働き方改革が世間でいわれているいま、日本人のワークスタイルも変わりつつあります。従来のように終身雇用制度のもと、会社のために身を粉にするという働き方から、自分で自分の仕事を管理する働き方を選ぶ人が増えてきているのです。

それにともない、会社に雇われないで個人で活動する、いわゆるフリーランスという働き方も定着してきました。 会社員とフリーランスには、働き方や税金の納め方など、さまざまな違いがあり、どちらにもメリット・デメリットがあります。この記事では、フリーランスと会社員の働き方を比較して、働きやすさの違いについて解説します。

フリーランスと会社員の違い

フリーランスと会社員の一番の違いは雇用形態にあります。フリーランスはいわゆる自営業者であり、特定の技能、経験、ノウハウ、労働力を、依頼主と業務委託契約を締結することによって対価と引き換えに提供します。

フリーランスが提供するものは、依頼された成果物の完成や、合意された基準に基づいたサービスの提供です。

一方、会社員は雇用契約により、会社のために労働力を無期限に提供するという義務を負っています。フリーランスのように特定の成果物をおさめるのではなく、長期的視点から会社の利益をあげるべくコミットメントを求められるのです。お金の受け取り方としても、月給や年俸のように、労働時間や成果物の量にかかわらず一定の金額をもらいます。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

・労働する時間を自分の都合で決められる
・契約に際して自分で仕事を選ぶことができる
・職種によっては自宅で業務を行うことも可能である
・仕事の方向性を自分自身で決めることができる
・人間関係のしがらみから解放される

どれも、多くの人がフリーランスをめざす理由にあげるものばかりです。
一方でデメリットとしては、

・仕事ごとの契約になることが多く、収入が安定しない
・確定申告をはじめとした税金対策をすべて自分で行わなければいけない
・健康診断など企業の提供する福利厚生を受けることができない
・クライアントとの関係上、無理な仕事を引き受けなければいけないこともある

などが考えられます。

たしかに、フリーランスの場合、仕事を選び、自分のペースで仕事をすることは可能ですが、一定以上の収入を得ようとすれば、それなりの仕事量を求められてしまいます。

この問題は、会社員が勤務年数によって給料が上がっていくように、経験を積み、スキルを上げることで、より高単価の仕事を受注することで解決するしかありません。

また、税金に関する手続きは煩雑である一方、経費を計上するなどして独自の税金対策をすることも可能になります。つまり、フリーランスのメリットには、常に一定のリスクもつきまとっているのです。

また会社員と違い、フリーランスで働くには、まず自分が何をできる人間なのかを知ってもらわなければいけません。プログラミングが得意なのか、ライティングの才能があるのか、あなたの持つスキルをクライアントにアピールする必要があるのです。

そのための方法としては、マッチングサイトの利用や、知人の紹介などが考えられます。
あるいは、まず、会社員として働き、自分がフリーランスとして働いていけるだけの下地や土台を構築できてから退職するという方法もあります。どちらにせよ、フリーランスで働いていくには、契約先を見つける必要があるのです。

厳しさの中にも大きな可能性が

今回はフリーランスの立場から、会社員との働きやすさの違いについて解説してきました。フリーランスは、仕事量や勤務時間、職場などある程度自分の都合を優先して決めることができますが、収入の面では会社員のような安定は望めません。

また、税金の処理や福利厚生といった庶務全般も自分でこなさなければいけないため、作業全体では会社員時代より仕事量が多くなることもあるでしょう。

しかし、それらを補ってあまりある魅力がフリーランスにあるのも事実です。フリーランスと会社員、どちらが働きやすいかを一概に決めることはできませんが、職場の人間関係に多大なストレスを感じて能力が発揮できない、自分の可能性を信じてみたい、といった方はフリーランスに挑戦してみるという選択肢もあるでしょう。

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます