薬理・安全性研究 (iPS細胞を用いた再生医療)

大阪府 正社員 6,000,000¥ - 10,000,000¥ 日系企業
  • 最先端のアカデミアとの連携による基盤研究〜国内・海外における臨床開発・承認申請まで幅広い分野で活躍ができるポジション
  • グローバルな活躍(海外子会社と連携、直接のやり取り、海外出張)

企業情報

グローバル・スペシャリティファーマ
※企業様との秘密保持契約のため、
企業名については、直接お話させていただく方に限り、開示させていただきます。

職務内容

同社では、下記に関する各プロジェクトが多数存在します。

【モダリティ】 低分子、中分子、高分子
【領域】 CNS、感染症、がん、再生医療
【臨床フェーズ】 探索段階(early)〜開発後期(申請間近)

◆今回のポジションは、"再生医療" "iPS細胞"に特化したポジションです
(実務例)
・iPS細胞を用いた非臨床研究
薬理研究: 薬効評価系の確立、試験計画立案・実施、各種文書作成など
安全性研究: 安全性評価試験の計画立案・実施、各種文書作成など

・iPS細胞分化誘導法の研究
目的細胞への分化誘導法の確立・最適化、工業化検討など

◆魅力
・最先端のアカデミアとの連携による基盤研究〜国内・海外における臨床開発・承認申請まで
幅広い分野でご活躍いただくことができます。
・英語力を活かすことができます(海外子会社と連携、直接のやり取り、海外出張)。

理想の人材

【必須】

・理系大学院にて博士あるいは修士を取得されている方
・ビジネスレベルの英語力のある方

(下記は、いずれかの経験)
・薬理・安全性研究などの非臨床試験(細胞医薬分野が望ましい)をリードした経験のある方
・iPS細胞などの幹細胞を専門分野として研究した経験がある方

【歓迎】

・ 創薬チームリーダー、研究テーマリードのご経験をお持ちの方
・ 細胞医薬品の開発において、PMDA等規制当局との交渉経験、文書作成経験のある方
・ 協調性があり、責任感が強く、粘り強く物事に取り組める方
・ 再生医療の実用化に熱意をもって取り組める方

条件・待遇

<契約期間> 期間の定めなし

<試用期間> 試用期間あり(3ヶ月)

<給与> 想定年収:600〜1000万円
※ 経験・専門性などを考慮します。

<諸手当>
裁量労働手当、通勤交通費、住宅手当(条件あり))

<昇給・賞与>
昇給 / 年1回(7月)
賞与 / 年2回(7月・12月)

<勤務時間>
専門業務型裁量労働制;始業9:00 終業17:50を基本とし、ご本人の決定に委ねます。
在宅勤務制度あり

<休日・休暇>
休日: 土・日曜日、祝日、GW、夏季休日、年末年始(年間休日126日)
休暇: 年次有給休暇(13日〜20日)、慶弔等の特別有給休暇、特別積立休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇 等

<その他制度など>
カフェテリアプラン、財形貯蓄制度、従業員持株会、共済会、転勤時社宅制度

コンタクト
Ken Odagiri
求人番号
20347
電話
+813 6832 8906

求人情報

職種
勤務地
雇用形態
担当コンサルタント
Ken Odagiri
担当コンサルタントの電話番号
+813 6832 8906
求人番号
20347
企業タイプ