市場価値を高める

高い市場価値とは、現在の雇用者にとって欠かせない人材であり、他からも雇いたいと感じさせる人材であるということです。高い市場価値のある人材でいるためには、景気の波がどう変わろうと時代遅れにならず、雇用側にとって魅力的な人材であり続ける必要があります。そのために常にスキルを伸ばし、知識を拡充し続けることが重要です。好景気のときも不景気のときも良い条件で仕事ができるよう、下記のアドバイスを参考にしてください。

スキルを高める

職務と時流に合ったスキルをいつでも使える状態にしておくことこそが、人材市場競争力を確保する王道です。自分の勤める会社や、将来勤めるかもしれない会社の展望に沿って必要なスキルを積み増しておくことが肝要である。非常に有能な従業員であるために必要なスキルで、自分に足りないものがないか確認しましょう。目の前の課題だけでなく、他でも役立つスキル(指導力、コミュニケーション能力、技術力など)に主眼を置いて習得しておけば、この先のキャリアの幅を広げる必要に迫られることがあっても揺るがぬ自信に繋がります。こういった努力は賢い自己投資となります。

知識を拡充する

常に学び続ける姿勢が意味するのは、絶えず自分を高めるということです。資質強化は、現在の雇用者にとっても、将来の雇用者にとっても価値のある人材となるためには欠かせません。社内研修、通信教育、オンライン講座、ワークショップ、コンファレンスなど、新しいスキルや知識が学べる場はいろいろあります。

履歴書の内容を更新しておく

好機が訪れた際にすぐ対応できるよう、現在もっているスキルや最近の成果を最新の履歴書にまとめておきましょう。特に優れた業績はリストし、ビジネスプロセスの改良や会社への利益貢献など、自分の成果を分かりやすい具体例と一緒にまとめて最新の履歴書を作成しておけば尚良いでしょう。間を空けずに業績記録を付けるのは、現在自分が担当する職務に対してどれだけの価値を生み出しているかを確認する上でも役に立ちます。

変化に備える

雇用状況は常に変化しています。先入観に囚われず、フレキシブルに雇用条件を捉えることでキャリアチャンスは広がります。自分の選択肢を限定せず、雇用機会を狭めないために、業界、給与、雇用形態(正社員、契約社員、一時雇い等)など、自分が当然と思っている条件も見直してみましょう。

人脈を広げる

人脈は、職探しやキャリアアップする上で最も有用な手段の一つです。職員の会合やイベント、コンファレンスには努めて参加しましょう。人とのネットワークを大事にすると、つながりの深い大事な仲間と思ってもらえ、更には社内外で人材が必要になったときにも、機会が巡ってくる可能性が高まります。

情報収集を怠りなく行う

雇用者達が今必要としているスキル、将来的に必要とするスキルが何かを知っているかどうかは、決定的な意味をもっています。関連業界の業界誌、業界研究、求人広告は常に目を通しておきましょう。業界の動きや機会の変化に遅れずついていくことで、今求められているスキル、将来重要になるスキルがどのようなものかしっかりと探り当てることができるようになります。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Advertise Your Role With Us

Advertise Your Role With ReachTalent