには、研修や自己研鑽を奨励するシステムの構築、メンターシップの導入をする。そして、彼らの「自分にあった会社や同僚の中で働き、能力を最大限に生かしたい」というニーズに応えるために、会社と役割の説明を詳しく行うこと。それによって入社後のミスマッチングを防ぐこともできます。

関連記事:優秀な社員を惹きつけるには
 

「優秀な人材」の定義から始めよう

どんな会社でも通用する「優秀な人材の特徴」を紹介していきました。共通する特徴を理解した上で、各社で異なる業種や会社の方針などの細かい部分について確認し、自社に合った優秀な人材とはどんな人物像なのかを定義付けることが重要です。

また「優秀な人材」を採用するには、優秀な人材が「優秀」でいられる、また今以上に能力を伸ばせるような環境を会社で整備することも大切です。
 

マイケル・ペイジで人材を探す
 

もっと読む:
洞察力はビジネスにどう役立つ?洞察力のある人材を見極める方法は?

「応用力のある人材」って?採用段階で見極めるには?応用力の鍛え方も紹介

社会人にとって「実行力がある」とは?身に付け方や見抜き方・アピール方法