雇用初期に、新規従業員は自分の役割、同僚、企業について重要な第一印象を形成します。効果的な従業員導入プログラムは、好感を持つ助けとなり、新しい役割に落ち着き、チームに溶け込み、事業の生産的な一員となるのにかかる時間を短縮します。

新規従業員が歓迎され、情報を与えられていると感じ、貴社に就職するという決断が正しかったと思えるようにするためのコツを以下にまとめます。

計画する

きちんとした計画を持ち、就業後最初の数週間についての書類を用意することで、新入社員がストレスを受けやすい時期を楽に過ごせるようになるかもしれません。事前に、何をするか、誰と会うかを決め、計画の中に重要なミーティング、トレーニング、導入期間中に果たすべき責務がすべて盛り込まれるようにします。これは、新入社員が自分の役割、会社のどの位置にいるべきなのか、日々の責任が何かを理解するたすけとなります。

基本をカバーする

基本要件に注意を払うことで、初日がスムーズになり、新入社員のために用意されているものを示す助けとなります。作業スペースが用意され、システムへのログインID、メールアドレス、セキュリティーなどが整えられているようにしましょう。建物内を案内し、必要な書類があれば記入させ、企業文化や就業時間、服装規定、給与などの事項を伝えましょう。

話しかけやすく

新入社員は、どうすれば自分の役割をうまくこなせ、チームの文化に溶け込めるのか、たくさんの疑問を持って入社してきます。質問を促し、定期的な近況報告の機会を計画して、彼らの成長ぶりに興味があることを示し、不明な事項を明確にする機会を与えましょう。最初のスタッフ導入期間が過ぎたら、質問の内容は変化し、成長するでしょう。ですから、役割の中で成長できるように助けるためミーティングを設定し、引き続き話しかけやすくするようにしましょう。

人間関係に焦点を合わせる

新入社員の成功にとって大事なのは、いかにチームになじみ、組織の文化を理解するかという点でしょう。文化を特徴づける姿勢や価値などを含む、会社の動きの概要を提示しましょう。主要な人々との関係を理解できるように、ローカル・グローバル双方の上下関係を概説しましょう。新入社員が社内で人間関係や交流を発達させるのを積極的に支援し、企業に受け入れられ、所属しているのだという意識を高めましょう。

役割にコンテクストを与える

新入社員の導入を助けるためには、自分の仕事が全体の中でどのような位置を占めるのかを理解することが重要です。日々のタスクについての情報と彼らの役割が事業全体の目標にどのように寄与するかの説明とのバランスを取りましょう。会社のより大きな構造を説明することで、彼らはその中に占める位置を理解することができます。これはまた、将来のキャリアアップの機会についての見識を得ることにもつながります。