生産性と健康を維持し、職場の内外で幸せであるためには、仕事と私生活のバランスを取ることが重要です。仕事と私生活のバランスをうまく取るためには、最も重要な計画を中心に1日の計画を立て、定期的に休憩を入れ、休暇を活用することです。

仕事の優先順位の設定

1日の最も緊急な仕事を判断して、それを完了する十分な時間を割り当てることが重要です。何に焦点を当てるべきか不確かな場合、上司にアドバイスと支援を仰いでください。優先度が高くない他の仕事は、後回しにしたり、同僚に依託することができます。これにより仕事量を把握して、職場で費やす時間を制限することができます。

仕事のスケジュール策定

優先順位を設定したら、それを中心に1日のスケジュールを立てます。似た仕事をグループ化することにより、1日の仕事をすべて効率的に済ませることができます。そうすることで優先度の高い順番に仕事を済ませることができます。これにより、さまざまな職務の納期に十分間に合わせることができるだけでなく、まとまった仕事が終わるごとに休憩を入れることができます。

休憩

仕事に関係していない活動に個人的な時間をある程度割くべきです。昼食休憩を取ることで、ランニングや同僚との交流ができます。また、仕事の前や後に時間が割けない場合、1日の休憩時間を短くしてでも個人的な活動に使うことを検討してください。これにより、1日の仕事だけでなく、自分のキャリア以外の目標を達成することができます。

休暇の活用

日中に自分のために時間を割けない場合、長期休暇を取ることを検討してください。趣味、海外での休暇、クリスマス休暇に時間を使ってください。このように仕事と関係のない時間を確保して、自分のために使い、くつろぎ、緊張をほぐしてください。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます