どのレベルの管理職も、自分のチームから最高のパフォーマンスを引き出すには、ムチよりも飴がより効果的である事が知られています。にも関わらず、毎回同じの褒美は一定期間しか効果を持ちません。あなたの企業が、気前のいいボーナスや報酬を与えているとしても、良いリーダーは、全レベルの社員から長期的で一貫したパフォーマンスを期待するためには、断続的な報酬が必要であることを知っています。ボーナスのための勤務評価(アプレイザル)までの間の中、しばしばインセンティブが日々の活動の中で顧みられなくなっています。

社員のモチベーションを高く維持し、良いパフォーマンスを確実に評価するには、これら5の大金を費やさずに、あなたのチームを適切に報酬し、評価する方法を活用して下さい。

 
1.肯定的な「励み」

日々、または毎週の励ましは士気を高めるのに大きな効果があります。しかし社員は、皆違っているので、一人のチームメンバーが喜ぶ報酬が、別のメンバーにとってはそうではないかも知れないことを念頭に置いてください。例えば、一部の社員は、皆の前で褒められて力を発揮しますが、反対に、あまり目立つことを好まない社員もいます。そういう場合は、個人的に励ましを伝えるのがいいでしょう。仕事の品質に関して社員に賛辞を与えるということだけではなく、彼らの努力に真の感謝と純粋な謝意を示すということです。2. 同僚による評価

同僚評価のプログラムを設置することは、集団としてスタッフの素晴らしいパフォーマンスを称える方法となりえます。多くの企業ではチームや協働を礎としており、多くの場合、社員同士のほうがチーム内のお互いの個別のパフォーマンスをより良く認識しています。推薦制度を設置し、社員がお互いに卓越したパフォーマンスという理由で推薦できるようにする事によってそれを活かしましょう。3.フレックス制

近年の多くの研究によると、平均的な社員の就業時間は長くなっています。より長い時間をオフィスで過ごしているため、結果、ワークライフバランスに悪影響を与えています。例えば、一時間遅く出社してもいいようにして、朝に家事などを行うことを出来るようにしたり、長めの昼食を取ってもいいようにするなど、柔軟な就業時間を提供することは、価値あるスタッフへの報酬となりえ、彼らは感謝し、存分に活用するでしょう。社員に在宅勤務(リモート・ワーク)を認めるのも検討に値します。4.手書きの手紙

私達のやり取りのほとんどが、PC、メール、電話など、電子化されています。しかし、手書きの手紙・メモ・ポストイットは、小さくても重要な贈り物となりえます。推薦文や、パフォーマンスの高い社員に感謝を述べる手紙を渡す事も出来ます。簡単に出来る、大きな価値があります。5.オンライン上での推薦

オンライン上とソーシャル・ネットワーク(SNS)は、社員に報酬を与える新しい場を提供しています。LinkedInでは、同僚や上司が仕事に関して推薦を行い、公に推薦文を残すことが出来ます(公開される前に、プロファイルの所有者から承認される必要があります)。これを行うのが、あなたのスタッフへの報酬として適切かどうかは、まずあなたの会社の方針を確認して下さい。

スタッフへの報酬や、彼らの貢献への認識を与える時は、誠実になって、気持ちを込めて行って下さい。管理職として、あなたがスタッフに褒美を与えようとする個人的な努力は、その行為以上に感謝されるでしょう。

転職活動中の方は、こちらから

お問い合わせ

採用ご担当者様は、以下をご記入ください。