You are here

サイバーセキュリティのイノベーションと雇用動向

サイバーセキュリティ侵害の件数は2014年から67%増加、1件あたりの平均被害額は392万米ドル(日本円で4億円)にも上るなど憂慮すべき状況です。2020年には、ホテルチェーンのマリオット・インターナショナル、Zoom、シンガポール保健省による大規模なデータ漏洩事件がありました。それにも関わらず、約95%の企業が十分な対策を導入ができていないとされています。

セキュリティ対策導入の上で、最も重要なことは適切な人材を採用することです。サイバーセキュリティ人材採用の上で、最も重要なスキルとは何でしょうか。サイバーセキュリティをめぐる環境が目まぐるしく変化する中で、企業はどのような人材を採用すべきでしょうか。

 

サイバーセキュリティ人材の採用における最重要課題

 

これら喫緊の問いに答えるため、マイケル・ペイジは、アジア太平洋地域のビジネスリーダー、研究者、自社コンサルタントに話を聞きました。まだ市場で多く取り上げられていない、サイバセキュリティのレポートをお見逃しなく!

 

「ヒューマンズ・オブ・サイバーセキュリティ」をこちらよりダウンロード! ダウンロードには無料登録が必要です(所要時間約1分)。