You are here

外資系のスタートアップ企業へ転職したい!どんなメリットがあるの?

-
17/12/2019

様々な企業がある中で、転職先として人気になっているのが外資系企業です。中には外資系の中でも、スタートアップ企業への転職を希望している人も多くいます。外資系のスタートアップ企業で働くことには多くのメリットがあり、それが転職先として人気になっている理由の一つです。今回は、スタートアップ企業で働くことの具体的なメリットや、どの程度の英語スキルが求められるのかなどを紹介していきます。

1.外資系のスタートアップ企業とは

スタートアップ企業と呼ばれる外資系の会社があります。明確に決まりがあるわけではありませんが、新しいビジネスモデルを展開している、日本に進出して間もないなどの条件を満たした海外の企業を、スタートアップ企業と呼びます。外資系のスタートアップ企業は、徹底的に市場調査などを行い、受け入れられる可能性が高いビジネスモデルを適用するため、設立してすぐに海外へ進出する企業が多いです。大企業だけでなく小規模のスタートアップ企業も、積極的に海外へ進出し成功をおさめています。

設立されたばかりの有力な企業、積極的にグローバル展開しているなど、似たような要素が多いためベンチャー企業と混同されることもあります。しかし、ベンチャー企業とスタートアップ企業は別のものとして扱われます。海外ではベンチャー企業という呼ばれ方はせず、スモールビジネスと呼ばれています。これは中小企業を指す言葉で、単純に新しく設立された小さな会社をスモールビジネスと呼んでいるのです。ベンチャー企業というのは日本で作られた和製英語で、海外で言うスモールビジネスと同じものです。そのため、ただの中小企業ではなく、新しいビジネスモデルを適用し、短期間で大きな収益を狙うことを目的に設立されたスタートアップ企業とは大きな違いがあります。

2.外資系だからこそ!スタートアップ企業で働くメリット

外資系のスタートアップ企業に就職しようと考えているなら、どういったメリットがあるのか知っておくことが大切です。様々なメリットがある外資系スタートアップ企業ですが、その中から特に知っておきたい3つのメリットを紹介します。

2-1.業務範囲が広くやりがいがある
スタートアップ企業は、今までになかった新しいビジネスモデルを展開し、世界中に送り出す企業です。他の企業と違った、スケールの大きい仕事に関われるのは大きなメリットになるでしょう。新しい商品やサービスを、自分の力でグローバルに展開できるのはエキサイティングでやりがいを感じられます。企業によっては大人数でプロジェクトにあたることもありますが、スタートアップ企業は少数精鋭で仕事を行うことが多いです。人が少ないため一人に割り振られる業務の範囲が広く、仕事を通して様々な経験を積むことができます。

一つのプロジェクトをこなすうちに、多くの経験やスキルを身に付けることができるのは大きなメリットです。日系企業は年齢が高くなればなるほど大きな仕事を任せられる傾向がありますが、外資系のスタートアップ企業はそうではありません。年齢は関係なく実力主義の企業が多いため、若い人でも力があれば大きな仕事を任せてもらえるチャンスがあるのです。

2-2.自由なコミュニケーションができる
大企業になると社員の数が多く、一般社員が社長や幹部などの上層部とコミュニケーションを取る機会はあまりありません。しかし、スタートアップ企業は少人数で形成される企業が多いため、上層部との距離が近いのが特徴です。一般社員でも上層部と話す機会が多く、コミュニケーションを取りやすいのもメリットの一つになるでしょう。会社の経営方針を決めるような重要な会議に参加し、意見することも珍しくない環境です。また、距離が近いということは、自分の意見がすぐに上層部に届くということです。自分のアイデア、考えた企画などが取り入れられやすくなっているので、仕事にもやりがいを感じられるでしょう。

2-3.自分を成長させる機会となる
自分のスキルをアップさせたいという理由で、外資系企業へ転職や就職を考えている方もいるでしょう。そういう人にとっても、外資系スタートアップ企業はメリットの多い職場です。設立してから短期間でグローバル展開を成功させるようなスタートアップ企業であれば、優秀な経営陣が揃っていると考えてよいでしょう。優秀な経営陣と一緒に仕事をすることで、様々なことを学びながら自分を成長させることができます。スタートアップ企業が日本で事業を展開する時、日本法人の立ち上げに関わるチャンスもあります。そこで大きな貢献をすれば、地位が優遇されることもあるのです。仕事を通して自分を成長させながら、しっかり評価もしてもらえるのがスタートアップ企業で働くメリットです。スタートアップ企業は、人材を育てることよりもビジネスを育てることを重視しています。自己成長の機会が多く設けられているため、こういった環境で仕事をすることで向上心が養われます。

3.スタートアップ企業に向いているのはこんな人!

色々な経験を積み、自分のスキルをアップさせることが転職を有利に進めるためのポイントです。スタートアップ企業は業務の幅が広いため、経験を積んだり自分を成長させたりするのに適しています。今後転職する時応募できる職種を広げたいと考えている人に、スタートアップ企業は向いていると言えるでしょう。将来起業したいと考えている人にもスタートアップ企業は向いています。

外資系スタートアップ企業は短期間で事業を成功させている企業が多いため、ビジネスを軌道にのせるまでの過程を自分の目で見ることができます。ここで学んだことを活かせば、自分が起業した時にスムーズに事業を進めることができるでしょう。特にグローバルビジネスをやりたいと考えている人には最適な職場環境です。他にも自分の努力が成果に直結するやりがいのある仕事をしたい人、自分の意見が主張でき主体的に行動できる職場を探している人に、スタートアップ企業は向いています。

4.スタートアップ企業では英語はどのくらい必要になる?

外資系スタートアップ企業では、日本人だけでなく様々な国の社員が働いているため、ある程度高い英語力が求められます。他の社員とのコミュニケーションはもちろん、会議や報告などビジネスを行う上で支障がないレベルの英語スキルは必要です。しかし、全てのスタートアップ企業で高い英語力が必要となるわけではありません。社内のコミュニケーションを全て英語で行う企業もありますが、中には日本語メインで業務を行う企業も存在します。同じ企業であっても、所属する部署や役職によってどの程度の英語力を求められるかは変わります。自分の英語力で通用するか気になるなら、求人の募集要項に求められる英語力が記載されていないかチェックする、もしくは面接や会社の説明会などで直接聞いてみるとよいでしょう。

外資系スタートアップ企業に転職して自分も成長させよう!

業務範囲が広くやりがいがある、自分を成長させる機会が多いなど、外資系スタートアップ企業で働くメリットはたくさんあります。日系企業や一般的なベンチャー企業とは一味違う、やりがいのある仕事ということで転職を考えている人も多いです。日本市場に参入しようとしているスタートアップ企業も多いため、そこで働き会社の成長を手助けしながら、自分のスキルを磨いてみるのもよいでしょう。