You are here

外資系アパレルで働くには?必要なのは英語力だけじゃない

-
10/10/2019

ファッションが好きな人なら、華やかなアパレル業界で働きたいと考える人もいるでしょう。特に外資系アパレルはラグジュアリーな雰囲気があり、憧れを持つ人も多く見られます。ただ、外資系アパレルで働くにはさまざま条件があるため、求められるスキルについてきちんと把握しておくことが大切です。ここでは外資系アパレルの特徴や働くために必要な条件について解説します。

外資系アパレルブランドは大きく分けて2種類

外資系アパレルブランドはハイブランドとファストブランドの2種類に大きく分けられます。ハイブランドとファストブランドではそれぞれ特徴や求める人材の傾向が異なるため、しっかりと把握して自分に合う方がどちらか見極めましょう。

まず、ハイブランドはブランドとしての歴史が長く、価格帯も高価なラインが多いのが特徴です。商品が大量生産されることは少なく、直営店やオートクチュール・オーダーメイドなどの販売をメインとしているケースが多く見られます。具体的なブランド名としてはシャネルやルイ・ヴィトン、エルメスやグッチ、ディオールなどです。ハイブランドはファストブランドに比べると求人数が少ない傾向にあり、また店舗スタッフだけではなく、商品企画やマーチャンダイザーなどの求人が多く見られるのが特徴です。

一方、ファストブランドは歴史が浅いブランドが多い傾向にあります。価格帯はハイブランドに比べると低く、普段使いとして購入しやすいアイテムの販売がメインです。ファストブランドで扱うアイテムは大量生産されるものも多く、直営店以外にもセレクトショップなどで取り扱われていることが多いです。具体的なブランド名としてはGAPやH&M、ZARAなどが挙げられます。

外資系アパレルで働くために英語力は必要?

外資系アパレルで働くにあたり、気になる人も多いのが「どれくらいの英語力が必要なのか」という点です。結論から言うと、外資系アパレルブランドで働く中でキャリアアップを目指すのであれば、英語力は必要と言えます。日本にある直営店で販売員として働く場合は顧客も日本人が多く、高い英語力が求められるケースは少ないかもしれません。しかし、直営店勤務の場合でもマネージャーや店長といった責任のあるポジションになると本社と連絡を取り合う機会が増え、ビジネスレベルの英語力が必要になる場合があるからです。

さらに働きぶりが認められた場合、海外店舗で働くことを提案される可能性もあります。このような理由により、外資系アパレルで働いてキャリアアップを目指すのなら、英語力を鍛えておくことは必須と言えるでしょう。英語力に自信がないという人は、まず英会話が必須となるアルバイトを始めるのも良い手です。英会話必須の仕事をすることで、生きた英語を身に付けられます。

外資系アパレルブランドで働くための条件とは?

前述したように、外資系アパレルブランドで働くために英語力は必要です。しかし、働く上で英語力がすべてというわけではなく、他にも必要な条件があります。外資系アパレルブランドで働くための条件には、以下の3点が挙げられます。1つ目は「ブランドへの理解」です。ブランドで働くことはそのブランドの顔になるということですから、ブランドの顔として働くためにブランドへの愛情と深い理解が必要です。そのため、ブランドの歴史や世界観、さらにデザイナーの遍歴といった知識をしっかりと身に付けておく必要があるでしょう。

2つ目は「常に学ぶ姿勢を持っている」ということです。顧客に良い商品を提供するには、自分自身もラグジュアリーな体験をすることが大切です。例えば、高級サロンやホテルで接客を受けるのも自身の成長に役立ちます。顧客の立場でラグジュアリーな体験をすることで一流のサービスを学べるでしょう。こうして積極的に学ぶ姿勢を持つことが、外資系アパレルブランドで働くためには重要になります。

3つ目に「デジタルツールを使いこなせる」ことも条件の一つです。アパレル業界はセールスやマーケティングなどデジタルツールを駆使する機会が多く見られます。ブランドの公式サイトやインスタグラムなどをこまめにチェックしたり、SkypeやSNSでやりとりをする可能性があるため、デジタルツールについて知識を深めておくことは必須でしょう。

外資系アパレルブランドに向いている人のタイプ

働く上で重要になるのが仕事との相性です。外資系アパレルブランドで働くにはどのような人が向いているのでしょうか。外資系アパレルブランドに向いている人のタイプとしては、まず「組織の変化に柔軟に対応できる人」が挙げられます。外資系アパレルブランドは企業買収や経営陣の交代などが盛んであり、ビジネスを成功させるために突然経営方針が変わることも珍しくありません。外資系アパレルブランドで働くにはこうした組織の変化にも動じず、頭をすぐに切り替えられる柔軟な姿勢が求められます。前向きな姿勢で柔軟に変化を受け入れられる人は、外資系アパレルブランドに向いているでしょう。

さらに、「自分の力で成果を出すことに自信がある人」も向いているタイプと言えます。販売目標など具体的な数字やノルマを決めて、それを達成するために努力できる人は成果主義の外資系アパレルブランド向きです。成果主義の場合は誰かに頼るということをせずに、自らの力でポジティブに業績を伸ばしていける姿勢・スキルが求められます。それに加えて、「慎重な人」も外資系アパレルブランド向きです。外資系アパレルブランドの中でもハイブランドの場合、高価な商品を扱うことになりますが、商品を雑に扱ってしまうと傷を付けたり、最悪の場合は破損の可能性もあります。そのため、慎重かつ丁寧に商品を扱える人は適性があると言えるでしょう。

また、「年功序列を重んじない人」にも向いています。年功序列を重んじる日系企業とは異なり、外資系企業は能力のある人であれば経歴や年齢に関わらず、成果に見合う報酬を期待できるのが特徴です。成果を出した分、報酬アップやキャリアアップが見込めます。

実力を試したい人は外資系アパレルに転職してみよう

同じアパレル業界でも、外資系アパレルブランドと日系アパレルブランドとでは違う点が見られます。違いをきちんと理解して、自分に合う仕事を見つけるのが重要です。外資系アパレルブランドは成果をそのまま評価してもらえるのが魅力です。自らの実力を試したいという人は、外資系アパレルへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

アパレルなどリテールでの求人はこちらから