You are here

外資系の銀行にはどんな部門がある?転職するメリットも紹介!

-
04/02/2020

外資系の銀行は、年齢などではなく実力で判断されるので転職者の中でも人気が高いです。外資系銀行には日本の銀行と比べると様々な違いがあります。給与の仕組みや労働時間、職場における人間関係などに違いが見られるケースが多いです。また部門に関しても違いがあるので、どのような部門があるのか知っておくことも大切です。外資系銀行の部門や働くメリットについて詳しく説明します。

1.外資系投資銀行とは

外資系投資銀行とは、投資銀行業務と証券業務という2つの業務から成り立つ外国資本の銀行のことです。一般企業や機関投資家が主な顧客になります。外資系投資銀行では部門別に採用が行われ、仕事内容も部門により異なるというのが特徴的です。外資系投資銀行のイメージとしては、バリバリ働いて常に忙しいといったイメージが強いですが、実際には社風よりも部署ごとの違いが大きいです。そのため外資系投資銀行だからといって多忙であるとは一概に言えません。

一般的に銀行の部署には、営業活動を行い利益を上げることを目指す「フロントオフィス」、リスクマネジメントや様々なリサーチ、プロジェクトの管理など広範囲にわたって業務を行う「ミドルオフィス」、営業で得た利益などを記録するなどの管理やサポートをおこなう「バックオフィス」などがあります。外資系投資銀行の業務は、この中でもフロントオフィスとミドルオフィスにあたります。

2.たくさんある!外資系投資銀行の部門

外資系投資銀行における部門は各銀行で異なりますが、代表的な部門としてはIBD部門・マーケット部門・リサーチ部門・アセットマネジメント部門などがあります。IBD部門は投資銀行部門(Investment Banking Division)を略したものです。このIBD部門では企業の買収や売却(M&A)、資金調達などの提案を行います。取引先となる企業の財務コンサルタント的な役割を持つため、外資系投資銀行の中でも花形の部門といえます。

マーケット部門は、株式や為替などの金融商品の営業や売買を行うのが特徴です。マーケット部門の中には、さらに顧客との案件取引を行うセールス部署・市場において金融商品を売買したり取引したりするトレーディング部署・金融商品を企画して設計するストラクチャー部署などがあります。リサーチ部門は、株式や債券などの個別の金融商品や経済の現況の分析をおこないます。様々なリサーチを行うため専門的な知識やスキルなどが求められる部門です。投資先の判断材料となる情報を顧客に提供する役割を持っています。

アセットマネジメント部門は顧客の資産を運用し、資産を増やすことを目的としている部門です。資産運用を行うためアセットマネジメント部門で働くには、そのほかの部門よりも、より金融に関する深い知識が求められます。銀行内の部門である場合もありますが、銀行とは別会社にして業務あたるケースも多いです。

3.どんなメリットがある?外資系投資銀行への転職

外資系投資銀行は多くのメリットがることから転職先として人気です。外資系投資銀行への転職には、高収入・やりがい・スキルアップ・海外勤務のチャンスといった4つのメリットがあります。この4つのメリットをそれぞれ詳しく紹介します。

3-1.成果を上げればその分高い報酬を得られる

外資系投資銀行のメリットで多くの人が注目するのが、収入面です。外資系投資銀行では成果を上げた分だけ報酬を得られるため、努力次第では収入を大きく伸ばすこともできます。外資系投資銀行は、一般的に給料が高いのが特徴の一つです。成果を上げれば、その分のインセンティブも受け取れるため高収入を目指すことが期待できます。入社1年目からでも成果によっては年収1,000万円を超えるケースも多いです。外資系投資銀行の中でも部門によって給料は様々ですが、投資銀行部門(IBD)といった花形の部門では多額の報酬を得る人が多くいます。このように自分の頑張りや努力が評価されるため、仕事に対するやりがいにつながります。

3-2.日本企業の発展に貢献できる

外資系投資銀行で働くことは、日本企業の発展に貢献できるということも大きなメリットです。外資系投資銀行は海外資本の銀行ではありますが、顧客は日本の企業になります。外資系投資銀行は海外に強みを持つ土壌を活かし、日本企業の事業展開や海外進出などを応援することが可能です。日本企業を資金面でバックアップすることで、日本企業の国際的な地位の向上に大きく寄与できるという魅力があります。

3-3.専門的なスキルを身に着けられる

外資系投資銀行で業務に就くと、様々な専門的スキルを身に着けることができます。外資系投資銀行では部門ごとに仕事内容が異なるため、担当部門によって必要になる知識やスキルも異なってきます。担当する部門によっては株式や為替のしくみ、経済についてなどの知識やスキルを身に着けることが可能です。グローバル企業である外資系投資銀行では、金融マーケットに関わりながら働くということになります。金融マーケットは24時間休むことなく動き続けているので、それらに対応できるだけのスキルを身に着けるチャンスでもあります。スキルを身に着けることで転職の際に有利になることが期待できます。

3-4.海外で勤務できる可能性もある

外資系投資銀行では海外での本社勤務や海外支店勤務といった可能性があるため、海外勤務に興味のある方が注目をしています。外資系投資銀行は実力や成果によって評価されるため、年齢や性別はあまり重要視されません。そのため若くても実力があれば、それに見合う高いポジションを与えられます。年齢が若くても海外勤務に就くことも夢ではありません。海外勤務を行うと語学力アップが期待できますし、ビジネスの上でも重要な人脈を広げるということにも役立ちます。さらに海外で働くことで広く国際的な視野を手に入れることも可能です。海外勤務というキャリアを形成しておくと、帰国後に転職が有利に働くというメリットもあります。

4.外資系金融業界の転職の特徴「Lateral move」とは

「Lateral move」を直訳すると「横方向の動き」になります。つまり外資系金融業界の転職は横にスライドするイメージです。一般的には転職をするとキャリアアップというイメージがあるため、上方向への動きになります。これに対してLateral moveは横への動きのため、転職しても位が特に変わらないということになります。出世などがないのでマイナスな印象を受けますが、このような考え方は金融業界独特の転職のとらえ方であり、金融業界内ではネガティブな訳ではありません。

Lateral moveはもっとポジティブに転職を捉えています。Lateral moveによって新しい職場に転職することで、自分の希望する福利厚生や給料、ワークライフバランスを得ることができるとしています。さらに新しい課題や新しい視点をもって働くことができ、より良い環境下で経験を積むことができるとしています。

外資系の銀行勤務で自分のキャリアに投資をしよう!

外資系投資銀行で働くと、それぞれの部門で高い専門知識やスキルを身に着けることが可能です。スキルを高め、海外勤務などのチャンスを活用できるというメリットもあります。外資系投資銀行で得た専門知識やスキルによって転職が有利になるケースも多いです。自分のキャリアへの投資として外資系投資銀行への転職を目指してみましょう。

金融業界の案件はこちらから