You are here

外資系企業で失敗しないためには

-
14/07/2020
外資系企業で失敗しないためには

外資系への転職で失敗するパターン

外資系企業に転職しても、さまざまな理由で失敗してしまうこともあります。失敗を避けるためには、失敗する人の典型的ともいえるパターンを知っておくことが大切です。

まず、よく見られるのが「外資系企業の成果主義の社風についていけない」というものです。また、「高収入を期待して入社したもののなかなか結果を出せず、年収が不安定になる」というケースもあります。思うように成果を上げられないと昇給やボーナスが期待できず、外資系企業の難しさを実感しやすいでしょう。

別のパターンは、「英語力がネックになってスキルアップやキャリアアップができない」というものです。外資系企業ではビジネススキルに加えて英語力が試されることも多く、英語が苦手な人にとっては挑戦となります。

「業務内容が明確に決められているのが働きにくい」と感じる人もいます。外資系企業は日系企業と比べると個人の業務内容が決まっているため、フレキシブルに働きたい人にとっては窮屈に感じるかもしれません。

外資系への転職で失敗しないコツ

失敗を避けるためには、日本企業とは異なる外資系企業ならではの特徴をしっかり把握しておくことが大切です。現在勤めている会社やこれまで勤めてきた会社とのギャップを前もって認識しておけば、これから直面するであろう変化に対する心の準備ができます。入社してから「思っていた環境と違う」と感じることも少なくなるでしょう。

そのためには、転職を考えている企業の情報を事前によくリサーチすることが必要です。自分でインターネットを使って調査することもできますが、転職エージェントを利用すれば、自分では調べられない企業の内情などを教えてもらえる場合もあります。

入社する前に、自分はどんな仕事がしたいのかなどを考えて入社後のビジョンを明確にしてくことも大切です。今後のビジョンがはっきりしていればキャリアプランに合わせて職務内容を選びやすくなり、入社後のギャップを回避できます。さらに、万が一転職がうまくいかなかった場合の身の振り方まで考えておけば、心に余裕を持って転職できるでしょう。

外資系企業ならではの特徴をつかんでおこう

これまでの経験を経て、外資系企業への転職にチャレンジした人は自分の能力を生かせると希望にあふれているでしょう。しかし、なかには「こんなことがあるとは……」「あらかじめ知っておけば、違う選択をしたのに」という人も存在します。その原因は、外資系企業の特徴を事前に把握していなかったからかもしれません。転職してからスタートダッシュで戸惑わないためにも、外資系企業にどのような特徴や注意点があるのか、しっかり押さえておきましょう。

外資系企業が持つ特徴とは

では、外資系企業独特の特徴について見ていきましょう。

・キャリアダウンは日常的に行われる
日本の企業ではあまりない点として、外資系企業ではその成果によってキャリアダウンが行われるのは普通にあることです。外資系企業では総じて日本企業よりも高給であることが多いようですが、それは給与ダウンもあるからです。給与は安定しているものだと思い込み、給与アップに釣られて転職しても成果主義の外資系企業では通用しないのです。

外資系企業で成果を上げられなければ給与に見合った働きをしないとみなされ、職位の降格や減給、そして最悪の場合には解雇も十分に考えられます。日本の企業では成果が出なくてもせいぜい賞与額に影響する程度ですから、ここは大きく違う点といえるでしょう。

しかし「給与に見合った働きは、どの程度か」と聞かれても、答える側としてもばくぜんとして答えにくい質問です。そこで、入社後の研修にも、前向きな態度で進んで取り組むようにしてみましょう。講師役の先輩社員に「実際にどういう仕事を、どのくらいしているのか」などの話も聞きやすくなりますし、相談できる相手が増えます。実際に仕事をしてから、おいおいそのうちに、という感覚ではないのです。全員にプロ意識が求められるのが、特徴であるともいえます。

・それぞれの企業文化についてリサーチしておくべき
外資系企業には、総じて成果が重視されることや即戦力が求められることなど、ある程度共通した特徴がありますが、それでも企業ごとに違った文化が存在しています。その文化を転職前にしっかりリサーチしておかなければ、自分の想像とのギャップが生まれて実力をうまく発揮できないかもしれません。

たとえば、職場での拘束時間がかなり長いところもあれば、フレックスタイムを導入して比較的自由に拘束時間を設定できるところもあります。また、在宅でリモート勤務ができる場合もあるのです。こうしたワーク・ライフ・バランスについては、事前にきちんと知っておく必要があるでしょう。

また、福利厚生についても、会社による違いが大きいといえます。外資系企業は福利厚生についてあまり手厚くないことも多いのです。ただしそのような場合、給与を高額に設定して自分でまかなうことを前提にしています。ただし、企業によっては日本の企業と同じく手厚い保障が受けられることもあり、その場合は企業の理念や、トップの考え方を反映したものになっていることが多いようです。そのため「バックパッカー休暇」や「お父さん休暇」で知られるIKEAのように、ユニークと思われるものも存在します

外資系企業で成功できる人の特徴

外資系企業に転職して成功を収められる人には、以下のような特徴があります。こうした特徴を備えた人なら、自分の実力を十分に発揮することができるでしょう。

・客観的な材料を用いて、論理的に自分の意見を前面に出せる
日系企業では、上司などに対して謙虚な姿勢でいることが求められますが、外資系企業ではそのような気遣いは不要です。大切なのは、いかに自分の主張を出せるかということなのです。そのためには、会議などで自分の意見をはっきりと発言することです。また、その発言は論理的に展開されなければなりません。このように、よく準備された自己主張ができないと、会議に参加する必要のない人材と思われてしまいます。

・トラブルが起きても柔軟に対応できる
仕事をしている以上、さまざまなトラブルが起こるものです。外資系企業では、こうしたトラブルを起こさないことよりもトラブルに柔軟に対応できる力のほうが重要です。外資系企業ではトラブルは起こるものであるとし、それに適切に対処することで大きな成果をつかめるという考え方なのです。つまりトラブルをクリアできる人こそが、成果に貢献できる人材となるわけです。

・外国人上司に上手に気遣いができる
謙虚な気遣いは外資系企業では不要であると述べましたが、外国人上司に対して上手に気を遣うことは大切です。これは、へりくだった気遣いというよりは上司の好みや仕事へのアプローチ、また逆鱗に触れるポイントなどをアグレッシブにリサーチし、適度な距離感をもって、自分の存在を認識してもらうことが目的です。

情報提供してくれる転職エージェントを利用してみよう

外資系企業への転職を希望しているなら、外資系ならではの特徴やその企業の文化について研究を行うことが必要となります。しかし、自分だけではリサーチしきれないこともあるでしょう。そのようなとき、外資系企業専門の転職エージェントを利用するのがおすすめです。こうした転職エージェントなら、企業の文化や雰囲気などの情報も提供してくれますから、より自分に合った企業を選ぶことができるでしょう。