キャリアプラン作成のための5ステップ

簡潔で細部にわたるキャリアプランは、自分の現在の立場、自分の目標、その目標の実現のために必要な方法を知るうえで非常に役立ちます。ここでは、キャリアプランを作成するうえで重要となる5つの重要なステップをご紹介します。

1.そもそもキャリアプランとは

キャリアプランとは、自分の理想的な将来における具体的な行動計画のことです。説得力のあるキャリアプランを作成するためには、未来における自分の理想像をはっきりと見据え、その実現のために必要なスキルや経験について深く考える必要があります。

キャリアプランとよく似た言葉に「キャリアビジョン」「キャリアデザイン」「キャリアパス」などがあります。意味を混同してしまわないように、それぞれの違いをここで押さえておくとよいでしょう。

まず、キャリアビジョンとは将来的な自分の理想像のことです。仕事に限った話ではなく、人生における理想的な働き方や生き方を指します。基本的に、キャリアプランはキャリアビジョンを明確化したうえで作成することになります。次に、キャリアデザインとはキャリアプランを自分から積極的に設計することです。最後に、キャリアパスとは企業内である役職に就くまでの道程のことです。キャリアプランでは人生全体のキャリアについて考慮しますが、キャリアパスは特定の企業におけるキャリアのみを対象とします。
 

2.キャリアプラン作成のメリット

  • 自分のやるべきことを明確化できる
  • 今、何をするべきなのかということが見極めやすくなる
  • キャリア選択の機会を無駄にせずに済む
  • モチベーションを高く維持しながら働ける

キャリアプランの作成にはさまざまなメリットがあります。例えば、先行きの不透明な時代に自分のやるべきことを明確化できるのは、キャリアプラン作成の大きなメリットだといえるでしょう。終身雇用制が崩壊し、就職さえできれば安心して働き続けられる時代は終わりを迎えました。これからは、自分のキャリアについて自分で考えながら次の行動を決めていかなくてはなりません。キャリアプランを作成し、将来的な理想像から逆算することで、今は何をするべきなのかということが見極めやすくなるでしょう。
次に、キャリア選択の機会を無駄にせずに済むこともメリットの一つです。転職や転勤、結婚など、キャリアにおける選択を迫られる機会は何度もやってきます。そうしたとき、普段からキャリアプランを見据えていれば、選択を間違えてせっかくのチャンスを無駄にするリスクも減らせるでしょう。また、具体的な目標を立てることで、モチベーションを高く維持しながら働けるのもキャリアプラン作成のメリットです。

関連記事:【結婚・出産】女性に多いキャリアの悩み!考え方のポイントは?
 

3.キャリアプラン作成の手順

それでは、次段落からキャリアプラン作成の手順を紹介していきます。

ステップ1:自分の価値観・志向の分析

自分が本当にやりたいことを明確にするためには、まず自分についての理解を深める必要があります。キャリアプランの中で、自分の性格、好み、価値観に関するこれらの基本的な質問に回答してみましょう。

  • 自分のモチベーション、また自分がやっていて楽しいことは何か
  • 自分の性格、そして生活における優先順位は何か
  • 家族や友人、同僚は、あなたの長所と短所をどのように考えているか
  • 仕事においてあなたが重要視するポイントを5つ挙げるとすれば何か
     

ステップ2:経験・スキルの棚卸し

これからの方向性を決定するうえで、自分の好みだけでなく現在どんなスキルを持っているかも重要な指標になります。以下の質問を読みながら、現在のあなたのスキルについてじっくり考えましょう。

  • 現在、どのような資格や経験を持っているか
  • あなたの主な強み、応用の利くスキル、専門スキルは何か
  • これまでで最も大きな成果は何か
  • 自分の弱点・改善すべき点は何か
     

ステップ3:転職軸を決める

自分の主な興味や、自分の特性、スキル、経験に基づいて、自分に最も合った職種や業界について考えをまとめましょう。以下のことを良く考えてください。

  • 自分が本当に魅力を感じる業界を大まかに定める
  • 自分のスキルや経験に最も合う仕事は何か
  • それらの業界や仕事はあなたの価値観や優先順位とどのくらい合致しているか
  • それらの仕事につくために、身につける必要のあるスキルは何か

転職軸を決めるにあたっては、現段階での転職を考えていない場合も、やりたい仕事を求人検索してみることがおすすめです。どのようなスキルが求められているのかより具体的に知ることができ、目標を立てやすくなる他、意外に自分の現在のスキルでもできそう?と発見できるかもしれません。
 

ステップ4:目標を達成するまでの期限を明確にする

自分の方向性が定まったら、どのように実現するのか考えます。キャリアプランにおいて、目標を細かく、実行しやすいように設定するために以下の質問に答えてください。

  • 今後6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月以内に何を達成したいか
  • 必要なスキルや経験をいつ、どのようにして身に付けるか
  • どのように自分のネットワークを広げるか。いつまでにそれを行うか
     

ステップ5:定期的に自分のキャリアプランを見直す

自分の目標とそれを達成する方法を確立したことで、自分がやるべきことが明確になります。大切なのは、少なくとも半年に一度は、自分のキャリアプランの進捗状況を確認することです。それにより、目標達成に向けて着実に進歩しているのか確認できます。自分のキャリアプランと目標を見直すことにより、経済状況や自分の環境の変化に合わせて調整を加えることができます。
 

4.キャリアプランの意義は立場や年代によって異なる

キャリアプラン作成の意義や、キャリアプランにおける考え方は、年代や立場によって変わってきます。自分の場合はどのようにキャリアプランを考えるべきなのか、事前に押さえておきましょう。

20代~30代前半までの若手の場合、経験や実績よりもポテンシャルを評価される傾向があります。幅広い分野に挑戦させてもらえるので、多様な経験を積んでおくとよいでしょう。経験を積み、スキルを磨くうちにキャリアビジョンも変わってくるため、キャリアプランの内容はこまめに見直すのが賢明です。10年後、20年後の理想像を見据えつつ、今やるべきことを見極めながら能力をブラッシュアップしてください。

30代後半~40代前半の中堅の場合、これまでの経験と、これからどのようなステージで活躍したいのかを考慮しながらキャリアプランを作成する必要があります。管理職を目指すのか、専門職一筋でやっていくのかなど、自分が理想とする未来像を見極めましょう。40代後半以降のベテランであれば、早期退職なども考慮に入れつつ、社会の動向を確かめて計画を練る姿勢が求められます。女性の場合は出産などのライフイベントでキャリアに影響が出る可能性が高いため、育児休暇などの福利厚生にも目を配りながら選択していきましょう。

関連記事:35歳以降でも転職できる?外資系企業への転職と年齢の関係とは
 

5.面接でキャリアプランについて聞かれたときの回答例

転職などの面接でキャリアプランについて聞かれることもあります。焦らず適切に答えるためにも、回答例を確かめておきましょう。

まず、5年後や10年後のキャリアプランについて質問されたときの回答例を紹介します。
「私は5年以内に子供を産みたいと考えています。子供が小さい間は在宅勤務で仕事をこなしつつプログラミングの勉強をし、保育園に預けられるようになったらプログラマーとして本格的に活動を始めるつもりです」
こちらの回答例では、出産や育児といったライフイベントとキャリアを重ね合わせることで具体的なビジョンを示しています。

次に、将来の目標について質問されたときの回答例を紹介します。
「私はコミュニケーション能力に自信があります。大学時代は夏季休暇などを利用して世界中を旅行し、10カ国以上の人々と触れ合う中で、グローバルな価値観を養ってきました。入社した後は、国際的な規模で人脈を広げながら、優れた商品を世界中に提供していきたいと考えています」

関連記事:面接でよく聞かれる15の質問
 

次のキャリアステップについてお考えですか?

マイケル・ペイジの転職支援サービスでは、知識豊富なコンサルタントが第三者の視点で経歴を分析し、転職活動をサポートします。自分では考えていなかった求人案件を知ることができるなど、より広い視野で転職活動に臨むことは、よりよい転職先に出会うための一つの方法です。

【2021年2月11日公開 - 2023年8月2日更新】

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう