ネットワークエンジニアという仕事をご存じでしょうか。かつてはシステムエンジニアなどと混同されがちでしたが、今は専門職として認知され、需要も高まっています。ネットワークエンジニアになりたい人も増加中です。そこで今回は、ネットワークエンジニアの仕事内容や年収を類似の仕事であるサーバエンジニアと比較しながら解説していきます。 

1. ネットワークエンジニアとは 

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの設計や構築、保守・監視、運用まで行う技術者のことです。インターネットが家庭や会社に普及して以来、ネットワークの重要性は増す一方です。ネットワークが繋がらなければ仕事にならない、という会社は珍しくありません。ネットワークエンジニアは、皆が「スムーズにいって当たり前のこと」として利用している通信環境を構築、維持、保守していくのが主な仕事です。求人があるのはIT企業が多く、就職した職場によってはネットワークの設計や構築、保守・管理だけでなく、サーバ環境の設計や構築まで職務となるでしょう。エンジニアの中でも特に幅広い知識と高い技術が必要とされる仕事です。 

2. ネットワークエンジニアの仕事内容 

ネットワークエンジニアの仕事をもう少し詳しく解説しましょう。ネットワークエンジニアの仕事内容は大きく分けて、ネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク監視・運用の3つです。ネットワークの設計はクライアントが求めているネットワークのヒアリングからはじまり、ネットワークの構成や使用するルーターの種類、数、さらに使用する回線などを決めていきます。並行してネットワークの維持に関する費用を計算し、コストを算出し、構築までのスケジュールを立てて行くのも職務の内です。 

ネットワークの構築は、設計のときに立てたスケジュールを基に実際に回線を繋いでネットワークを構築していきます。構築までにかかる日数はネットワークの規模にもよりますが、大規模なものの場合は数か月かかることもあるでしょう。構築が終わったら運用テストを行い、異常がなければ運用を開始します。 

構築が終わっても、ネットワークエンジニアの仕事は続きます。ネットワークは定期的に構成の変更や機器の設定変更が必要です。また、ネットワークを監視してトラブルの有無を監視するのも仕事の一環となります。もし、トラブルが起こればすぐに原因をさぐり、解決しなければなりません。円滑なネットワークシステムを維持し続ける地味ですが最も重要な仕事です。 

3. サーバエンジニアとの違い 

ここまで、ネットワークエンジニアの仕事内容や求められるスキルなどを紹介しましてきました。これに対し、サーバエンジニアはサーバーの設計・構築・管理が仕事内容です。サーバとは、動画や画像、テキストといったファイルを保管し、それを情報やサービスとしてクライアント側に提供するコンピューターになります。たとえば、ホームページを運営する企業のサーバーには、ホームページを正常に作動させる情報が全て詰まっているのです。サーバにトラブルが起これば、クライアントの求めに応えることができず、大きな損害となるでしょう。 

サーバエンジニアは、まずクライアントの要望を聞き、それを叶えるためにはどのくらいのサーバーが必要なのか、自社向け、外向けに設計を行います。ここで必要になるのは顧客の要望を正確に聞き出すヒアリング能力です。設計が完了したら、実際にサーバを構築していきます。必要に応じて配線作業やネットワーク回線の通信速度の見直し、OSやサーバーアプリケーションのインストールなどを行うのが一般的です。構築が終わったら、テスト運用をへて異常がなければ本運用となります。また、サーバを常時監視し、トラブルが起こればすぐに対処するのも仕事です。このように比べてみると、ネットワークエンジニアとサーバエンジニアは、ネットワークとサーバという違いはあれ、仕事内容は類似していることが分かります。 

4. ネットワークエンジニアの年収 

ネットワークエンジニアの平均年収は475.2万円です。大企業のネットワークエンジニアの平均年収は759.8万円、中小企業のネットワークエンジニアの平均年収は628.8万円となっています。また、ネットワークエンジニアの年収は経験によっても変わり、経験豊富なエンジニアほど高収入の傾向があるのです。そのため、経験を積み知識を増やし、できる仕事の幅を広げていくことで年収アップが期待できるでしょう。 

また、CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)やCCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)といった資格を取得することで自分の技術を客観的に証明できます。このような資格を取得しても年収がアップがしやすく、取得した資格によっては平均年収を上回る収入を得ることもできます。 

一方、サーバエンジニアの年収も400万円~600万円です。ネットワークエンジニアとほぼ同等と考えていいでしょう。ですから、ネットワーク、サーバー、どちらに関して経験や知識があるかによって仕事を選ぶという方法もあります。 

5.ネットワークエンジニアの将来性 

現在、小規模なネットワークは、クラウド化が進んだことによって減少傾向にあります。しかし、全てのネットワークをクラウド化するには、まだまだ時間がかかることでしょう。大規模ネットワークは今後も設計や構築がされ続け、企業の生命線になり続けるはずです。また、2020年初頭から始まったコロナ禍により、リモートワークが導入された企業も多く、新たにネットワークを構築するというところも出てきました。そのためネットワークエンジニアの需要はむしろ高まっています。特に、クラウドにも精通したネットワークエンジニアはひっぱりだこになる可能性もあるでしょう。 

そして、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消など、新しい仕事も生まれ続けています。ネットワークエンジニアとして働きたい、年収をアップさせたいという人は、新しい知識が習得できるかどうかがカギになるでしょう。常に勉強を忘れず、機会があれば資格取得にもチャレンジすれば、どこででも重宝されます。 

今後も需要は安定している仕事! 

ネットワークエンジニアの仕事について理解できたでしょうか。ネットワークエンジニアは今後しばらくは需要が高まり続けるでしょう。ネットワークエンジニアとして働きたい場合は、経験を積めるチャンスを逃さないようにしましょう。また、勉強も大切です。資格を取得し、経験を積んだネットワークエンジニアはフリーランスとしても活躍できます。 

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます