You are here

未経験からの外資系への転職は難しいのか?難易度や必要なスキルについて

-
22/05/2020

日系企業で求められるような学歴は重視されない外資系企業ですが、中途はもちろん新卒やインターンなどでも職種によっては日系企業以上に職務経験が求められることがあります。成果のために要領良く仕事をこなせる、仕事上で困らない語学力が身に付いている、常に成果を求めて自己研鑚を続けられる、こういった人材を外資系企業は求めています。今回は外資系への転職する難易度や、必要なスキルを詳しく解説していきます。

 

未経験から外資系に転職できるか

 

外資系企業は日系企業とは違い成果次第で給料が決まるインセンティブ報酬の形をとっている企業も多いので、実力さえあれば学歴をそれほど重視していません。優秀な人材を積極的に求める外資系企業が多く、採用の窓口は比較的広いのも外資系企業の特徴ですが、全ての企業が年中採用しているわけではありません。

 

なぜ外資系企業への転職が難しいと言われるのか?

 

年功序列の傾向が強い日系企業に対して成果主義の外資系企業、外資系企業の仕事の進め方の素早さ、コンプライアンスの徹底など、日系企業と外資系企業では常識や文化に違いがあることが、外資系企業への転職が難しいと言われる理由の1つです。他にも日系企業ではジェネラリストと言われる総合職を求める傾向がありますが、外資系企業では高い専門性を持ったスペシャリストが求められるなどの違いもあります。

 

スペシャリストが求められると聞くと、やはり外資系企業への転職は難しいと感じるかもしれません。確かに1つのスキルを磨き続けなければスペシャリストになれませんし競争が激しくなりますが、外資系企業はスキル重視の世界なので転職はむしろ有利とも言えます。逆に事務職などスキルなしでも転職しやすい分野は、年齢を重視されるなど他の意味で競争が厳しくなります。外資系企業へ転職をする場合は、こういった外資系企業ならではの常識や文化に順応する必要があるでしょう。

 

1.成果主義である

日系企業は年功序列なことが多いですが、外資系企業はインセンティブ報酬なので年齢よりも最終的な成果が出世や給与に影響します。指示されたことをこなすだけでは成果が出にくいので、自分の判断で積極的に行動できる人のほうが評価されやすいです。転職の時は、多くの人がこなせる仕事よりは高い専門性が必要になる仕事をこなせる人のほうが評価されるので、日系企業と外資系企業の評価基準の違いを理解しておくことが大切です。

 

2.語学力が求められる

外資系企業は様々な国籍の人が社員として働いているので、その人達とコミュニケーションできる語学力が求められます。日本以外の国籍の方が必ずしも日本オフィスにいるわけではありませんが、日本に勤務地がある場合でも本部や社外とコミュニケーションを取る必要があるので、日系企業よりも英語でコミュニケーションをとる機会は多くなります。

 

3.求められるスキルが高い

外資系企業は成果主義なので、自分で判断して成果を上げることが求められます。高い専門性が必要になる仕事に対しては高い報酬が支払われますが、その分競争率が激しくなるので常に学び続ける努力が必要になるでしょう。

 

外資系企業に向いている人とは

 

外資系企業はジェネラリストよりも、高い専門性が必要になる仕事をこなせるスペシャリストが評価されやすい業界です。そのため、専門性の高いスキルを持っている方や、業界での激しい競争に勝ち残れるように高い専門性を磨き続けられるような人が外資系企業に向いています。

 

  • 語学力がある

個人の能力を重視する外資系企業が多いですが、組織に属する以上は自分だけで仕事を進めることはできません。色々な人と関わることになるので、語学力はもちろんコミュニケーションスキルも必要になります。仕事の成果が評価されて出世すればするほど本部や外部とのやり取りも多くなるため、より色々な国籍の人達とコミュニケーションを取る機会が増えてきます。

 

  • 自己研鑽ができる

外資系企業で働く魅力の1つが、自己研鑚することが給与アップに繋がりやすいことです。成果を出せば給与もアップするのでやりがいを持って仕事できるでしょう。ただし自己研鑚ができない人は成果が出せず、給与や出世に影響が出るばかりか、解雇される可能性も出てしまいます。周りも高い専門性を持った人が多い世界なので、そういった人達と競争しながら自己研鑚したい人にはぴったりな仕事でしょう。

 

  • 心身ともにタフ

成果が出れば給与や出世できる、成果が出なければ解雇に繋がるという実力主義の世界なので、外資系企業で働くとプレッシャーを感じることも多いでしょう。そういったプレッシャーに耐えることができる、心身ともにタフな人が外資系企業に向いています。

 

  • 要領の良さ

どんなに仕事を頑張って成果を挙げても、それが自分を評価する立場の人に伝わらなければ意味がありません。上司に対して上手くアピールできるかも、外資系企業で働く時の重要なポイントです。また、100%の成果を出すために膨大な時間をかけるよりも70%程度の成果を出すために最小コストで仕事をし、最終的な成果を大きく出来る要領の良さも必要になるでしょう。

 

  • コミュニケーションスキルが高い

最初から即戦力として扱われることが多い外資系企業では、自分の意見をはっきり主張することも大切です。また、日系企業のような一般的な飲み会は少ないため、外資系企業ならではの交流方法を理解して人間関係を築いていかなければなりません。色々な文化を持つ人達がいる外資系企業では、一人一人としっかり向き合えるコミュニケーション能力が必要になります。

 

語学力はどれくらい求められるのか?

 

仕事で成果を挙げるためには、他の人達とコミュニケーションをしっかり取ることも大切です。外資系企業は成果主義なので、特に重要なポイントになるでしょう。メールやチャットで仕事のやり取りをする時はライティングやリーディングの能力、直接人と交渉する機会が多い職種ではスピーキングやリスニング能力の重要度が高くなります。外資系には総合職はないですが、仕事のやり取りをする時に相手のストレスにならない程度の語学力が必要になります。

 

外資系に転職するメリット

 

ここからは、外資系に転職する時に大きなメリットになる、成果主義と意思決定のスピードについて解説していきます。

 

1.成果に応じた報酬や出世

外資系で働くメリットの1つが、日系企業に比べると評価基準が分かりやすく成果が給与に繋がりやすいということです。インセンティブ報酬を取り入れていることが多い外資系企業では、給与や出世に関わる評価の基準がはっきりしています。日系企業のようなボーナス制度は基本的になく、個人の成果を重視して評価するインセンティブ報酬を取り入れているのは大きなメリットでしょう。

 

2.スピード感がある

本部が定めたミッションやビジョンに基づいて求められる成果が決まる外資系企業は、常にやるべきことが明確になっているため、方向や方針転換の意思決定が非常に早いです。上司にも大きな裁量が与えられているため、日系企業のように役員会議や稟議など多くの手順を踏まなくてもすぐに意思決定できます。社員も自分の考えで行動し成果を出すことが求められるため、企業単位でも個人でも仕事の進むスピードが早いのがメリットです。

 

外資系に転職するデメリット

 

日本企業と外資系企業では求められる人材が違うので、それによって発生するデメリットもいくつかあります。ここからは、そのデメリットについて解説します。

 

1.教育・研修制度が充実していない

外資系は成果主義のため、優秀な人材ならすぐにもっと条件の良い企業に転職できます。退職金制度がなく、成果に伴う報酬がすぐに反映するため、転職に踏み切りやすい環境です。成果に見合った報酬なら1つの会社に留まりやすいですし、スキルの高い人は転職する機会が多いというわけです。こういった理由で流動性が高くなりやすい外資系企業では、教育や研修制度に力を入れていないところが多く、人によってはそれがデメリットになります。

 

2.成果に対する評価がシビア

日系企業なら長く働き続ければ自然と出世できる企業も多いですが、外資系企業は成果が給与と出世に直接影響する厳しい世界です。当然成果が出せなければ給与は下がり出世もできなくなりますし、最悪解雇されるリスクもあります。出世するとより高い成果を求められるため、現状を維持しているだけではすぐに降格してしまいます。人によっては、こういったシビアな評価基準がデメリットになるかもしれません。

 

未経験からの外資系への転職は可能

 

未経験の方でも、語学力があり仕事をする上でのコミュニケーション能力が高い、専門性の高いスキルを学び磨き続けることができる、要領よくかつ積極的に仕事をこなせる人などは、十分外資系への転職は可能です。外資系は成果主義で、働き始めた後も自己研鑚を続けることが大切なので、常に自分を磨き続けられる意欲のある方は、外資系への転職を考えてみるのもよいかもしれません。

外資系求人はこちらから