ITトレンドは目まぐるしく変化している

数ある業界の中でも、特に進化するスピードが速いことで知られるIT業界。この業界の変化は目まぐるしく、トレンドは次々に移り変わります。しかも、ビジネスとITのつながりは、近年ますます強まっており、つい最近まで常識として認識されていた情報はすぐに古くなってしまうため、最先端のトレンドを知っておくことがビジネスでは重要です。

新たなビジネスに最新IT技術が必須となるなか、IT業界に限らず、常にトレンドを追い続ける姿勢がビジネスパーソン全般に求められます。転職活動においても、最先端のITトレンドを熟知しておくことで有利になるでしょう。

ITトレンドの傾向を知ろう

・トレンドを知ることの重要性について

ITトレンドは常に更新され、生き物のように変化していきます。それに合わせて顧客のニーズも次々に移り変わっていくでしょう。IT技術は、新たなビジネスを作り出すうえで必須であり、新しいものを求める顧客の要望をいち早くキャッチすることにつながります。つまり、ITトレンドを押さえることは、顧客の要望に応えるためのビジネスマナーともいえます。

ITトレンドを押さえておけば、最先端の技術に対応している企業を見きわめることもできるでしょう。その企業がトレンドを理解し、ビジネスに取り入れていれば、それだけ顧客のニーズに寄り添い、さらに先を見据えて変化しつづけていると判断できるわけです。

・IT技術が広がるスピード
IT技術は、他の技術に比べてその普及スピードが非常に速いという特徴があります。一説では、1つのサービスが1億人のユーザーを得るためにかかる期間は、電話では75年であるのに対し、Webメディアでは7年とされています。さらに、各種SNSにおいては2年~4年と、かなりのスピードで普及するのです。

こうしたIT技術の普及スピードに合わせて、それぞれの技術も常に革新を続けます。そして、IT技術を活用できないビジネスは、この動きに取り残されてしまうことになるでしょう。

・注目したいITトレンド3選
では、日々進化するITトレンドとして、特に押さえておきたいものを挙げていきます。

・IoTやSNS
IoT(Internet of Things)、いわゆる「モノのインターネット」の技術は、ただ単にインターネットでモノをコントロールするだけではなく、モノと人が構築する世界をデジタルでつなぐものでもあります。現実世界と違ってデジタルの世界には、物理的な距離感が存在しません。そのため、一瞬にしてデータのやりとりをすることが可能で、さらに的確な情報提供や未来予測までもできるのです。

さらに、各種SNSも、現実世界にデジタルを浸透させているものの1つです。人間同士がSNSでつながり合い、そこにも社会が形成されています。SNSの仕組みとIoTとを連携させることで、さまざまなモノやサービスを提供する企業が、特定のユーザーに必要な情報を発信し、それを受け取ったり遠隔操作したりといったこともできるようになります。

・人工知能
人工知能は、これまでは人工的に組み込まれたデータをもとにさまざまな作業を行うものでしたが、近年ではクラウド上に集積されたビッグデータを用いて自らが学習を行い、そこから得た知見をもとに作業を行う技術が開発されています。この技術には、人間の脳の仕組みをもとにしてアルゴリズムを作り出す深層学習(ディープラーニング)が関係しており、より人間の考えや判断に近い作業を行うことを実現しています。

・サイバー・フィジカル・システム
現実世界(フィジカルワールド)をデジタルでデータ化するだけではなく、現実世界とデジタルの世界を融合させて新たな社会の仕組みを構築するのがサイバー・フィジカル・システムです。IoTとSNSの技術向上によって、デジタルの世界はより精度の高いものになっていきます。それにより、デジタルデータに基づいて現実世界についての精巧な未来の予測や計画を打ち出し、それをもとに現実の社会を動かしていくことも実現できるでしょう。こうした仕組みが新たなスタンダードになっていくと思われます。

転職の際にも役立つ知識

このようなITトレンドの動きは、ビジネスにも影響を与え、随時取り入れられていくものです。常に変動するトレンドを知っておけば、その学びつづける姿勢と合わせ、転職先にも重宝されて、これからの企業の発展に必要な人材として受け入れられるでしょう。そのため、普段からアンテナを張っておき、最新の情報をキャッチしていくことが大切です。