仕事をする能力の高いチームを作るには、有能な個人を集めるだけでは十分ではありません。良いチームを結成するには、目指し甲斐のあるビジョンの下にメンバーが結集し、それを実現する意欲を持たなくてはなりません。また、メンバー全員が明確で、測定可能な目標を共有し、グループ全体として成功するために必要な、自分の役割に専念することも欠かせません。

以下は、強力で、まとまりのある、効率的なチームを作るための重要なステップです:

目的を明確に

チームの目的をはっきりと明確に定めましょう。チーム全体で成し遂げるべき成果も含めてです。自分が作り出したいもの、向上させたいもの、変えたいものは何か?チームのメンバーそれぞれの役割の目的は何か?クリアで目指し甲斐のあるビジョンがチームワーク成功への礎となり、困難な時の道しるべにもなるのです。.

チーム集め

仕事能力の高いチームには、情熱を持ってビジョンを受け入れ、自分の貢献には意味があると信じ、全力で仕事に取り組む人たちが必要です。また、お互いの信頼、尊敬、支え合いも大切です。様々な視点、アイデアを出し合い、お互いの能力を補完し合えるメンバーを選びましょう。メンバー同士の性格のバランスも考えましょう。そうすれば、メンバーたちは仲良く仕事できますし、必要な時には競い合うこともできます。

目標決定

チームを作り、説得力のある目的を共有し合ったら、次のステップは、全体のビジョンを処理しやすい目標とタスクに細分化することです。必要なタスク処理の計画をおおまかに立て、期限、作業過程、責任者は同意に基づいて決めます。そして、メンバーそれぞれが務める役割を決定します。時間、原料、場所、支援、資金等、必要な物全てについて考えることも忘れてはなりません。

予想をする

それぞれのメンバーが、自分自身に期待されていることを理解しているか、確認しましょう。そしてチームとしての行動基準を明確にします。コミュニケーションは頻繁に、オープンに、正直に、透明性を持って行いますか?熱心な仕事ぶりを励まし、評価し、認めますか?メンバー同士の対立は、建設的に解決できますか?チームの決断とフィードバックは尊重されますか?最初にはっきりとした基準を設けることで、メンバーそれぞれの適切な行動と仕事への貢献が確実なものになるのです。

観察と再検討

定期的にグループの仕事ぶりを再検討しましょう。チームミーティング、もしくは一対一の話し合いで、ゴールに向けた取り組みがきちんとなされているかを確認します。このような質問が良いでしょう:現在の仕事ぶりはどうか?これまでに何を達成したか?何を学んできたか?上手く行っていないことは何か?どうすれば改善できるか?進捗状況を観察し再検討することは、今後のチームでの一連の作業を調整し、改善することに役立ちます。

称賛と報労

チーム、そして個人としての働きぶりを認め、称賛する時間を定期的に設けましょう。グループの士気や意欲を高め、厳しい仕事を続ける力になります。チームが作業中に達成したことを称賛するのに最も適した方法を見つけましょう。チームミーティングやシニアマネージャーへのメール、チームの昼食会などで個人的にお礼を言うと良いかもしれません。いつも一貫性のある評価をしましょう。あなたが選んだ方法が、メンバーたちを鼓舞し、チームの発展のための熱心な仕事ぶりを支える力になるのです。